鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

ダルトン デンジャラス

s-20151225_1572859.jpg 007シリーズに「リビング・デイライツ」という作品があるのだが、その作品に出ていたのがティモシー・ダルトンである。







ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 この映画が公開される前、その予告編を映画館で見た時、僕は何故かあるキャッチコピーに激しく惹きつけられた。「ダルトン デンジャラス」というその英文字に。

 それを観てからというもの、しばらくの間僕の中では、「ダルトン デンジェラス」というのが頭の中を駆け巡ることになった。なぜだかは未だに分からないのだが・・・。多分、その少し古臭く、馬鹿らしいコピーが、気に入ったのだと思う。







そして昨日、そのキャッチコピーが脳内に帰ってきた。

s-20151225_1572859.jpg


 この写真、テイクオフ直後のものなのだが、見て頂いて分かる通り、その先は全くどうなっているか分からない。そう、正に雲がテイクオフ前に垂れ込めていたのである。

 昨日は、雨がちで風もよろしくはなかったため、待っていてもその雲がはれるかどうかはわからない状態となっていた。もしはれたとしても、むしろそれで風雨が強くなって、フライトできなくなる可能性もあった。

 そこで僕は、心の目でランディングが見えること、そして、そうそう厚い雲ではないので、数秒もすれば雲から抜けるであろうということを理由にして、フライトしたのである。

 出た瞬間は良かった。しかしその後、あっという間に僕らは360度全てが真っ白の世界に突入した。「これこそ正に、ホワイトアウト!」と心の中で叫びつつ、「変な方向にグライダーむけてしもたら、木が見えた途端にツリーもあるでえ。」と己に言い聞かせ、今、全世界で流行っているであろうフォースを全力で出しきり、心の目で目標を見据えてフライトすること数秒。

 この時に、先の「ダルトン デンジャラス。」というアホキャッチが、何故か僕の脳内でこだましたのだった。

 何分にも思える数秒もしくは十数秒後、無事僕らは雲からズボッと飛び出した。そこには湧き上がる雲で幻想的な風景が広がり、その後はそれらの風景を存分に堪能して、僕らはクリスマスフライトを終了したのだった。


 という事で、ダルトンやなくて、俺がデンジャラスやったという話し。どうもしんづれいいたしました。

「なんじゃそら!」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


007DVD 007ブルーレイ リビング・デイライツ レンタルDVD

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/12/26(土) 00:30:49|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2060-c687a71a