鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

続 「芸風」

先日記事にしました、「センタリングについてのご質問」に、 saimixさんからコメントを頂きましたので、これ幸いとブログネタにさせて頂き、「続 「芸風」」と題して記事にしてみたいと思います。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


<以下 saimix さんのコメント>

芸風は選択するハーネスにも影響してきそうですね。

技術的な面ではなく考え方(とりくみ方ではない)、に関してはどうでしょうか。
パラグライダーは操作を教えることより、
パラグライダーや自然に対する考え方について教える(考えてもらう)ことのほうが難しいように思います。考えなくても飛べるんですけど、その辺が足りないから、事故が減っていかないのかもな、と思います。

考え方に関しても芸風の違いはあるのでしょうか。

<以上コメント終わり>

Q: 芸風は選択するハーネスにも影響してきそうですね。

A: もちろん大きく影響すると思います。しかし、ファンフライトにおいて、自分の芸風!?がどのようなものであるかを意識していらっしゃる方がどれほどいらっしゃるかというと疑問もあるかと・・・。

なお、最新のハーネスは、昔のものに比べると、同じタイプのハーネスであれば、(スクール用・初中級用・コンペ用・座板のあるなしなど)操作特性の幅やハーネスの個性が、それほど違わなくなってきたようにも思います。

ただ、最新ハーネスは扱いやすくなってきたとはいえ、個人的に未だ少なくない方々が、基本的なハーネスセッティングの方法や、何をどうすれば、どのようにハーネスの操作特性などが変わるかといった、根本的なことをご存じないような気もします。

この辺りは販売メーカーさんや、僕のようにインストラクターという肩書を持ったものなどが、しっかりとハーネスについて顧客に情報発信し、理解してもらえていないことが大きな理由だと思います。

Q: 技術的な面ではなく考え方(とりくみ方ではない)、に関してはどうでしょうか。
パラグライダーは操作を教えることより、
パラグライダーや自然に対する考え方について教える(考えてもらう)ことのほうが難しいように思います。考えなくても飛べるんですけど、その辺が足りないから、事故が減っていかないのかもな、と思います。

考え方に関しても芸風の違いはあるのでしょうか。


A: 考え方については、パラグライダー(スポーツ)に対してだけのものとはならない気もしますので、もはやその方の「生き様」の問題と言っても良いかと思います。

なんぼ知識的なものを講習し、色々なことを指導したとしても、中々考え方というものは変わらなかったりするように思いますので、そのあたりが、飛ぶ飛ばないの判断や、フライトのやり方など「飛びの芸風」と言う形で現れるように思います。

安全を確保し、慎重さを期すという点では、己の普段の生き様を十分に自分で理解した上で、「趣味というパラグライダーにおいて、日頃の生き様とリスク軽減のバランスをいかに上手に取るか?」という問題でもあるかと思います。そして、インストラクターサイドも、その方の生き様がリスキーよりであった場合は、パラグライダーにおいてはそうならないようにディスカッションしていくという面があるかと思います。

リスク管理が上手な人は、生き様のアグレッシブさをそのままリスクスポーツに投影しない場合もあります。また、リスキーな状態を克服するために、のめり込んでの修行という形で、リスクを回避するという方もまたいらっしゃるかと思います。

ただ、自身で考えることなく、漫然となんとなく飛んでいるというような方は、正直スカイスポーツのようなリスクスポーツには向いていないと個人的に強く思います。

ちなみに、事故については、気象条件の読みなどで起因するものに関しては、経験値や技術向上を計ることで相当数減らせると思います。が、いわゆる「うっかり八兵衛的事故。」については、残念ながら決してなくならないかと思います。出来る限り注意喚起や他者とのダブルチェックなどを実施することで、それらうっかり事故を未然に防ぐ事もできるとは思いますが、それでも人間ですからやってしまうことがあるからです。

この事は、「事故がなくならない理由」を書かれた芳賀 繁氏も、JPA総会においての講演会でおっしゃっていました。

なお、大変個人的な主観ですが、うっかり八兵衛系事故及び、やたらと怪我をしてしまうという人というのは、知識とか技術とか判断とかそういうのではなく、「資質」もしくは「生き様」=芸風のせいが大きいような気もします。「自分も常に事故を起こす可能性がある。」というような、想定や慎重な考え方、良い意味での恐怖心を常に持っていない方に多いような気がします。

パラグライダーはちょっとビビりくらいの方が、明らかにリスク少なく楽しくフライトできると僕自身は思っています。

という事で、考え方にはもちろん芸風の違いが大きくあるでしょう。(というか考え方もまた芸風!?だと僕は考えています。)

長々書きすぎて、自分でもちゃんとした回答になっていないなと思いましたが、書き直す能力もないので、このまま記事にしておくことにします。すんません。少しだけでも参考になれば幸いです。


「うっかり八兵衛って・・・。もう若いやつ分からんがな。(苦笑)」
と思われましたら、クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


お笑い お笑いDVD

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2016/10/09(日) 22:52:53|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2223-3e3f3615