鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都北山登山 「飯森山・天童山・パラグライダー基地(笑)」

20170402_134331.jpg 昨年の秋、桟敷ヶ岳という山に登りに行ったことがあったのですが・・・。














ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


その時の記事はこちら↓
京都北山登山 岩屋山-岩茸山-桟敷ヶ岳

この時、実は桟敷ヶ岳から飯森山・天童山方面まで足を伸ばそうと思っていたものの、上記記事にも書きましたように、途中で道をロストして断念・・・。

という事で、昨日の日曜、北風爆風で仕事がなくなり、週末土日全滅で、「キビシーっ!!」と家の片隅でしょぼくれているだけだと、どんどん凹んでいって落ち込むだけだなと思い、久々に山に行こうと、昨秋断念した飯盛山・天童山から京北エリアのテイクオフまで足を伸ばすべく、久々にバイクを引っ張り出して出発・・・。

と、思ったら、おなじみのバイクのバッテリー上がり。押しがけすることにしましたが、軽く山に登るくらい、近所を走り回る羽目になりました・・・。

で、気を取り直して出発。久々のバイク、やはり気持ちいいです。が、今度はガス欠の予感。あのバイク、タンクが小さいんやなあ・・・。ってことで、帰りにガス欠で途方に暮れるのも嫌だったので、目的地より先の京北町街まで降りて、そこのちょっとお高いガソリンを入れて、再度目的地の大森キャンプ場近くへ。

林道に入ってバイクが置けそうなスペースに駐車させてもらい、そこからまずは飯森山を目指しましたが、前回の二万五千分の一地図では登山道と書いてありながら、その実全く登山道としては崩壊していた、「行ってはいけない道」に、「まだ下草も生えてへんから、前回ほどは歩きづらくないんちゃうか。」ということで、再チャレンジ。前回と違って携帯を変えてGPSの受けがかなり良くなったが故に、前回間違っていたルートを再確認したかったというのもあった訳ですが、基本、判断的にはアホです・・・。

で、確かに前の時よりは、少しマシに歩けましたが、やはり登山道としては全く機能しておらず・・・。


20170402_125836.jpg
どこが登山道やねん!
と叫びたくなるほどの荒れっぷり・・・




更に、そこをなんとか抜けると、今度はイバラ地獄・・・。この間買ったパタゴニアのフリースがあぁぁぁぁぁっ!!イバラの棘になんべんも引っ張られとるやんけーっ!!!



20170402_131118.jpg
でも、そんな悪戦苦闘の最中に見つけた、キジと思われる鳥の羽根




で、このイバラ地獄を指から流血したりしつつなんとかくぐり抜け、やっと比較的こましに歩ける沢筋に。ここからスピードアップします。

が、どんどん上がっていくと今度は・・・、



20170402_133738.jpg
ゆ、雪ですやん!










20170402_133840.jpg
結構残ってますやん!










20170402_134153.jpg
ちょっとした残雪原ですやん!!










20170402_134331.jpg
もう写真撮るしかおまへんやん!









20170402_134734.jpg
更に上行ったら時にミドルカットの靴の中にまで入ってくるレベルの残雪で
何回か靴脱いで雪排除の儀式しましたやん!

あー、やっぱスパッツいるわあ・・・。



で、そんなこんなで尾根上に出ました。で、しばらく歩いて、ナベクロ峠に到着。前回、ここに来たかったんやけどなあ・・・。



20170402_135903.jpg










20170402_135925.jpg
ナベクロ峠からは、まだしっかり雪の残る比良山系方面が見えました




で、ここからは縦走的な感じで、尾根を歩いてどんどんと西方面へと移動していきます。しかし、この尾根が中々の曲者。尾根が結構広くて「馬の背」状態になっている上、所々でなだらかに本来のルートではない尾根にも繋がっているため、オッサン得意の「適当歩き。」で歩いていると、時にルートを外れてしまうのです。

更にこの辺りは、案内標識的なものなどもほとんどなく、馬の背ゆえに尾根の繋がりがその後どうなっているかも分かりにくく、オッサンにとっては非常にトリッキーな状態となっておりました。それ故、前回もルートを見失ったと思われます。

しかし今回は、文明の利器、「山歩き用アプリ」がちゃんと機能しておりましたので、「ん!?」と少しでも思ったらそれを見てルート上にいるか確認。何度もそれによって救われました。
※スマホ地図だけに頼ると、電池切れやトラブルの際になんともしようがなくなります。山用の紙の地図も万が一のために携帯しましょう。

ちなみに、自分が使っているのは「ジオグラフィカ」 オフライン環境でも使えるので便利です。

という事で、オッサンにとっては迷いやすい馬の背尾根を時に迷走しつつも、アップダウンを繰り返し、なんだかんだで飯森山に到着しました。



20170402_140201.jpg
見晴らしいいとこに出たなあと思ったら
おなじみの高圧線鉄塔










20170402_140154.jpg
うーん、京北辺り、山深い・・・










20170402_140214.jpg
山にある高圧線鉄塔おなじみ!?の
「真下からのショット」









20170402_142514.jpg
更に進むと、飯森山と反射板が見えてきました










20170402_142524.jpg
この写真では非常にわかりづらいですが
画面中央の黒い点みたいなやつ
「爆風でホバリングするトンビ」だったりします










20170402_144737.jpg
飯盛山到着




すでに夕方近くなってきていましたが、天童山から京北パラグライダスクールさんのテイクオフまで目指してガンガン進んでいきます。



20170402_145852.jpg
京北からパラグライダーで飛んで上がった時、よく見える、ごっつい反射板










20170402_150147.jpg
この写真では分かりませんが、京都市街がよく見えました
右大文字山方向










20170402_151009.jpg
で、天童山に到着




この天童山から西側は、京都一周トレイル京北のルートになっており、上記写真のように、京都一周トレイル案内標識が出現します。ここから、整備されてる感というか、迷わせない工夫と言うか、分かりやすい登山道にグッとなったような気がしました。やっぱり案内標識&時にルートガイドの目印の安心感、半端ないです。

で、ここからの一周トレイル案内標識に「パラグライダー基地」と何度か書かれることになるのですが、どうもこれ見るといつも笑ってまうんですよね。「パラグライダー「基地」ってなんやねん、「基地」って・・・・。」ってツッコんでしまうんです。

そしてオッサン、パラグライダー基地というのを見ると、この曲を思い出してしまうのです。







と、まあ脱線はここまでにして、天童山からその「パラグライダー基地」へと向かいます。「夕方なんでもしかしたら風がおちて来るということで、誰か上がってきたりしているかも・・・。」などとも思いましたが、途中で吹きすさぶ風を体感すると「だめだこりゃ!」な感じ。

で、天童山からそこそこ歩いて、パラグライダースクール京北さんのテイクオフに到着しました。

爆風・・・。そしてやはり、だーれもいらっしゃいませんでした・・・。

しかし、久しぶりにここのテイクオフに立ったなあ・・・。



20170402_152646.jpg
テイクオフ
いつ来ても綺麗なテイクオフやなあと思う次第です










20170402_152655.jpg
超爆風です










20170402_152744.jpg
景色も素晴らしいんですよねえ、こちらのエリア
久々におじゃまいたしました、ありがとうございました。



で、ここまで来て4時位。ガツンと戻らなければ暗くなってくるということで、戻り始めます。

結構疲れてきて、ここからの戻りがまたそこそこきつい・・・。しかし、ここはまだ尾根筋、ラストには延々と下りの道が残っています。

天童山を過ぎ、峠的なところに降りた場所から、大森林道へと下る道があるので、そちらを下っていきます。



20170402_162406.jpg
小さい案内板がありました










20170402_162458.jpg
写真では明るく補正されていますが、
鬱蒼と茂った杉林で、この時間はもうかなり暗くなっていました




で、ここからしばらく急峻な下りが続いたのですが、ここでオッサンのガラスの膝、久々の長時間、長距離、ハードコースに悲鳴を上げ、「崩壊」。膝横にかなりの痛みを感じつつ、だましだましで下っていくことに。

しかし、程なく林道に出て、斜度も緩やかになってホット一息・・・。事前の急坂がずーっと続いてたらやばかったです。

あとは、林道をガスガス下って、バイクを停めた場所に到着。まだまだ暗くなるには時間の余裕もありましたが、しかし、もうちょっと早く出発するべきでした。

なんせこの後、家に帰るまでのバイクでの走りがサブイサブイ・・・。厚手のグローブはしていたのですが、手がかじかみまくってえらいことになりました・・・。

という事で、約4時間ほどの久々のしっかり目の山歩き、堪能しました。
しかしやっぱ、たまに歩いとかんと、ガラスの膝になってしまうなあ・・・。



「その顔でガラスの膝って・・・。(苦笑)」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


登山用品 ハイキンググッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2017/04/03(月) 22:27:04|
  2. 登山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2287-81bbfcba