鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

コアでの旋回は、徐々に食い込ませていくより、緩めていく方が楽

久々に、パラグライダーネタを書こうかと思います。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


まずは、昨日感心した、スカイテック フライング アカデミー 宮田氏の言葉から。

「ブレークコードは、それを使って曲がるものだと思うより、バンク角をコントロールするものだと思ったほうが良い。」

大変わかりやすい、良い説明だと思います。

引いたり戻したりで曲がる曲がらないを決めるものだと思うより、引いたり戻したりでバンク角をコントロールするものだと思った方が、特にソアリングで360度旋回をしている場合には、とてもしっくり来ると自分も思います。

「小さく曲がるためにブレークを引く。」「急に曲がるためにブレークを引く。」のではなく、と言っても結果的には同じようなことになる訳ですが、「よりバンク角を足していくためにブレークを引く」「強いサーマルで弾かれそうになり、バンク角がフラットになりそうになるのを防ぐためにブレークを引く」。といった形に考え方を変えてみると、常にブレークを引かなければいけない訳ではないことや、時として、ガツンとブレークを引き、効き始めたら適切なところまですぐに戻す、といったような使い方をする必要があることを理解しやすいかと思います。

そこで、昨日の好条件の中、結構ガツンと来る良いサーマルで回していたパイロットも視程に見えてきた若者に、「もう少しバンクつけて回ったほうが良い。」となんだかんだ無線を入れていた時に、ちょっと思ったことを書いておきたいと思います。

それは、「コアでの旋回は、徐々に食い込ませていくより、緩めていく方が楽。」という事です。

強いサーマルでは特にそうですが、初動でまったりと(=バンクがあまりかからないフラットな旋回)回し始めると、サーマルコアで外側に大きく弾かれたり、つけていたバンクがフラットからむしろ反対側まで持って行かれてローリング気味になりグラグラしたりします。

しかし、だからといってコアにも入っていないのに、最初からガツンと回していくと、しょぼくれた上昇の中で無駄にバンクがかかってしまい、スパイラル系の旋回に陥ったり、バンクがかかったところでコアの強いサーマルに突き上げられてバランスが崩れ、ウェイトシフトを持って行かれて翼が潰れたり、どえらいピッチングが起きたりということにもなりかねません。

そこでまずは、「コアであろうと思われるところを探る。」という作業が必要になります。

この作業、ごくごくフラットに旋回しながら行うという手もあります。が、個人的にはコアの方向にグライダーを向けながら、直線的にフライトしつつ探る、というのをおすすめしたいと思います。

例えば、直線飛行している時にサーマルに当たったなら、どちらの翼がより上がったか、つまり、どっちにバンクがかかったかを判断した上で、右側の翼がより上がったなら右方向に少しグライダーを向け、次にガツンと来た上昇でそこをコアと判断するという感じです。

ここで右側の翼が上がったからということで、よく左旋回を始める方がいらっしゃいます。左旋回しやすいバンクがかかるので、それを利用してしまうからではないかと思いますが、それだと強いと思われる方向に旋回しておらず、シンク側に回ってしまうのでよろしくありません。

ここはより強いと思われる、右方向に行く必要があるかと・・・。それも、旋回ではなく、更に探っていく感じでフラット(=直線飛行的)にです。

で、次にガツンと来たそこをコアと考えます。ここから、グライダーがフラットになり、(クライムしている時に大きく引いても曲がりませんし、場合によってはその後危険な状態になります。)更にコアに食い込む方向に旋回できるようになってから、適切な体重移動とブレークの引きで、ある程度しっかりと少し小さめに回ってみることをおすすめします。何故なら、ここでフラットに回ってしまうと、旋回が大きくなりすぎてコアを外してグラグラしたり、フォロー側に流されすぎてコアがどこだったか分からなくなるからです。

「そんなこと言うても、最初からしっかり回していくとか、難しいで。」と思われる方もいらっしゃるかと思います。しかし、個人的な経験上、ある程度ちゃんとしたコアにいるのであれば、今まで色々と書いてきた理由により、「フラットに回しながら徐々に旋回をコアに食い込ませていくより、最初からしっかり回り始めて、それが過度なようであれば、コアの大きさに合わせて、徐々にバンクを緩めていく。」方が、明らかに楽です。また、何より効率がいいです。

あと、上昇率が強いところでは、自分が思っているほどバンクがついていないことも多いです。

「かなり引いてて、体重もガッツリ入っているし、見た目凄く傾いてるし。」と思ったら、ただ単に、体重を入れようとして自分の頭だけが無駄に旋回方向に傾いてただけ、みたいなこともありますし、はっと気づくと、旋回方向のブレークも引いてるけどビビって反対側のブレークも結構引いてた、といったようなことがあるかと思います。

強く吹き上がっているがゆえに「曲がりにくい」状態ですから、ある程度しっかりと体重を入れ、ブレークを引かないとバンクはついていきませんし、だからといって体重を入れたまま、ブレークを引いたままだと、どんどんバンクがかかっていくということになることもあるので、ここで、ブレーク操作などで「バンクをコントロールする。」」事が必要になってくるのです。

という事で、このサーマル内での旋回についてだけは、穏やかな空域でなんぼ練習しても、それはブレーク操作という点では役に立ちますが、実践的にサーマル内でバンクコントロールが出来ることには、残念ながら直接は貢献しません。

よって、基本的なコントロールをしっかりと習得した上で、サーマルにおいてしっかりバンクをかけて回る練習をしないと、いつまでたっても、効率の良い、そして揺れない、コアを食った昇竜拳センタリングは出来ないのです。

このブログの過去記事でも書いていますが、上手な人はだから、低い位置の渋いサーマルではむしろそこそこバンクをかけて回ってコアを外さないようにし、そして、高い位置に行くと上昇率が大きくなるので、バンクを緩めていくのです。

「うわ、俺、低い位置ではまったり回って、高くなったらグルングルン回ってる・・・。」と思った方。安全なフライトという意味ではある意味正解ですが、効率の良いソアリングという点でいうと、逆でなければいけないのです。

という事で、これらの技術を獲得するためには、やはり修行。修行ですなあ・・・。そして、分からない時は、理屈で理解。今回の記事も分からないこと、間違っていることなどがあったりしたら、またお気軽にご質問、ご指摘ください。

ああけど、こんな偉そうなこと書いて、自分、最近ホンマに全然修行してないなあ・・・。


「自分にも厳しくせいよ!(苦笑)」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


秋の味覚 クラフトビール

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2016/09/12(月) 19:35:46|
  2. パラグライダー講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2209-c18da1d0