鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

「牛松山」に久々に登る

20170319_142915.jpg 日曜の三郎ヶ岳は、昼頃に予報通り北北西爆風が入りました。







ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


それまではタンデムも問題なくフライトできていたのですが、強いブローが入ってからのフライトは、特にランディングが非常にややこしく、ブロー混じりもありの、風の強弱がありすぎの、揺れまくりでしたので、安全を期して、大かぶりの可能性があるメインランに降ろすのはやめにして、風がきれいに抜けている田んぼにアウトするレベルでした・・・。

という事で、二人組だったのにもかかわらず、お一人の方には、フライトが厳しいという状況や、その後かなり待って頂いてもフライトは難しいと思われるという予測をお伝えした上で、残念無念のキャンセルということになりフライトして頂けず、痛恨の極みという形となってしまいました。

よって、昼過ぎに仕事終了となってしまったオッサン・・・。

久々に日吉のプール&温泉に行こうかと思って車で走り出したのですが、ハッと、「今日、3連休の中日やんけ!」と気づき、「プールはわからんとしても、温泉は多分芋洗い状態やろう・・・。」と考えてやめることにし、Uターンして久々に、連休の賑わいなどほとんど感じられないであろう、「牛松山」に登ってみることにしました。

もう3年ほど前になりますが、一度牛松山に登ってみたことがあります。

その時の記事はこちら↓
京都西山登山 「牛松山」

その時は、北側(裏側!?)にある登山道からのアプローチだったのですが、本来の参道である南側(表側!?)からは登ったことがなかったので、今回はそちらにチャレンジすることにしました。

始め、どこからが登り口なのか若干迷ったのですが、スマホにインストールしていた山用アプリ
ジオグラフィカ が威力を発揮。保津町 福性寺近辺から登山道が伸びていることを確認し、そちらに向かいました。



20170319_151916.jpg
鹿よけゲートを開けて、ここから登山道に入ります









20170319_151848.jpg




そこそこ急な上りをガスガス登っていくと・・・、



20170319_151704.jpg
このような石標が・・・

こんなもんをみてしまうとつい
「いっちょめ、いっちょめ~、ワオ!」と心で叫んでしまう
ドリフ世代のオッサン・・・(苦笑)

なお、一丁(長さの単位=町≒109.09m)を一合目と勘違いしたオッサン、
この後2丁までがすぐだったため、
「10丁しかないなら楽勝。」と思ったのですが、
実際は金毘羅神社まで20丁(2.1km)ほどありました










20170319_135043.jpg
5丁目
ここの登山道、参道も兼ねているだけあって
キレイに整備されており、歩きやすいです










20170319_135307.jpg
更に登ったところで亀岡市外を眺望できる場所に出ました










pano.jpg
14丁目では、亀岡盆地を一望できる眺望に

なお、写真は
autostitch
というパノラマ合成ソフトを使って作成しましたので
境目がおかしくなったり色目が違ったりしております










20170319_142915.jpg
更に登っていって神社入口に到着です









20170319_143157.jpg
金比羅神社









20170319_143111.jpg
以前あった奉納ミニチュア和船も健在でした










20170319_143128.jpg










20170319_143049.jpg



ここまで一時間ほど・・・。冬場運動をサボっていただけあって、明らかに登るスピードが落ちていると思われます。更に、登りでもう足が・・・。やっぱ適度な運動、肉体労働者でもありますし、体力維持のためにも必要ですな・・・。



20170319_143528.jpg
更に上がって山頂、636mにあるアンテナ基地へ

この途中、鹿に会いました
ただこの辺り、あまりにも鹿がいるので
会ってもオッサンも、そして鹿もあまり驚きません・・・










20170319_143804.jpg
山頂から数分歩いた三角点










20170319_143752.jpg
629.2m










20170319_143837.jpg
なぜか温度計がかかっていました・・・

12度

この日の日中は北ベースながら日差しが強かったので暖かかったです



という事で、ここからもと来た道を戻って下ることに。帰りは下りということもあって50分ほど。やはりスピードは落ちていました・・・。

登りで老婦人お一人、下りでご家族連れ三人さんにお会いしただけという、静かで一人であることや自然を満喫できる山歩きになりました。

なお、パラグライダーネタとして、牛松山からランディングまで約4.2km、牛松山山頂にほぼカツカツで来たとしても、帰りがフォロー系で滑空比が8出たとしたら、600m×8=4.8kmで、ぴったり帰れるなあ・・・。と、そんな風に思った次第です。(ちなみに、この事を数値だけ信じ込んでしまい、己の目測で精確なグライドパスや、アウトアンドリターンのための気象・条件予測ができない方においては、カツカツでの牛松アウトアンドリターンなどは、全くお勧めいたしません。)



20170319_152014.jpg
福性寺近くにあった竹林










20170319_152105.jpg










20170319_152038.jpg










20170319_152033.jpg




「久々に山に行ったな・・・。」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


山歩き 登山 登山グッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2017/03/20(月) 23:54:02|
  2. 登山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2282-329ebba2