鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

そろそろ春のフライト対策が必要ですね

三郎ヶ岳では先週くらいから、徐々に春らしいフライト条件を感じるようになってきました。そろそろ春のフライト対策が必要な時期ですね。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


初中級者の方にとっては、時としてその対策というのは「飛ばない。」という選択になるかと思いますし、上級者の方においても、「飛ばない。」という選択は、安全なフライトという点で、時に大変重要で大正解なチョイスになるかと思います。怖い時に飛ばない、怖そうなときや、条件の判断が自分ではよく分からないといったような時、飛ばないというのはある意味最強の安全なフライト対策であると個人的には強くそう思います。

長年やってきて思うのは、やはり日本の春というのは中々にハードで、そして条件が急変するがゆえに読みづらいということです。よって、「春に無理したらろくなことがない・・・。」という事を、経験上の格言的なものとして強く思うのです。という事で、この後梅雨入りする6月くらいまでは、気象条件に十分に気をつけた上で、いつも以上に慎重にフライトをするべき季節になるといえるかと思います。

ほんと怪我とか事故とか起こしてしまうと、パラグライダー、途端に地獄のスポーツになってしまいますから・・・。

特に、冬場は冬眠系だというフライヤーの方は、講習バーンでの千本立ち上げ修行など、パラ感覚をしっかり取り戻した上での、正確で余裕あるコントロール下でのフライトを強くお勧めする次第です。

という事で、人にばっか言っていて、自分も今年はすっかり冬眠系だったですので、無理する事なく的確に判断して淡々と、今春も安全にフライトしていきたいと思う次第です。まあ自分の場合、お客さんが前に乗られていることですから、正に「安全第一」こそ、至上命題ですし。

という事で、今年も変わらず春のフライトについて警鐘を鳴らさせて頂きました。皆様が安全にフライトされますように。

ただ、あまりに慎重すぎても、今度は「技術力向上」という点において、問題となろうこともあるかと思います。「穏やかなコンディションで、ただただ気持ち良く飛びたい。」というファンフライヤーの方でなく、コンペティターとしての修行が必要な方や、クロカンパイロットの方々であれば、春の爆発シーズンに、己の技術力を持ってして臆することなく果敢にアグレッシブにギンギンにフライトするというのも、また非常に大切な修行であるとも思います。

しかし、その練習を春のコンディションで安全にこなしていくには、日頃からのたゆまぬ地上練習や、フライト修行があってこそかと思います。また、ハードな春ゆえに、乗られているグライダーによっては、十分なマヌーバー体験なども必要かと思います。

そのあたりも十分にご自身でケアされた上で、春のアグレッシブフライトにも是非挑戦して頂きたいと思う次第です。

なお参考までに、今まで書いてきた春のフライトにおいての注意など、過去記事を下にリンクしておきます。よろしければご覧下さい。

春のフライト

わからんっ!!

やって来ました、春のコンディション

春のフライトはタイミング?


「春のフライト、みんなで気をつけよう!」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


国内旅行 春の味覚 

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2017/02/27(月) 16:11:40|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2275-369c6acd