鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

オッサン、セグウェイに乗る

IMG_6883.jpg 先月のある平日、珍しく妻も僕も休みになるという日がありました。








ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


久しぶりなので一緒にどこかに行こうということになり、「行きたいところある?」と聞いた僕に妻が提案してきたのは、「ツリートップアドベンチャー」。おっさん世代に分かりやすく言えば、「アスレチック」みたいなもんです。

「えー!?仕事で山行って、時に木にも登ったりしてんのに、アスレチック~~?」と渋る僕に、妻が言った言葉。その言葉にオッサン、完全に食いついてしまったのでした。

「セグウェイにも乗れるみたいやで・・・。」

そして僕らは翌日、奈良にある「冒険の森 in やまぞえ」という施設におじゃましたのでした。
ホームページはこちら→http://forest-ad.jp/yamazoe/index.html

到着すると、思いっきり表を草刈りするスタッフの方、「うんうん、刈っとかなあかんシーズンですもんなあ。」と思うと共に、「表の草刈りをしているということは、俺らが最初の客やな。」とも思うオッサン。

正解でした。どうやらこの日の最初の客でした。まあ、そんな朝はよから、アスレチックやろうとは思わんもんなあ・・・。

で、おねーさんに受付をしてもらって、「Tree Top Adventute」+「フォレストセグウェイツアー」のセットをすることに。1つずつだと合計6480円ですがセットだと5000円(税込み)と、お得価格になります。

まずはセグウェイから。僕らは受付のおねーさんがそのままセグウェイ担当。まずは動かし方などの説明を聞き、そのあと実際に乗って練習します。なんか昔テレビで見たのでは芸能人がヘボい運転をしていて、難しいのかなと思ってたんですが、基本的には体重を前後左右に軽く入れるのと、ハンドルを少し倒すことで、回転をつけて曲がっていくというそれだけで、思っていたより全然簡単です。

ふたりともすぐに慣れ、斜面で転けないように少し体を山側に倒すというある意味当たり前の動きも、日頃チャリに乗っているからなのか、それともパラグライダーで体重移動について慣れているからなのか、それにもすぐに慣れ、しばらく好きになんだかんだ操作させてもらった後、セグウェイに乗ったまま記念撮影をして、(今回は敢えてそのベタな写真はなし。)フォレストツアーに出発!

坂を登ったり降りたりなので最初からなかなか楽しい感じで、途中おねーさんの植生についての説明とか、(仕事柄、植生クイズに全て正解してしまう空気を読まないオッサン・・・。)途中から見えてくるツリーアドベンチャーの説明とか、記念撮影とか、パラグライダーの宣伝とかして(おねーさんは思った以上に食いついてくださり、今度行きますと言ってくれました。お待ちしています。)楽しくお話しなどしながら林道をセグウェイで散策。

残念ながらぐるっと一周するようなコースにはなっておらず(現在徐々に新コースを開発中のようです。)来た道をまた戻っていくという形だったのが少しなんでしたが、上り下りや細い道など、セグウェイでもオフロードを走れるんやなあと感心しつつ、(ここのセグウェイはタイヤがゴツゴツで太いオフロード仕様です。)練習も含めての全工程1時間ほどのセグウェイツアー・フォレスト散策を楽しみました。



IMG_6868k.jpg
カリブ海クルーズ旅行でセグウェイには乗れず心残りだったのに
関連記事はこちら↓
http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-2136.html
なんと日本で乗れ、
念願かなって喜ぶオッサン










IMG_6873k.jpg
フォレストツアー途中で浮かれた記念写真を撮る人達
(鬼嫁になるように、今回は妻ではあく敢えて表記を嫁にしてみました)










セグウェイジフ
更に浮かれて、GIF画像にしてみました。

こんな感じで、林道をセグウェイで爆走!?します




セグウェイツアーが終わった後、ツリートップアドベンチャーまで時間をあけていたので、ここで昼食。妻の希望であった手作りホットドッグ&タマゴサンドを、ホットドッグにわざわざ持って行ったケチャップとマスタードをニョリニョリと絞り出して仕上げ、むしゃむしゃ食べます。

そして、お腹もいっぱいになり、お茶飲んでゆっくりした後、今度はツリートップアドベンチャーです。

少し歩いて集合場所へ行き、そこでハーネスを付けてもらい、基本的な使い方のレクチャーを受けた後、実際にちょっとした練習用のコースで試してみて、そこから本コースへと向かう形です。

ハーネスやギアは全てペツル。兄ちゃんがつけてくれます。いつも自分でつけているので、人につけてもらうのはなんか非常に変な感じ。更に、ハーネスをつけるとやはり、どうも仕事感が出てきてしまってなんとも・・・。

昔はアスレチックとか、確保とかほとんど無く、階段登って落ちるのも自己責任みたいな感じでしたが、今は非常にシステマチックな上に信頼性が高いビレイ法を取っていて、登り降りは可動式のロープにロック付きの滑車を使い、水平移動はビレイ用のワイヤーロープと動滑車を使って、常にビレイが取れている状態になることで、滑落を防ぐというシステムになっています。

ともすれば、確保を忘れてしまいそうでもありますが、人間、怖い時というのは意外に慎重になりますし、また、各ギアやロープに分かりやすく赤や青のテープが貼ってあったり、注意をうながす目につく標識などもあるため、特に危険なところや高い場所ではかけていないといったこともなく、お子様でも安全な感じでした。

という事で、最初の頃だけスタッフの人にかけ忘れや間違いがないか見てもらった後は、常時スタッフの監視の目はなく、自己責任でビレイを取りながら進んでいく形になっています。

基本的な構成は、高い木の上にまずはハシゴなどで上がっていき、樹上にある様々な橋的なものや、ターザン的ロープ、ハシゴ系などを使った横移動などして、最後はジップライン(ワイヤーを滑車でビューンと滑る奴)で樹の下に降りて、また次のアトラクションに移動していくというパターンです。

妻が思っていたよりもビビリで、更には前の方にいた昼からツリートップアドベンチャーをやっていた女子大生?の方々が、超ビビリだったため、午後からスタートの僕らが追いつき、渋滞が発生するといった状況にもなり、最後まで行くのにたっぷり2時間ほどかかりました。なお、正直オッサン、ずーっと仕事してる感でいっぱいでした・・・。

まあけど、なんだかんだ十分に楽しみましたが・・・。

それにしても自分、ビレイが取れてるとホンマに何も怖くなくなってしもたなあ、最近・・・。妻はそこかしこで怖い~っていうてましたが・・・。

という事で、妻はツリートップアドベンチャーにも大満足、オッサンはセグウェイに乗れて大満足。その後月ヶ瀬温泉で、平日の少ないお客さんの中でゆっくり温泉も楽しんで、奈良でのアウトドアを満喫してきました。



IMG_6883.jpg
たっかい樹上に、色々なアトラクションが設置してあります










IMG_6888k.jpg
縄梯子やハシゴなどでワスワスと登っていきます










IMG_6890k.jpg
こんな不安定なところも
グラングランなりながら歩いていきます

なお、踏み外しても落ちないようにワイヤーに滑車を付けて
ビレイ(自己確保)を取っているので危険ではありません

ちなみに、どんなどんくさそうな人でも、さすがに踏み外して
ぶらーんとはなってませんでした

人間、やるときはやるんですな・・・










IMG_6896.jpg










IMG_6898k.jpg
結構高いです

けどオッサンは仕事柄か頭おかしくなってて
全然怖いと思いませんでした・・・










IMG_6900k.jpg
白抜きにしても妻のしがみつき感、ハンパないですな・・・





「ええ年したオッサンが子供も連れんと、どこで遊んどるねん。(苦笑)」
と、思われましたら、クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


アスレチック

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2016/06/06(月) 18:38:04|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2146-e7f849a5