鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

薄曇り強風の中で、漢のフライトを見た!

昨日の三郎ヶ岳は、お昼前から南系の強風ベースでした。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


昼過ぎからは更に強風になるという予報もあったがゆえに、タンデムなどはランディングの安全を優先して、ファミリーマート横にある麦畑までロングクルージングで降りたりしていたのですが、そんな中、バーズ 「特攻野郎70’s」 のお一人、Tさんのフライトは違いました。

強風が少し穏やかになった際に、「欲張ってとりあえずファーストパイロン取りました。」との無線・・・。「この風の中で、タスク回るのか!!!」(バーズでは期間を決めて、メンバーでフリーにタスクを回って競うコンペが行われています。)「今日のこの風と薄曇りでは難しいやろ!」と、個人的には結構な衝撃を受けたのですが、Tさんは、そんなおっさんの読みを綺麗に覆す素晴らしいフライトをされました。

幸いにも、強風はその後強くなりすぎることはなく、また条件は、薄曇りながら、上空が涼しめ、そして下層に湿った暖かい空気が流れ込んできたためなのか、広い範囲でコンバージェンスが発生するような状況となり、前記の通りタンデムが真っ直ぐフライトしながら遠くまで飛んでいっても、そのコースによってはさして下がらないような状況にもなっていました。

Tさんは、そのコンバージェンス系ラインを見事に読まれ、常に1000m以上の高度を保ちながら、あまり回すこともなくグイグイラインに乗り、更にはアクセルもガスガス踏んでグライド。そこそこ強い風であったにも関わらず、コンバージェンスライン特有の事象と思われる、「ラインの中ではそんなに強風でもない。」というのも上手に使われたのでしょう。

「この風で牛松を取れるのか?」と思いながら見ていたところ、綺麗にラインに乗って下がらずに牛松を取ったと思ったら、あっという間にフォローの風に乗って戻ってきて、その後も下げることなく見事にゴール。いやあ、脱帽しました。

薄曇り強風の中で、正に漢のフライトを見せつけられました。

なお、これは偶然やラッキーではなく、Tさんがちゃんとそのあたりの風のことやコンバージェンスのことを考え、またタイミングや条件をシビアに判断されて行われたということは、同じ時間にフライトしていたコンペティターの方が、今回は残念ながらことごとくタイミングに弾かれ、また、読みっぱぐれてサブマリン状態になってしまいさっぱりだったことや、フライト後に色々とTさんやコンペティターの方から話しを聞かせてもらって思ったことでした。

そして、3人で色々と話しをして、「こういう気持ち良く上手くいったり、いかなかったりするのが、ほんまパラグライダーの面白いところですなあ・・・。」ということになりました。

Tさん、それにしてもお見事なフライトでした。あの諦めない気持ちとチャレンジ精神、そしてしぶといフライト、大変勉強になりました。
ありがとうございました。


「70’sでそのフライトは凄い!」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


国内旅行 アウトドアグッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2017/06/21(水) 17:58:58|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2307-9cdf2e19