鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

トルコ詐欺絨毯屋との闘い、番外編

 過日プロバイダー経由で、トルコの詐欺絨毯屋であると思われる、○ミットと名乗る奴から、「名誉毀損になるので、自分の実名をブログから削除するように。」という削除依頼が来ました。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 「なんで名誉毀損になるの?ブログとか、掲示板とか、ネットで驚くくらい自分の名前がでてるから、信憑性のある話しなんじゃないの?」と、法的根拠はあまりない、アホ的な回答をしたところ、「当方は犯罪者ではないので、そもそもそういうネタがネットに出ていることすらおかしい。」との返事。

 そこで、チョットだけまじめに調べてみました。すると、犯罪者であっても、人権という名のもとに、実名をさらされるのは名誉毀損になるということもあるとのこと・・・。そりゃあ改心し、真人間になった人については、いつまでも犯歴をネット上にさらされたりするのは名誉毀損になるということも理解できます。

 が、自分に削除依頼をしている人物は、裏はとっていませんでしたが、ネット情報では未だに詐欺師として現役で活動している様子です。

 こんな奴の言いなりになって削除するのもけったくそ悪いので、更に調べたところ、犯罪者の名前を公にすることで、多くの人が助かるような公益性がある場合は、実名での表記も名誉毀損などにならないというのがあったので、それをたてに再度拒否したところ、やたら法的な条文を細かく出し、もひとつ反論にもなっていないようなと思われる反論をした上で、更に何故か超上から目線で、「お前は名誉毀損行為を行っている。それなのに削除せず、理由にならない理由をこねて、削除に応じない。ついては訴訟を起こす用意もあるので、指定したメールアドレスに、お前の個人情報をメールで送ってくるように。」と言ってくる始末・・・。

 トルコ人である本人が、いくら日本語に通じていても、流石にここまでしっかりとなんだかんだこねられることもないと思われたので、どうやら詐欺師サイドに肩入れしているか協力している、日本人の法学部上がりとか、法律マニアがいるのではと思ったので、「大体が本人が書いてるかも分からんし、もし犯罪者であるならそんな奴に誰が自分の個人情報とか教えるっちゅうねん!!」的なことと、「プロバイダー責任法とか間接的な形で削除依頼するのではなく、そこまで上から来るなら直接連絡してくればいいじゃないか。」と返信したところ、このあたりから互いが自分の都合のいいことだけ書く無駄な応酬に・・・。

 そして、プロバイダーであるFC2は、こちらの「ガキの使いみたいに互いのメールのやりとりを仲介しているだけでなく、プロバイダーとしての見解を出すように。」という依頼に全く応えることなく、「削除依頼先が納得のいく、削除できない理由を回答するように。」の一点張り・・・。

 これではもう、無駄なやりとりを続けるだけだと思ったので、ウ○ットが犯罪者である、あったというある程度の確証を突きつけた上で、改めて公益性を盾にしようと考え、ネットで再度調査開始。

 協力して頂ける方も見つかって、トルコの日本領事館の公報で、詐欺絨毯屋に注意するようにという勧告と、実名入りでウミッ○に性犯罪での逮捕歴があるという記事が出ていたという事実や、トルコの裁判において詐欺罪で敗訴しているという事実が判明。

 これらの情報を提示した上で、ずーっと自分は犯罪者ではないからと主張してきていたことは全くの虚偽であることや、それであれば公益性を理由としてこちらが該当部分を削除する必要性もないと回答したところ、あれだけ上から目線で偉そうに何度も何度もこちらの非を非難していたのに、ぱったりと何も言ってこなくなりました・・・。

 という事で、現状ではその削除依頼があった記事は削除されたり、改変されたりもしていません。まあ、法的な感じを振りかざして脅してくる奴に屈することなく、アホながらもそれなりに抵抗したかいがあったようです。

 ちなみに、その記事は下記になります。それにしても、さすが現役詐欺師?元詐欺師?。人に嘘ついた上に、超上から目線で偉そうに人を非難しつつ、能書きを垂れまくってきたのがメッチャ腹が立ったので、そんな野郎に更なる嫌がらせをしてやるために、グーグルの検索順位を上げてやろうと思うので、皆さんよろしければ下記の記事をガンガンクリックして頂ければと思います。 

 海外旅行での詐欺 「トルコ イスタンブール ウミット サディック 絨毯 詐欺」
ウミット 絨毯 詐欺師 ウミット・メティン 恋愛詐欺 犯罪者 絨毯屋 トルコ

 そして、海外へ旅行される皆さんに改めて伝えたいのは、日本でも海外でも、うまい話しなんかないと基本的に思いつつ、そして、初対面やチョット親しくなったくらいで金の話しをする奴にろくな奴はいないということを、しっかり心に留めた上で、買い物や、自分の大切なモノを預けたり、託したりするようにされることを、強くお勧めしたいと思います。

 どうかお気をつけ下さい。 


「このネタがきっかけで、また削除依頼来るんじゃないの?」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


ウミット 詐欺師 絨毯屋 絨毯

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/08/29(土) 00:03:20|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

  

コメント

知らないうちにえらいことになってるな。
しかし、師の毅然とした態度にはあっぱれだよ。

また、未だにこの記事へのアクセスが多いというのは、被害者や未遂の旅行者が多いのかもしれないな。

しかし、師よ。
用心しろよ。

  1. 2015/08/31(月) 13:51:50 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

さして

大したことでもないよ。俺、嘘を書いてる訳ではないし、(たまにあるかもしれないけど・・・。)毒は吐いても一応それなりに考えて入るつもりだから、基本削除しないといけない記事とかないと思ってるし・・・。

大体が俺、「独りよがり」だから、こういうの得意なんだよ、師よ。(笑)

ただ、俺と同じような目にあって、怖くなって削除してる人は一杯いるだろうなあと思う。

犯罪者から上から目線で脅されたら、基本誰でもヤバイと思うだろうし、自分にまでも被害が及ぶことを考えると、削除した方が無難だと思うだろうからねえ。

でも俺の場合は、相手がそれを狙ってなんだかんだ言ってきてるのがはっきりと分かったんで、それに屈するのがメチャクチャ嫌だったんだよなあ。

伏せ字で誤魔化すとかもあったんだろうけど、それすらも嫌だったんだよね。あまりにも相手が偉そうで。

てことで、突っ張りまくったんだけど、まあ、こんなどうしようもないブログでも、詐欺記事とかで誰かの役に立ってるのなら、それはいいことだと思うよ。

ちなみに、過去の詐欺関連記事は、未だに良く読まれている様子だ。今でも海外で詐欺にあったり、遭いそうになったりしてる人がたくさんいるんだろうね。

出来れば海外に行く前に、これらを読んで欲しいものだよ。

あと師よ、心配ありがとう。詐欺師もわざわざ銭にならない俺なんかに、固執するとは思えないけれど、なんだかんだでやっぱりネットは怖いから、気をつけるようにするよ。

  1. 2015/08/31(月) 22:09:17 |
  2. URL |
  3. 鬼飛 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

おかげ様で

この記事についても、関連文言でグーグル検索で上位に来るようになっており、「日本人旅行者の方々がトルコで絨毯詐欺師に騙されないよう、注意を喚起する。」事に、少しだけは貢献できるかもしれない状況になりました。

皆様のクリックのご協力、誠にありがとうございました。

  1. 2015/09/09(水) 16:00:55 |
  2. URL |
  3. 鬼飛 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

ウ〇ットメ〇ィンの被害者です

2009年にトルコ旅行をした際に、ウ〇ットメ〇ィンから性暴行された被害者です。
逃げようと大声を出したけど、鍵をかけられ、首を絞められ、このまま殺すこともできると脅され、そのまま暴行されました。
私は泣き寝入りという形になってしまいましたがらその後別の日本人女性に暴行して逮捕されたようですね。その後また普段通りの生活をして、日本人に接触しているようです。被害者が出続けてないか心配です。

  1. 2016/07/15(金) 20:19:54 |
  2. URL |
  3. 被害者 #-
  4. [ 編集]

未だ多くの旅行者に

未だ多くの旅行者の方に被害を及ぼしているからこそ、本人のちかしい人間から、この程度のブログにも削除の依頼が入っているのかと思います。

旅行前に出来る限り多くの方の目にこれらの情報が触れ、被害にあわれない方が増えることを願っています。

  1. 2016/07/15(金) 22:30:11 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

応援クリック 完了です!

  1. 2017/01/28(土) 19:04:51 |
  2. URL |
  3. allen #hFb78./Y
  4. [ 編集]

ありがとうございます

削除依頼を多くのブログなどにしてきているということは、未だに当該の犯罪者がそういった犯罪行為をしているという証左でもあるかと思う次第です。

今後共、トルコ旅行をされる方々が旅行前に調べられた際、注意を促すことができればと思っておりますので、リンクなどはご自由にどうぞ。

  1. 2017/01/28(土) 19:25:16 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

> ありがとうございます

リンク設定できました。
こちらこそありがとうございます!

  1. 2017/01/28(土) 20:38:30 |
  2. URL |
  3. allen #hFb78./Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1990-dc097d75