鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

冬眠後は、講習バーンへ!

京都近辺は、エリアもフライトコンディションもすっかり春の趣です。他の地域でも、極寒でフライトを断念していた方や、積雪でフライトできなかった方々などが、冬眠からそろそろ目覚められることかと思います。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


そんな久々のフライトになる冬眠後、久々なのにいきなり山からフライトされている方、いらっしゃいますか?

ノンノンノン!それはいけません。久々のフライトの前には、講習バーンで、己のグライダーと久々に対話をしないといけません。

そうです、このブログで「くちズッパ」で書いております、「千本立ち上げ」(グランドハンドリング)をすることで、パラグライダーを操作する感覚や、テイクオフ、ランディングのイメージを、しっかり講習バーンで練習することで、再び己の体に思い起こさせる必要があると強く思うからです。

「うちのエリアには講習バーンなどない。」というちょっと悲しい環境の場合は、ランディングなどでの千本立ち上げなど、どこかしらで地上練習ができる場所があるかと思います。そこでみっちり汗を流し、久々であるがゆえに必ずあると思われる、己の「鈍り」を払拭した上で、不安なく冬眠後の初フライトを行われることをお勧めします。

なお、久々故に、昼まで地上練習をして、その後ギンギンのコンディションで久々のフライトというのもおすすめできません。冬眠後の久々のフライトは、朝一や夕方、もしくは昼間であってもドン曇りでサーマルなどこれっぽっちもないといったような、穏やかな条件でのフライトを強くお勧めする次第です。

できることなら、まずはみっちり1日地上練習をして、次回朝一でフライトをするとか、昼過ぎまでみっちり練習した後、ゆっくりと遅めのランチを楽しんで体力を回復した後、夕方前の落ち着いてきたコンディションの中でフライトするなど、「ええ感じの」バランスを撮られた上でフライトされるのがよろしいかと思います。

最近、あるエリアのフライヤーの方とお話しさせて頂いた際に、「冬眠後のみならず、常日頃から地上練習をする習慣がないフライヤーの方々がうちのエリアには結構沢山いる。」という驚愕の事実を聞いて、改めて、「そういう状態では己のフライトの安全性を確保することは全く出来ませんよ。」と激しく思った故に、またもこういう形で、「千本立ち上げ(地上練習)」が如何にパラグライダーにおいて大切であるかを書かせて頂きました。

いつもここで書いているように、「地上でパラを制することが出来ないのに、空中で制することなど到底出来ません。」是非、ご自身の安全のために、今一度基礎練習や地上練習の大切さを、春のややこしいコンディションに対応するためにも、再認識して頂ければと思う次第です。

高齢だからしんどいので練習とかできないとか、ベテランだから練習など必要ないとか、むしろ全く逆だと最近強く思う、初老で体力がなくなり、判断力も低下してきたと明らかに自覚している虚弱フライヤーが、お送りしました。


「スポーツなんやから、日頃の練習大切!」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


スポーツ器具 フィットネス

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2017/03/10(金) 18:34:13|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2278-7c9a3d6d