鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

自由であっても、責任はもちろんあるのです。

自由にフライトするにあたっても、責任はもちろんあるのですよということを、個人的に今日は強く主張したいと思います。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


パラグライダーを仕事にしている自分ですが、マインドとしてはアウトロー系なので、自己責任においてグライダーを安く買い、メンテや管理も全て自己で行い、ツリーして破れても、正規ディーラーに泣きつくこともなく自分で手配してきちんと修理し、クラブエリアで楽しく飛ぶといったような、自由でありながらも自己の安全はしっかりと確保し、また、自身の責任をしっかりとまっとうするフライト姿勢などについては、全く否定することもありませんし、また、そういった形で飛ぶ方を「クラブエリアで飛ぶ人は、安全意識が低い。」などと十把一からげで批判することもありません。

しかし、何度となく着水において死亡事故が起きているにもかかわらず、海辺や水際でのフライトの際に救命胴衣をつけないでフライトする方や、イザという時のために携帯や無線などを携帯することなくフライトする方。また、自己のフライトグッズを適切に管理し、修繕やメンテなどすることなく、コスト負担だけを考えてそれらを省くような、自由にフライトするということをはき違え、己の安全を軽視し、家族や他者に迷惑をかけるようなことを厭わない姿勢でスカイスポーツをしている人を、僕は心から軽蔑します。

まあ、こんなことを書いている僕自身、時として適当に飛んでいる時もあるのですが・・・。

スクールなどに管理もされず、自分の土地で自由にフライトをしているとしても、自分がフライトしているということに対しての責任がない訳ではないのです。また、スクールに管理されていたとしても、そのことは同様です。

「何かあった場合は」そのことに対して自分で全ての責任を追わないといけない訳ですから、そんなことにならないように、普段からそのようなリスクがないようにしっかりと自分でそれらを管理し、適切なシステムを構築しておくのは、至極当たり前のことだと思いますし、特にそれは、フライトにおける自由度が高くなればなるほど、しっかりと確保されるべきことだと思います。

自由に飛べるから、エエ加減に好き勝手してりゃいいわけではないのです。

こんなこと、今更僕なんかに言われないでも、誰もが当たり前のように思っていることでないかと思うのですが、どうやらそうではない形での事故が多すぎるので、今回自分を含めて猛省するべく、敢えて文章にしてみました。

「自分は落ちない、事故も起こさないから大丈夫。」と驕るのではなく、「いつ何時落ちるかもしれないし、事故を起こすかもしれないから、それらを起こさないために、どうするかを日頃から考えている。」人になりたいと思う次第です。


「難しいことではあるけど、確かににそれはパラグライダーだけでなく
色々なことにおいて当たり前のこと。」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


安全対策グッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2016/05/08(日) 22:58:38|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2130-ae3162d4