鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

2015年大晦日、お蕎麦屋さんバイト体験記

 過日このブログで書きましたが、大晦日に、友達の蕎麦屋さんでバイトをしてきました。今回はその体験記を書こうと思います。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 何故、バイトをすることになったかについては下記記事からどうぞ。 ↓
 47歳、大晦日にアルバイトをする

 という事で大晦日、年越しそばを求めるお客さんで年に一番のてんてこ舞いになるという、京都は北山にある、「権兵衛」さんというお蕎麦屋さんで、皿洗いのバイトをすることになりました。

 事前に数日研修!?にも入り、皿の洗い方やしまう場所、営業終了後の後片付けなどについては教えてもらっており、大晦日にはそれらを元に、とにかく返って来た皿を洗いまくるということでしたが、いやはや蓋を開けてみると、予想以上にものすごい状態でした。

 <大晦日10:30> お店に
 本日のスタッフ一同で、賄いの「海老天ぷらそば」を頂きました。海老がメッチャ美味い!そして、本日のために大量にとってメッチャ出たという「出汁」が、これまたメチャクチャ美味かったです。

 実はこの日、僕だけでなく、妻もホールの補助としてバイトに行ったのですが、絵面としてもかなりおかしな感じに、そして、「何じゃこら感」も一杯で、違和感バリバリとなりました・・・。

 ちなみに、研修では見たことがない丼鉢の積み上げられ具合に、「これが全部出るくらい、お客さんがギンギンに来るのか・・・。」とビビるオッサンがそこにはいたのでした。

<11:00> バイトスタート
 ほどなくしてお客さまご来店。この後、もう切れることなく、持ち帰りの年越しそばを取りに来れらる方、来店してお蕎麦を食べられる方が続々ご来店。大変ありがたいことですが、研修では決して見ることのなかった大量のお皿や鉢が、洗っても洗っても、洗っても洗っても、積み上がるほどに戻ってきます。そしてもちろん、厨房の方もどえらい状態に・・・。そんな中で大将は、凄まじい手さばきで、的確に注文を仕上げていきます。流石はプロの料理人、プロ故に当たり前でもありますが、豊富な経験が蓄積されたゆえの仕事っぷりと感心しつつ、皿洗い新人のオッサンも、鈍痛の走る腰をなんとか騙し騙し、更にお皿を洗い続けます。

<14:30頃>
 「やっと積み上げられた皿がはけてきた!」と思ったら、なんと別室?にまだ積み上げられているとの事・・・。「おりゃあ、それもガンガン洗って、一回全てはけさせまっせー!」と思い、もう少しではけると思ったところで再びお客さまご来店。本当にありがたいことでございます。

<15:00過ぎ>
 ここらあたりでやっと洗い物に一区切りついたのですが、当初の予測とは違って、ありがたいことにお客様の足が途切れず、スタッフがお昼を取れない状態に。そこで、おやつとして甘い和菓子が登場しました。疲れに甘味が効く~~~!
 しかし、あんことかバンバン食べられるようになったのも、やっぱりオッサンになったからやなあと思うオッサン。
 その後、しばらくは楽な波になりましたが、思った以上に早めに夜のお客さまご来店の波がやってきたのでした。

<16:00過ぎ>
 一組のお客様が入店され、「ん?もしやこのまま続いたりするのか?」と思ったら、果たしてどんどんとご来店。「なんや、えらい出足早いぞ。」という大将。自分の予測ではやはり「笑ってはいけない24時」や「紅白」を、最初からリアルタイムで観たいという方が、早めに来店されたのではないかと・・・。
 この後、お昼ほどの凄まじい状況ではありませんでしたが、ありがたい事にこれまた全くお客様が途切れることなく、円広志の「飛んで飛んで」を「洗って洗って」にかえて歌いたいほど洗いまくりました。

<20:00頃?>
 高校の時のクラブ活動が一緒だった同級生の女の子がご来店。20数年ぶりに会いました。ツレのお蕎麦屋でお客さんとバイトとして再会って、ほんまめっちゃ変な感じでしたが、短い時間でも久々に会えて良かったです。

<21:00頃>
 お客様のご来店が緩やかになり始め、ようやく終了が見えてきました。昼にあった腰の鈍痛は、あまりの洗いっぷりで慣れてしまって気にならないレベルに・・・。しかし、オッサンゆえの「腰の固定化?」が進んでいたのでした。
 この時点で、夜のまかないである、京都の年越しそばといえばこれ!という、「にしんそば」を頂きました。にしんが身が厚くてブリブリ、そして、味付けが甘すぎず絶妙!大変おいしゅうございました。by岸朝子。
ちなみに、ちゃんとした椅子に座ったのは、11時前からでこの時が初めて・・・。いやあ、立ってた立ってた・・・。

<21:30過ぎ>
 ラストオーダーが過ぎ、ご来店もないということで、この時点でのれんを入れさせていただくことに。お皿洗いは終了ですが、この後、シンクなどをキレイキレイに磨き上げたりする後片付け作業がありました。
 明日からは新年ということで、大将も、まさ◯さんも、気合を入れて磨き上げ、掃除・後片付けしまくりで、厨房はビカビカになって大晦日の作業全終了。10時過ぎでした。
 ちなみに大将は「例年は12時までやってるから、年越しを家で過ごせるというのはえらい感慨深いなあ。」的なことをいうてましたが、あの状態で12時まで・・・。オッサンもちまへんな。
 ということで、ラストに釜等に鏡餅をお祀りして、僕の仕事は終了。大将とまさ◯さんは、更にもう少し作業があったようで先に上がらせてもらいました。

<22:30過ぎ>
帰宅。まずはお風呂に入って、固定化した体をほぐします。いやあ、風呂最高!で、あがったらそれはもう「やるしかねえ!」という事で、妻と一緒に酒盛り。なんだかんだで食って飲んでで年越して、寝たのは2時過ぎでした。

 という事で大晦日、「俺はアライグマか!」と言いたくなるくらい、洗って洗って洗いまくりました。そして、日本人の季節の行事(今回は年越しそば)に対しての深い思い入れを、如実に知りました。「そんなに蕎麦食べなあかんのかい!」とかもちょっと思いましたが。
 
 ひょんなことから今回のバイト体験となったのですが、改めて仕事をしてお金を頂くということの大変さを痛感しました。そして、予約がほとんどで非常に仕事をマネジメントしやすい自分と違って、お客様のニーズに完全に合わせていく必要のあるサービス業、「飲食店」という仕事の厳しさを改めて知りました。

 僭越ではございますが、大将、そしてスタッフの皆様方。労働時間も長く、休みも少なく、非常に大変なお仕事かと思いますが、お身体に気をつけて頂いて、今後も美味しい料理を沢山の方々に提供してください。僕もまた食べにいかしてもらいます。

 また、友達であるが故にと思われる、あらゆる面において非常にお気遣い下さった大将のご家族の皆様やスタッフの皆様方、そして友達である大将に心から感謝致します。貴重な体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。

 え?「例年のイベントネタにしたいから、16年も大晦日にバイトに来い。」ですって?それについては、謹んでご遠慮させて頂くかと・・・。すんません。

 でも、非常に楽しい体験となり、一生忘れることのない思い出にもなりました。ありがとうございました。


「オモロイことしとんなあ、ほんま。」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


そば うどん

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2016/01/15(金) 21:03:39|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

とうとうアップしたな。師よ。
息もつけない忙しさが伝わってきたよ。
多分、壮絶だったんだろうな。
しかし、おっさん頑張ったな。多分、このときはある程度緊張して腰はだいじょうぶだったんだろうが、数日後に腰痛になったと俺はよんでいるよ。

どうなんだ、師よ!

今年の大みそか、もしバイトが集まらなかったら、自分が名乗りでるかな。でも、交通費支給ってことはないよね。

  1. 2016/01/17(日) 16:19:56 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

そうなのよ

かなり凄まじかったのよ、ほんと・・・。

ちなみに腰痛だけど、事前の研修で、腰痛にならないようにするべくの体勢を当日できるだけ取ったことや、腰痛を予測し、本番数日前にあえて適度な運動をした事によって、数日後に来るような酷い腰痛にはならなかったよ。

しかし、師がこのバイトに興味を持つとは思わなかったよ。ただ、東京からの交通費はもちろん支給されないだろうからねえ。

研修からうちに泊まって、年末年始やれば良いだろうけど、師のガラスの!?腰が崩壊すんじゃね
?(笑)

  1. 2016/01/17(日) 23:56:17 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2071-972ae689