鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

最新コンペ機を見て思ったこと

 過日、バーズ大澤校長が乗る「ブーメラン10」を見る機会がありました。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 数年前から、「下手くそな人がコンペで無理やりコンペ機に乗って落っこちる。」という事を防ぐため、という理由で、(さらっと書いてますが、実は毒吐きまくりです。)ENなどの認証機でなければ大会に出られないルールに変更になったのですが、久しぶりに見たバリバリのEN-D コンペ機は、「ようこんなんで、Dで通るなあ・・・。。」と思うようなカブイたシロモノでした。

 改めて「上級機の認証は、安定した大気中で自分で翼を潰して、なにもしないでどう戻るなるかを見るだけのもので、荒れた大気での潰れやすさや、不測の事態に己のミス対処で回復できないなどといったリスクを回避できるものでは全くないなあ・・・。」と思った次第です。

 なお、昔のコンペ機と比べてより驚いたのは、コンペラインがより細く、より少なく、(まあ、最近のほとんどのコンペ機が2ライナーですから、もちろん当たり前にラインは少なくなる訳ですが・・・。)そして、キャノピー生地がより薄くなっていたことでした。

 「認証が通るのは、新品やからやろなあ・・・。」と思うようなセンシティブ(繊細)な作りで、ラインも生地も、ある程度耐久性を犠牲にし、それによって性能を出しているのではなかろうかという感じでした。まあ、トップコンペに出るような人は、毎年新機に乗り換えるでしょうから、耐久性についてはあまり気にしなくていいと思うのですが、プロとかセミプロとか業界人でないコンペティターにとっては、かなりきっつい設定なのではないかとそう思った次第です。

 ちなみに、その後フライトしていったブーメラン10は、流石最新コンペ機、乱れた空気中では若干繊細に動くような感じもありましたが、やはり驚くほど良く飛んでいました。

 それを見て改めて 「結局、認証機とかいうてもこんだけ飛ぶようになって操作も繊細さが必要な感じになるんやから、それなら認証の制限なんかせんでええがな。」と強く思った次第です。なんにしても、グライダーセッティングを弄れる人が、弄れんがゆえにコンペから離れてる感があるのはもったいないとそう強く思うからでもありますが・・・。

 それにしても、このブログでも何度も書いていますが、いつも新しいグライダーはやはり何らかの進化をし、良くなっているものです。まあ、進歩が無くなったら、その時はパラグライダーの終焉と言ってもいい気もする訳ですが・・・。

 なお、自分は全然進化しておらず、むしろ退化してるくらいなんで、最新コンペ機にはもう乗れんかもしれんです。

 おえんのぉ。

「まあ、大会にも出てへんのやから、そんな心配せんでええがな。」と思われましたら、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


行楽グッズ キャンプ用品

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2015/03/22(日) 23:02:56|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1909-83167cd8