鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

脇を締める立ち上げが必ずしも正解じゃない?

 先日、マツコの知らない世界というテレビを見ていたところ、おもろいスポーツ理論が紹介されていました。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 マツコの知らないボウリングの世界というコーナーで紹介されていた、人の動きには生まれつき癖というかパターンがあり、それに沿った適切な動きを運動においてやらないと、怪我をしたり、フォームを崩して調子が悪くなったりするという、レッシュ4スタンス理論というのを提唱しているトレーナーの人を見たのですが、これによると、うちわをあおぐ時、手首だけを使うのではなく、脇を開け、腕全体であおぐ人がいるとのこと。

 目からうろこでした。手首だけしか使わない自分には、そんなあおぎ方が存在することすら信じられないレベルだったのでかなり驚きました。

 ちなみに、手首だけを使わない人は、脇を締めるという形のフォームでは、ボウリングの玉を投げる際に、うまくいかないことがあるとのこと。それを見た時にハッと気づきました。「自分、パラの立ち上げを人に教える時、脇を締めるように言ってるなあ。」と・・・。

 そこで、ふつふつと疑問が湧いてきました。脇を締めないで立ち上げるほうが向いている人がいるのではないだろうかと・・・。そして、自分は脇を締めないで上手くやる方法は全くわからないし、想像だにできないということも気付きました。

 という事で、うちわを腕全体であおいだり、コップやつり革やジョッキを指メインではなく、手のひらで包み込むように持ったりする方に聞きたいのですが、パラグライダーの立ち上げにおいて、脇を締めてやる立ち上げが合わないとか、もしくは脇を締めないでやる方法のほうがやりやすいとかありますか?

 是非教えて頂きたく、どうかよろしくお願いします。


「確かにそういうの、考えたことなかったなあ。」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


アウトドア用品
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/09/09(水) 00:43:03|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1996-34de48b0