鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

オッサン、エキスポシティーに行く

DSC_0804.jpg 昨日の日曜、台風のせいで仕事にあぶれたオッサンは、妻と一緒に妻の実家に居ました。













ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


姪っ子甥っ子家族が妻の実家に遊びに来ていて、彼らに会いに土曜から滞在していた訳ですが、奴らは土曜にテンション上がりすぎて夜メッチャ早く寝たため、朝起きるのが早い早い・・・。

オッサン、6時頃から起き(起こされ)、早速彼らとひと遊び&朝食を取り、そのあと7時半から、ジュウオウジャー、そして仮面ライダーゴーストを食い入る様に見る姪っ子たちの横で、「こんな朝早いのに、もう疲れてきた・・・。」と思っていたのでした。

しかし、それで日曜のイベントが終わるはずもなく、全員でエキスポシティーにあるニフレルに行くことになりました。
(ニフレル情報を事前に知りたくない方は、此処から先は読んではいけません。かなり詳しく書いていきます。)

ニフレルは、大阪にある世界最大級の水族館「海遊館」がプロデュースした、水族館。ただ、水族館と言っていながら、魚などの水生生物だけではなく、他の動物もいるというちょっと変わり種の水族館です。

まあ、入るまではそんなことは全く知らないオッサン。朝から大量にニフレルに押し寄せる人波に既にクラクラ状態。そして、中に入ってからも人の多さにクラクラ状態・・・。

大体が、田舎でさして人も居ない自然いっぱいの環境で仕事をしているオッサン。人混みが嫌いがゆえに田舎仕事を愛している訳で、人混みが好きな訳はなく・・・。更に、人の休みの日が仕事ゆえ、こんな大量に人が押し寄せる施設に土日に行くこともない訳です。

「魚を見に来たのか、人を見に来たのか分からん!!」と思ったオッサンでしたが、元来水族館好きということもあって、すぐにお子様よろしく目線を下げて水槽をガン見し、魚をじっくり眺めることに集中するのでした。



DSC_0804.jpg
「ニモー!」「ニモー!」

ちなみに、このニモーという叫び、
オッサンオバハンばかりがお子様に向かって
かましていました・・・










DSC_0805.jpg
仮面ライダーアマゾンみたいな
ややこしい模様をした魚




そして、魚ゾーンはキレイなやつから、タコとかカレイとかカブトガニなどへと変わり、ここで一緒に来ていた一番小さなお子様のスイッチがもはや切れそうになり、じーじから鑑賞をまくようにとの司令が・・・。

しかし、オッサン若干抵抗します。すべてを見、体験しようと奔走し、指一本と書いてあったのに見過ごし、ガッツリ手のひらをつけてドクターフィッシュにガブガブされご満悦のところを、素晴らしいタイミングでおねーさんに、「指一本のみでお願いします。」とアナウンスされ、そっと手を上げるものの心でガッツポーズなど行い、次の若干暗い系の展示では、ダイオウグソクムシやオウムガイに釘付けになりそうになりつつも、ほぼすべての展示物を、手をつないでいた甥っ子を妻に無理やり任せて早足で見学。

そして次のゾーンに行った時、「ホワイトタイガーが・・・。」というアナウンスをオッサンは聞いたのでした。

池のようになった水ゾーンがあり、肉を入れたどでかい容器が吊るされているものの、床部分にも水の中にもホワイトタイガーなどいません・・・。「ホワイトタイガーって、水辺の生き物やったっけ?それとも、ホワイトタイガーっていう名前のどでかい水生生物でもおるんかな?」などと考えていたら、

「お待たせしました~、それではホワイトタイガーの登場です。」というおじさんの声とともに、扉があいたと思ったら、本物の虎であるどでかいホワイトタイガーが猛速でダッシュしてきて、水の上にあった肉入り容器に向かってジャンプして、ドボーンと着水して水ジャバーン!!

丁度そのトラが飛び込んできた延長線上にある仕切りガラスのすぐ前に居た甥っ子、メッチャビビってのけぞってました。まあ、その横に居たオッサンものけぞりましたが・・・。

その後もでっかいトラは、肉入り容器をおもちゃ代わりにドカンドカン。体当たりしたり、上部にあった金網でできた中二階みたいなとこに容器を追ってダッシュしてきて、そこで暴れるトラから生臭い水が落ちてきてオッサン濡れたりと、かなりの迫力でしたが、よう考えると猫じゃらしで遊ぶ猫と基本的には同じ・・・。

「どでかい虎やからごっついことになってるけど、お前やっぱりネコ科やな・・・。」と思ったりしつつ、次のコーナーへ。

なんとそこは、南国の鳥とか、ワオキツネザルとか、ペンギンとか、ペリカンとか、カワウソとか、カピバラなんかが檻に入っていない状態でともすれば触れる状態で(もちろん触ってはいけませんし、極至近までは近づいてもいけません。)展示されている空間に。

鳥は時にぶつかりそうな低空で飛んで来るし、猿は人の間をダッシュするし、ペンギンもメッチャ近いしでなんじゃこりゃな感じ。そして、至近距離過ぎて動物臭も凄い。

けど、オッサンは、



DSC_0809.jpg
大好きなふくろうが
トイレの表示板の上に止まっているのを見て大変にご満悦




という事で、かなり楽しみました。さすがは海遊館プロデュース、なかなか面白い形で色々な生き物を展示しています。

そしてその後は、激混みのレストラン街で昼食をとり、次は下がスケスケという観覧車に。

オッサン、正直こんなもん乗らんでも、自分の周り360度超スケスケで、更には高度数百・千数百mの乗り物に毎日のように乗って更には飛んでるんですけど、基本アホですんでやっぱ記念に乗りますわな。

という事で、姪っ子・甥っ子・そのおかーさん・妻と計5名で乗車。もちろんオッサン最初からスケスケのガラスの上に仁王立ちです。

昔、スケスケのとか怖かったのに、なんかダイジョブなってる~。という事で、椅子に座って立とうとはしないビビる他の方々を見て喜ぶ悪いオッサン。

残念ながら、雲底低しの雨がちだったために視程がよろしくなく、遠くまでスッキリ見ることは出来ませんでしたが、たっかいところからの都会の景色と、スケスケの下の景色を十分堪能しました。



DSC_0820.jpg
これに乗りました
高さ123mは日本一だそうです










DSC_0817.jpg
スケスケを堪能する子供やおっさんたち
水平以上に行き始めた時から他のゴンドラや
鉄骨で真下見えないからあまり怖くなかったような・・・

もちろん、観覧車よりパラグライダーの方が何百倍も爽快で絶景です!<宣伝>



そんな訳で、楽しく観覧車に乗ったあとは、甥っ子念願の、乗り物コーナー。
日曜でお子様が多いということでかなり並んで、豪風で膨らんで中でポヨンポヨンなるやつと、車に乗って水鉄砲打つというやつやって、エキスポシティー体験は終了。

モノレールの一番前に甥っ子姪っ子と乗って、帰ったのでした。

子供もかなり疲れてましたが、子供たちのおとーさんおかーさん、そしてオッサンオバハン、じーじにばーばも疲れました。皆さんお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

あと子供達、今度会った時も、またオッサンと遊んでくれよ!!


「遊んでもらえて良かったな、オッサン。」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


国内旅行

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2016/08/29(月) 23:55:54|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2199-d8d414af