鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

カリブ海航海日誌 「サンファン到着」(一日目)

 アメリカ大陸には南北共に、僕は今まで一度も行ったことがない。日付変更線を超えるのも初めてで、だからという訳でもないが、機内での睡眠調整に完全に失敗した。予定の時間寝ることができなかったのだ。





ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 食事の度にキリン一番搾りを飲み、時に浅い眠りにもついたが、僕は機内での多くの時間を映画鑑賞に費やした。何本か観た映画の中で50前のオッサンが一番気に入ったのは、子供向けのクレイアニメ、「羊のショーン 映画版」だった。

 12時間弱フライトし、現地時間同日朝8:30頃、飛行機はダラスフォートワース国際空港に着陸した。

 ダラスのことを全く調べていなかった僕らだったが、空港に降り立ってカウボーイハットやロデオ的な絵を見たりしたことで、そこがテキサス州であることは理解した。帰国後調べたら、ケネディー暗殺の地だったり、フォートワースにはアメリカン航空の本社があったり、セブン-イレブン発祥の地だったりと結構な場所だったのだが・・・。

 プエルトリコへのトランジットは5時間ほどあった。空港でネットに繋げてダラスの中心部に行く方法を調べると結構時間がかかったので街中に出るのはやめて、空港でダラダラした。久々に海外でATMを使うので、軽く現金を出してみてその使い方を改めて思い出したり、昼食にハンバーガーを食べようとしたのに、何故か嫌いなベーグルを頼んでしまって地団駄を踏んだりしながら過ごした後、プエルトリコはサンファン行きのゲートへ。

 ダラスは巨大ハブ空港らしく、やたらでかくて移動にも時間がかかるのだが、モノレールが楕円型で周回運行していて各パートに輸送してくれるので、自分のゲートに向かうのは結構簡単だった。そして14時頃、目的地であるプエルトリコに向け、飛行機は出発した。

 またもかなりの時間がかかり、4時間半ほど機上に。飛行機が小さく座席モニターがなく、映画のサービスなどは無く、日本から持って行った本を読んで過ごす。「いやあ、中南米に行くの、オッサンにはきっついわあ・・・。」と心から思いつつ、現地時間20時位に、遂に飛行機はプエルトリコ サンファン ルイス・ムニョス・マリン空港に到着した。

 さすがはアメリカ自治領、荷物をロストすることもなく、僕らは冬の日本から、Tシャツ一丁で何ら問題ない南国へと到着した。空港は比較的綺麗で、特に危険な様子もなく、タクシーの運ちゃんが客引きをするようなことも全く無い。

 しかし、ガイドブックでも確認したのだが、エアポートバスや鉄道的なものがなく、街に出るにはタクシーしか手段がないらしい。「中南米やろから、値段交渉せなあかんのやろなあ。めんどくさいなあ・・・。」と思いつつタクシー乗り場にいったところ、係員らしき兄ちゃんがいて、「どこに行く?」と聞く。そこで、目的地をいうとメモにササッと何かを書いて渡してくれた。

 それは、目的地までの価格だった。どうやら料金トラブルを避けるため最初から目的地によって価格が決まっているらしい。僕は面倒ではなかったなと安堵すると共に、22ドル(タクシー代20ドル+大きな荷物2個で2ドル)というその価格に、「プエルトリコのタクシー、大した距離でもないのにやたら高いわあ・・・。」と嘆いたのだった。

 タクシーはやたらどでかかった。二人で乗るのにはもったいないくらいでかいバンのタクシーに僕らは乗り込み、宿の予約をした旧市街地であるオールドサンファンへと向かった。

 僕らを乗せてくれたタクシーの運転手の兄ちゃんは、とんでもなく饒舌だった。人懐っこくて親切な感じには好感をもったが、長旅で疲れたオッサンには、ネイティブ系のスピード英語を理解するのは非常に難しく、止めどなく続く話しは30%も理解できなかった。

 それは妻も同じで、僕らは「そんなはよ喋られても全然分からんで。」と日本語で嘆きつつ、その嘆きをも全く気にせず、「日本の車はいいよなあ。トヨタとか日産とか知ってるぞ。」等と喋り続ける彼に、「これからプエルトリコの人達としゃべる度に、こんな感じで苦労するのかなあ。」と思っていた。

 タクシーは高速道路的ないい道をひた走った後、街中へと入る道へと曲がり、とある公園風の広場がある場所で停車した。どうやら宿に着いたらしい。最初乗る時に地図と住所を見せ、「ここに行って欲しいんだよ。」と兄ちゃんに頼んでいたのでそこに連れて来てくれたらしいのだが、近くにホテルらしいところはなかったので、「ほんとにここなの?」と僕は聞いた。



「まだ宿に着いただけかよ!(苦笑)」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


国内旅行 海外旅行 旅行グッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2016/03/19(土) 23:03:35|
  2. カリブ海航海日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

  

コメント

最近よく思うけど、日本はかなり安い国になっていると思う。

タクシー22ドルは日本基準なら高いが(距離感が分からないのでなんともいえないが)、国際基準ならば普通なんじゃないか。

ともあれ、長いフライトをものともせず、無事についたか。

到着のビールはなかったのかな。

  1. 2016/03/22(火) 03:19:42 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

日本が安いだけじゃなくて

日本が円安になったことがあって、海外がよりえらく高くなった気にもなるんだと思う。

ちなみに、タクシーに関しては空港から宿まで10分ほどだったんで22ドルは高いと思ったけど、日本のタクシー料金サイトで同じような距離で計算してみたら、大きくは変わんなかったよ。

タクシーとかもう何年も乗ってないから、俺の感覚がおかしくなってるんだな。

失礼しました。

  1. 2016/03/22(火) 11:43:45 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

プエルトリコの街並みって、どんなにか感じなんだ?

まったく想像がつかないよ。
アメリカっぽいのか、それともまた別の異国情緒があるのか。

その辺も詳しく描写してほしい。

  1. 2016/03/22(火) 13:59:16 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

大丈夫だ師よ

チェックインの後、夜のサンファンを散策するから。ただ、次回じゃないかもしれないけどね。(苦笑)

その時の写真も紹介するし、次の日も乗船までに周辺を観光してるから、オールドサンファン(サンファンの旧市街地)がどんなとこだかは紹介できると思うよ。

  1. 2016/03/22(火) 14:48:30 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2106-4656adc2