鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

昨今の条件で思うこと

  ここ数日、思いっきり冬らしい感じになっていますが、先頃まで、「もう春がきてんのか?」などとも思うような暖冬続きで、冬にもかかわらずかなりエエ感じで飛べてることの多い昨今、そんな中でフライトに関して思ったことを書きたいと思います。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 減率は結構良くても、冬なので春ほどは荒れていないコンディション。ソアリングなども出来る条件下でありながら、初心者の練習生の方も飛んで頂いたりできているええ感じの最近なのですが、それ故に、ランディングにおいて今までの穏やかな条件下でしか飛んでいないことにより、アプローチにおいて様々な条件変化に対応できていない事例も見受けられます。
 
 ランディングアプローチについての高度感覚・グライダースピードなどの感覚については、グラハンなどをやっても上達することは残念ながらないので、とにかく飛ぶことでしか練習できない訳ですが、それを出来る限りカバーするために、事前にランディングアプローチなどについてしっかり考え・検証し、シミュレーションするという手があります。

 それについて、過去になんだかんだ書いておりますので、下記の記事をご覧頂ければと思います。なお、今回再紹介するにあたって、若干の改稿を行っています。

 ランディングについて考えてみる

 また、春っぽいコンディションではなく、冬バリバリ系になった今日のコンディションにおいては、ちょっとした冷たい風が入った時に、ミニ前線っぽい状態になり、風が強くなり、多少荒れ気味になりました。
 こういった時は、何らかの予兆があるので、出来ればそうなる前に早めに降ろすのが最善だと思うのですが、もし、そんな中でも、ややこしい風とややこしくない風の波があるようなときであれば、ややこしい時でリフトがある時はそのリフトの中で留まっておき、ややこしくなくなった時にランディングに入る、つまり、リスクが少なくなった時に、どんな状況下であっても低空であるが故にリスクが高くなるアプローチに入るというのが、リスク回避の観点からはよろしいかと思います。

 このことに関連し、来る春においてフライトする際に、注意したりするべきことについて書いた記事はこちらから。

春のフライト

 という事で、徐々にハードなコンディションにもなってきますが、上手いこと安全に飛びましょう。
 

「ややこしい風、嫌やなあ。」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


スキー スノーボード 防寒グッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2016/01/17(日) 00:41:22|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2073-42baf6dc