鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

ゆっくりゆっくり・・・

 先日のクロカンプロジェクト、フライトできた日はかなりのサイドからの強風だったのですが、その時のテイクオフ動画を見て、僕はこんな風に思いました。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 「もっとゆっくりゆっくり出はったらええのになあ・・・。」と。

 風が強い訳ですから、あっという間にエアインテークに風は供給されます。自ずと立ち上がりは早くなり、何かあった場合の傾きや、ブレークをいじった場合の挙動も、自分の動きが早ければ早いほど、どんどんと早く、リスキーになります。

 更にこの日は、サイドの風でもあった訳ですから、立ち上げた時に行きたい方向に対して横を向いてしまっているグライダーを、上手いこと偏流で持っていってやらないと、リスクの少ないテイクオフはできない訳です。

 よって自ずと、ゆっくりゆっくり上げて、上手いことゆっくりグライダーを違う方向に向け、そして飛ぶための加速を行う必要がある訳です。

 そうです。もう最初から飛ぶ瞬間まで、ハードな風を出来るだけ受け流し、逃がしながら、限りなく安定を保ってテイクオフすることが、リスク管理の最大のポイントとなるのです。

 しかし風が強い時には、前述のようにグライダーはちょっとしたバランスの違いで傾きやすかったり、どでかいブレークの押さえに反応して恐ろしい揚力へと変わったり、必要以上の修正でブリーンと回ったりして危険この上ないですから、多くの方は出来る限り早く事を済ませて出て行ってやろうとする傾向にあるように思います。

 でも、これが良くないんですよねえ・・・。そうするから余計にブリーンとなったりするというまさにマッチポンプ状態・・・。

 それを払拭するには先のゆっくりとした動作なんですが、それを確実に行うには、このブログでもう何十回も書いている、「千本立ち上げ」つまりグラハン修行をやりまくって、自在にグライダーを操れるようにするしかない訳です。

 以前も書いたことがありましたが、チャリにはリスクなく乗れるように皆練習するのに、なぜかパラの場合、もひとつ操れてないのに乗っている人が多いような気がして、個人的には「こっちのほうが危ないのに、そんなんでええんかいな。」と思うことがあります。

 「地上を制する者は、空中をも制する。」ということわざ!?もあります。是非、ガンガングラハンして、強風や、ややこしい風でも、ゆっくり立ち上げて出られる技術を会得して下さい。そうすればもれなく、安心と安全、そしてソアリング技術もついてきます。

 相も変わらず、「千本立ち上げ」グイグイお勧めする次第です。


よろしければクリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


アウトドア キャンプ用品



関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/04/21(火) 23:14:09|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1920-65a34c9e