鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

自分で安全を確保し、飛ぶということ

フェイスブックで「裏バーズ」という大変面白い記事を書いている、僕が大先生と呼んでいる人がいるのですが、その方の最新記事でのフライトが、パラグライダーをやっている人として、「自分で安全を確保して飛ぶ。」ということについての意識が、残念なことに希薄なフライトでした。そこで今回は、自分で安全を確保して飛ぶということについて書きたいと思います。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


先日もこのブログで書きましたが、欧州の方で最近転校されてきたスクール生の方は、自己で安全を確保するのは当たり前であるし、また、それを確保するために、どのようなことをすればいいかということを確認したり、学習したりすることに非常に積極的です。

一方、これも以前書いたことがありますが、スクールに所属する、特にインストラクターの気象読みレベルや誘導能力などが高いスクールについては顕著に、スクール生の方のインストラクターへの依存度が高く、「自分で風のことを判断しようとしない。」「気象条件や、風の変化などについて気にしない。」「万が一の時のことを想定もしない。」などという傾向があるような気がします。

改めて書きますが、そういった行為は全て、「あなた方自身の、自分で安全を確保してフライトするという、」自己のフライトにおいての基本中の基本を、自ら放棄している行動です。

インストラクターの発言や誘導は、あなたのフライトの安全を保証するものでは全くありません。あくまでも「助言」です。

本来、風のことや、自分がフライトできる条件なのかや、どういったコースでフライトするのかや、どんなアプローチでランディングするのかや、万が一のことが起こったらどのように対処するのかといったことは、インストラクターの助言だけで構成されるべきものではなく、あなた自身が、初心者の方であれば分からないなりにも、フライトする前に全て考えてから、フライトというものは行われるべきものです。

何度も書きますが、インストラクターは、あなたの想定に足りていなかったり、また、基本的な判断を間違っていたり、全く想像できていないことを考えてもらうために、「助言」をし、あなたのフライトプランの精度を上げるお手伝いをしているにすぎないのです。

よって、自分で考えてもわからないという時は、知ったかぶりで飛ぶのではなく、安全を確保するために恥ずかしくてもインストラクターなどにその知識不足を埋めるべく助言を求めたり、確認をするべきでしょうし、また、フライトプランについて自信がないような時も、誰かとディスカッションしたり、イントラに確認して、不安を解消し、クリアにしておくことが必要だと思います。

結局、空中でなにか重大な事象が起こっても、他の人は助言が出来るだけで、誰も助けられないのです。他のリスクスポーツでもそうですが、飛ぶ人もすべて、自分のことは自分で守らないといけないのです。

辛口ですが、それができないのであれば、そもそもリスクスポーツはやってはいけないと思いますし、日頃からそういった意識がない人であれば、リスクスポーツをされることを、僕は全くと言っておすすめしません。

「自分はプロだから、自分でリスク管理はできている。」と、自分では思っていますが、それが慢心になっている可能性も全く否定できませんし、実際に「ちょっと無理したかもなあ。」と思うようなこともあります。

そこで、自分にも言い聞かせるために改めてまた書いておきますが、経験や初中上級者の区別なく、フライトをするベースには、自分で安全を確保してフライトするということが、まず第一の大前提であるということを肝に銘じて今後もフライトをしていきたいと思います。

なお、今回の記事では、具体的なフライトにおいての注意点などについては書いていません。が、それを知り、学習して頂くために、インストラクターがいたり、教本があったり、学科講習がある訳です。スクールに所属しているのに、なんも聞かないでフライトするとかもったいないです。分からないことや、疑問がある場合には、気軽にイントラに聞いてください。

そして、せっかく聞いたのに「そんなしょうもないこと聞くんか。何年パラやってるねん!」などとほざく、クソ鬼イントラなどには、「それに回答するくらいでしか仕事でけへんねんから、しょうもないこと言うてんと、さっさときっちり丁寧に、正しい回答を言わんかい!!ボケっ!!!」と、激しく言い放って下さい。

とりあえず、この記事を書いたので、僕は「何年パラやってるねん!」と言いつつも、その後すぐに回答させて頂きます。

という事で、今後も僕らのフライトに楽しさと安全あれ!


<追記>
同じような内容の記事である、自己責任について書いた記事も下記に紹介しておきます。
自己責任について考える



「説教系、活き活きとするなあ。(苦笑)」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


熱中症対策 クールグッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2016/05/26(木) 16:30:40|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2142-15e5fddd