鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

パラグライダーワールドカップ ポルトガル

 現在、ポルトガル モンタレグレにおいて、パラグライダーワールドカップが行われています。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

 
 自分はもう長い間競技に出ていないので、最近はすっかり大会の結果とかを気にしなくなりましたが、今回はバーズパラグライダースクールの大澤校長が参加しているので、日々どんな感じかチェックしています。

 大澤校長の大会レポートブログ 本日時点での最新記事はこちらから↓
 http://blog.birds-para.com/?eid=1281198

 3タスクのうち2つが100km超えという中々ハードで面白そうなクロカンタスクの中、大澤氏はまずまず良い所(現在総合16位。)につけて、日々フライトしているようです。

 他にも日本人選手が参加していらっしゃるようですが、やはり呉本君は、現在の日本コンペ界第一人者にふさわしい、アグレッシブでいながらタコりのない確実な飛びをしているようで、さすがと言える総合10位です。

 グライダー的には、圧倒的多数でエンツォ2という感じで、そこにブーメラン10と、アイスピークがポロポロといるという、ちょっと寂しい感じに・・・。コンペに参加するメーカーが一杯いる方が、明らかに盛り上がるんですけど、開発に金かかるのに、全然儲からんからなあ・・・。

 自分が8年ほど前にPWCに出てた時一緒に飛んでいて僕が知っている、今回ポルトガルに出ている外国人選手は、ステファンドゥワン、ジャンマルク、シャルカズー、キム・ジンオーくらい。知らん人がほとんどになったと時の流れを感じると共に、未だモチベーションを下げることなくコンペに出続けている彼らに驚いていたりもします。

 ちなみに、自分が出ていた時のワールドカップの感覚では、総合で20位以内、ぎりで30位以内なら、なんとか綺麗所と言っていい感じかなあ。というのがあり、常にそこを狙っていたつもりではありましたが、偉そうに思ってて、結果は50~70位台・・・。まあろくなもんではなく、下々の者として早々に集団から外れて、常にみちのく=一人旅をしていたことを苦々しく思い出した次第です。

 今は日々900点台後半でないと上位には食い込めないタコり絶対禁止状態な上、グライダー性能も拮抗しているので、デッドヒート感半端でない感じかと思いますが、そんな中でも多くの日本人選手が上位において遜色ない戦いをしていて、日本のコンペ界もある程度は成熟してきているなあと感心している今日この頃です。ただ、オッサンオバハンばっかりで、欧州の選手みたいにメッチャ若いコンペティターがいないんで、お先真っ暗ですが・・・。

 まあこれも、日本には若いスポーツ選手を育成するという感覚や体制が、いろいろな要因が重なって醸成されていないことに大きな問題があると思うのですが、パラグライダーなんかやってる人が全然いないのに、団体が2つあるとか自体、もう終わってる感でいっぱいですし、そらそんな状態でオリンピック競技になることなんかないわなとも、個人的には思ったりする次第です。

 話は思いっきり脱線しましたが、国からも団体からも、参戦補助金が出る訳でもなく、若いとなればそうそう長い休みも取れない日本の現状で、そりゃ若い人がワールドカップに行ける土壌なんかないわなあ、なんとかならんもんかなあとは思います。まあ大体が、若い人はまず、パラグライダーとか中々買えん昨今でもありますし・・・。

 すっかり暗い話しになってしまいましたが、多分ポルトガルはそんなことかんけーなく、南欧の明るさと抜けるような青空で、気持ち良くフライトできているはず。必要以上に無理することなく、しかしアグレッシブに、ギンギンにフライトしてきて下さい。


「そうや、ガンガン飛んできてや!」と、思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


熱中症対策



関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/07/15(水) 10:05:58|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1974-6c211e46