鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

ゆっくりキャンペーン、継続中

 「パラグライダーは「寝ぼけた」動きしかしない。だから、急がずゆっくり動かそう。」というのが僕の持論です。という事で、「ゆっくりキャンペーン」現在も継続中です。






ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 僕のゆっくりキャンペーンは、特にテイクオフにおいてガンガン行われているのですが、とにかく、「ゆっくり、しっかり上げて」、「ゆっくり振り向き」「必要であればゆっくり押さえて加速」という事を、口ズッパで言わせて頂いております。

 特に、「ゆっくり押さえて加速」という行為で出るためには、頭上でピタッと安定させられるレベルのゆっくり具合が必要です。(風が弱い時については除きます。)そのためには、立ち上げをしていく際の、ラインテンションの「逃がし」に、十分留意し、確実に実施する必要があります。

 ドバーンと上げて、ブリーンと傾いて、ズバーンとブレーク引っ張って、ズドーンと吹っ飛ばされるということが少なくないという方。少しご自分の立ち上げの仕方を思い出して頂きたいのですが、そこそこ風が吹いてる時に立ち上げる際、踏ん張った状態のまま上げていらっしゃらないでしょうか。

 吹っ飛ばないための踏ん張り、これが実は吹っ飛ぶ原因だったりするのです。

 踏ん張れば、ラインのテンションは緩むことはありません。そこに風が入れば、よりグライダーは勢い良く上がってこようとしますし、傾いた場合はそのスピードも自ずと早くなります。ここで大切なのは、踏ん張ることではなく、上がってくるキャノピーを迎えに行くような形で(ちなみにこれはリバースにおいての話しです。)ラインテンションを上手く逃がしながら、上がってくるスピードや、傾きを修正するステップを数歩踏むことです。

 この数歩で、劇的に立ち上げのスピードをコントロールし、また、横移動のステップも併用することで、傾きの修正をブレークを大きく引くことなくできるようになります。是非お試し下さい。

 実際、キャンペーン実施により、踏ん張る癖のある方から力が抜け、ゆっくりと確実に、安定してテイクオフができるようになってきました。「ちょっとした事で、えらい変わるもんやなあ。」という声も頂いております。

 焦り系テイクオフで、やたら動きまくりながら何とか出ているというお悩みを持つ方、ぜひ一度お試し下さい。寝ぼけた動きしかしないものは、一度安定させるとこれまた何かあってもそうそう素早く動くことはなく、寝ぼけた動きしかしないものです。

 ゆっくり動かして安定させ、楽しく安全なテイクオフとフライトをどうぞ。


「今度試してみるわ。」と、思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


アウトドア用品



関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/05/10(日) 12:09:01|
  2. パラグライダー講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1929-67e3c57c