鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

ノンノン!ちょこちょこ走り

 先日、過日行われた京の都カップのテイクオフシーンのビデオを見て、思ったことがありましたので、今回はそれについて書こうと思います。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 大会初心者の方からエキスパートまで、様々な方にご参加頂いた大会だったため、テイクオフについても、スキルの違いが大きく出ていて中々に興味深かったのですが、テイクオフが上手な方は、グライダースピードに上手く乗せて行くのが上手であると改めて感じました。

 そして、残念ながら上手くテイクオフができず、「ガクーン、ズルズルー」とか、「ボンヨヨヨヨーン」といった、「気まずい」テイクオフになる方は、グライダーのスピードに上手く乗れていなかったり、自分のコントロールが過剰であったり、リアクションが激しすぎたり無駄な動きだったりすることで、自分で必要以上にグライダーを動かしてしまい、ピッチコントロールも、ロールの動きもとめられないという方が多かったように思います。

 その中で、今まで自身もあまり大きくは気づかなかった事で、「助走の時に、ちょこちょこ走り」つまり、小股でささささっと足を回転させるような助走をする方に、飛び乗りや、ピッチが危うくなるなど、残念なテイクオフをされる方が少なくないように思いました。これは前述の通り、グライダースピードに上手く乗っていけなくなる原因に、ちょこちょこ走りがなっているからであろうと思います。

 こちょこちょ走りをせざるを得ないということは、基本、つま先立ちが多い感じになっているかと思います。要するに、体が浮きそうになっているのでしっかり走れず、こちょこちょ走りをせざるを得なくなっていると思うのですが、そのような「連れ去られる感じの浮足」では、グライダーのスピードに上手く乗っていける訳はありませんし、また、肝心なところで大きく斜面を後ろに蹴って、ラストの加速を決めることももちろんできません。

 また、そんな状態では余裕のある状況も生まれませんから、当然グライダーがどのくらいのスピードで動いているかも把握することは難しいです。よって自ずとどう加速していいかも分かりませんし、ピッチがどうなっているかもわからなくなります。

 そうして、走りがついていかず飛び乗ったり、グライダーが後ろにある場合は本来なら手を上げてグライダースピードを上げないといけないのに、加速しようと手に力を入れ、何故かブレークを更に引いてグライダーを後ろに落とし、ゴロンゴロンとコケていったりするのではないかと思います。

 そこで、そんなこちょこちょ走りをしてしまいがちな方にオススメしたいのが、「浮きそうになるに従って、ほんの気持ちだけ腰を落としていく。」つまり、ライザーに荷重をかけていく助走をすることだったりします。

 こうすれば、浮足立つのを防ぐことができますし、ライザーのテンションが抜けるのも防止できますから、翼の潰れなども少なくなります。また、ライザーテンションが増えることで、よりグライダーはスピードを上げる=サーチ的(ピッチダウン的)な動きになるので、助走距離を短縮できるという利点もあります。

 また、腰の位置が少し低くなることで、自ずと膝を曲げて走る形になりますので、自然に助走は大股になります。「そんなうまいこといくかい。」と思われたら、実際に斜面で少し腰を落とし、膝が曲がった状態でちょこちょこ走リをしてみてください。中々難しいと思います。

 大股で走れるようになれば、グライダーのスピードに綺麗に乗りながら、ポーンポーンと後ろ足だけしっかり斜面を蹴ればいい形になりますので、助走も楽ですし、また、助走スピードを上げやすくもなります。正面風が強めな時などは、助走スピードを急激に上げることなく、ゆっくりしたスピードでテイクオフするなどといった事も楽にコーディネートできます。

 それに腰の位置が比較的低いので、テイクオフを取りやめた時に、吹っ飛ばされてしまうリスクも大幅に軽減することができます。もういいことずくめで、よろしくない要素が見当たらない訳です。

 ただこれ、「なんや、そんな簡単な事やったらすぐできそう。」という訳でもなかったりします。「あのオッサンがブログで書いてたからやってみるか。」と思っていざやってみようとすると、上手くいかんということがほとんどかと思いますが、それもこれもやっぱり、「千本立ち上げ」が不足しているがゆえの、こちょこちょ走りだからかと思う次第です。
 
 是非、講習バーンでしっかりと上記の意識を持った上で、腰の位置をほんの少しだけ落とすことで大股で走れるような練習をガッツリして下さい。そうしてちょこちょこ走りがなくなったら、あなたのテイクオフは多分、見違えるようにいい感じになってることかと思います。是非お試し下さい。

 なお、これもビデオを見ていて思ったのですが、「大会で飛ぶのが上手いからといって、全ての人がテイクオフやランディングも上手い訳ではない。」ということでした。

 上級機に変えているからこそ、ご自身の安全のためにも、その実機でしっかり練習して頂きたいと思うと共に、最終的に世界でもそこそこいけるパイロットを目指すのであれば、どんな風であっても、ゲートオープンしていたらテイクオフもランディングも危なげなく出られるようになるレベルまで、しっかり練習して頂きたいと思います。

 なによりも、上級機に乗っているのに、グライダーに乗せてもらっていて、ほとんどその性能でなんとなくエエカンジで飛ばせてもらってる感というのが、個人的にはメッチャかっこ悪いと思うというのもあります。

 自身のグライダーにちゃんと乗れていなければ、海外の大会やトップコンペなどに参加することもできないですし、テイクオフとランディングが危なっかしいとか、安全をスポイルしていることこの上なしです。テイクオフやランディングがヘボいというのは、「己のグライダーを自分はうまく操ることができていません。」と宣言して飛んでいるようなものだと己に恥じ、より練習して頂いて、安全とより正確なコントロール技術を会得して頂きたいと思う次第です。

 という事で、改めて「ノンノン!ちょこちょこ走り!」という言葉を書いて、今回のおしまいとしたいと思います。ありがとうございました。


「確かにあるかも。」と、思われましたら
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


アウトドア用品


関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/06/08(月) 18:37:45|
  2. パラグライダー講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1948-defd035d