鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

無化調だから安全な訳ではない

 オッサンは、このブログのラーメンネタで思いっきり書いている通り、「無化調信奉者。」です。





ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 ですが、だからと言って「無化調・自然派食品こそ安全!だから、ケミカル系は全て排除せよ!!」というような、「超強固自然派食品信奉馬○」ではありません。自然派食品でもエグいアクがあるものには毒性もありますし、キノコとかにも毒キノコがあったりすることはもちろん知っていますし、先日フェイスブックで書いたように、自然のものであっても、生肉や生魚にリスクがあるようなことも知っています。

 また、すべての化学添加物を否定しているわけでもありません。ラーメンの麺を作る際に必須であるコシを作るためのかん水が、天然のものであっても多少の毒性があることも調べてわかりましたし、わざわざ天然の名のもとに高いかん水を買うくらいなら、安い化学合成のものや代替品を使ってもいいのではないかとと思っています。

 同じように、こんにゃくを作る時にイメージ的にはホタテ貝殻焼成パウダーを使う方がより安全で美味しい気がしますけれど、化学的に生成された炭酸カルシウムでも、結局はさして変わることなく仕上がるものはほぼ同じだということも理解しています。ま、もしかすると天然であるということで混入するであろうミネラル的な成分の違いで、仕上がりに多少の違いがあるのかもしれませんが、オッサンの腐った口では、その微妙な違いは価格の違いほどは分かりませんので・・・。

 それなのになぜ、無化調を信奉するかというと、結局そういうお店は、無化調で良い味にするために、出汁や素材に拘ったり、味付けを無駄に濃くしたり、脂質を増やすことでごまかしたりしないように思うからです。

 ただ、無化調と謳っていても、以前このブログで書いたように、「化調は入れてないけど、たんぱく加水分解物は入れてるもんね。」みたいな、自分にとっては「嘘つき店舗」も、あるかもしれませんが・・・。だから、無化調だからと言って、決して安全な訳ではないのです。無化調=化学調味料は使っていません。というだけのことなのですから。

 そんな訳で僕の場合は、無化調であることは安全な食べ物の指針にはなっていません。自分にとって美味しいと思えるものに、無化調のものが多いという理由でそれらが好きなだけです。まあ、無化調でももちろん、出汁が薄くてまずいラーメン屋とかあります、そんな時には「こんなことなら入れろよ!化学調味料。」と、思うことすらあります。

 なお、惣菜やコンビニフードを買ったりする時に、必ず裏面の原材料・成分表などを僕が見るのは、「長く保存するために、アホみたいに保存料とか、防腐剤とか入れてあるようなもんとか、安いがゆえの素材のまずさをごまかすために、異常に色々なケミカル系の激安調味料で味をたしているようなものは食べたくない。」からです。これについては、できるだけややこしい物や安いけど美味くないというのものは食べたくない。という心理が働いています。

 という事で、おっさんになってあまりにも濃いものが食べれなくなってきた昨今は、自分で好き勝手に作る、親父が作った家庭菜園の野菜を使った、比較的シンプルな味付けの自家製料理が一番うまいと思ったりするのです。

 ほんとは、メッチャ素材にお金と手間と超絶技巧がかかり、素人の家庭料理では作ることのできない、お高くて美味しいものが時に外食できればいいんでしょうが、そこには厳然とした「財力」というものが関連してくる訳で・・・。

 そういうと最近、朝早くて自身がサボリ気味なのもあって、コンビニフードに頼りすぎてるなあ・・・。若干体が鈍ってきてる感(腹出てきてる感)もあるんで、久々に弁当生活にしてみるかな。


「ややこしいこだわりやのー。(苦笑)」と、思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


無添加食品

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/06/18(木) 12:26:51|
  2. 料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1956-638e6e03