鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

自己責任について考える

パラグライダーにおいてよく使われる言葉に、「自己責任でのフライト。」というのがあります。そんな自己責任について今回は考えてみることにしました。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


まずはネット辞書(goo辞書)で調べてみました。

自己責任 = 自分の行動の責任は自分にあること。

正に文字通りの意味でした。ではフライトにおいての自己責任とはなんぞや?と考えると、「フライトにおいての全ての責任は、自分にあること。」ということになろうかと思います。

「ふんふん、んじゃあ、ちゃんとテイクオフできて、ちゃんとアプローチして、ランディングに降りられたらええんやね。」と思った方、正解です。でも、本当はそれだけではないんです。

自分のギア(パラグライダーやレスキューパラシュート・ハーネスのチェック・メンテナンス)の管理、自己の体調や精神的な問題の管理・把握、事前の気象情報の確認・分析、現地での気象や条件の確認、それら全てを管理することもまた自己責任の一つです。

そう考えて最近思うのは、パラグライダースクールのインストラクションがある程度成熟し、インストラクターの質も昔に比べれば上がってきているが故に、お客さんへお知らせする情報が多くなりすぎて、お客さん自身の『自己責任でのフライトの意識。」が、僕がパラグライダーを始めた頃の、「時としてイントラですら全て信用できることを云っているとは限らない。(ちなみに、自身もイントラですが、未だに皆さんから信用して頂けることを常に言えてるとは全然思っていません。すんません。)」時に比べて、非常に希薄になっているような気がするのです。

「気象条件も風読みも、インストラクターにおまかせ。自分でテイクオフを望遠鏡を見たり、ランディングの吹き流しの確認もしない。」とか、「どでかい積雲が接近しているのに、イントラに言われるまでそれに気づいていない。」とか、「自分のハーネスの仕組みや、セッティングの方法など、自分で分かっておらず、イントラ任せ。レスキューパラシュートもどんな風に出てくるのかとか、どんな仕組みになっているのか、ブラックボックス化していて何も知らない。」とかいうのは、インストラクターがそれらの重要性を説明していないことにも起因するかと思います。

が、「フライヤーである皆さん自身が、自己責任とはなんたるかをしっかりと考えていないがゆえに、己でそれらの事柄を知ろうとしたり、把握するために学習することをしていない。」ことも大きな原因としてあるのではないかと昨今強く思うのです。

特に初・中級者の方々、イントラに言われている事柄だけをやっていればいいのではありません。それについてしっかりと覚え、自己で検証・もしく場合によっては学習し、ゆくゆくは安全を確実に確保しつつ自分が楽しいと思えるフライトスタイルを確立していかなくてはいけないのです。

その為には、言われていることを実践できる技術を獲得するとともに、能動的に自分の疑問や問題点などを洗い出し、それについて払拭するべく、イントラに聞いたりして正しい知識を得ていかなくてはいけないと思う次第です。(ただ、前記のようにイントラが常に正しいと思ってもいけない訳ですが・・・。)

パラグライダースクールは、そういった、皆さんが自己責任でのフライトを目指されるためのお手伝いをするためにあるものだと僕は思っています。だから僕は皆さんを管理して飛ばせるといったような考えは全く持っていません。ただし、皆さんのフライトのリスクを軽減するために、時に制限や、強制誘導?などで、危険を回避し、怪我などを防ぐ役割をになっているとも思っています。しかしそれは、決して皆さんのフライトの全てを管理し、面倒を見るということではありません。

皆さんのフライトは、皆さん自身で管理され、また、自分のフライトについては自分自身で面倒を見られるべきことであると思います。

この記事を読んで頂き、改めてご自身のフライトスタイルについて考えてみて頂ければと思います。


<追記>

そういった意味では、管理エリアではなく、クラブエリア的なエリアで、ほぼ完全に自己責任でフライトしている方々は、ある程度成熟したフライトをされていると思います。

しかし、より高度なスキルアップという点や、リスク管理という点で、問題があるのではと思うこともあります。この辺りについては、スクールエリア所属・クラブエリア所属といった違いによる、それぞれのメリット・デメリットがあると思います。

ただ、もしかするとスクールエリア所属であっても、クラブエリアと変わらない状況のところもあるかもしれません。それについては、どのようなインストラクターさんがいるかという、「スクールチョイスの問題。」というのも、大きく関わってくるかと思います。

また、技術的にも読み的にも素晴らしいイントラさんがいるからおんぶにだっこ、ということもあるかもしれません。

やはり基本的に、「いかに自己の自己責任でのフライトの意識が高いか、そして、それについて具体的にどのようにするかをいかに考えるか。」が、自己のフライトの安全を確保する上で重要になるかと思います。


「確かに自己責任でのフライト、難しいなあ。」と、思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


秋の味覚
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/10/20(火) 12:28:46|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/2011-2aa0bbda