鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

コントロールできるバンクを見極める重要性

 自分がどれくらいのバンク角まで自在にコントロール出来るかということを把握しておくことは、中上級者にとって非常に重要です。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 中上級者になると、サーマルの違いによって、様々なバンク角や旋回スピードで、「サブロク」を描くことが、効率良く上げていく為の大変重要な要素になることは、このブログでも何度か書いているかと思うのですが、その為には、自分がどの程度のバンク角(≒旋回スピード)まで自在にコントロールできているかを把握しておくことが非常に大切です。

 何故なら、ショットサーマルなどの「一回当てたら、そのサーマルからはずさないで回さないと、外した時に二度とそのサーマルに乗れなくなるような上昇気流」にあたった時に、自分の限界近くまでバンクをかけ、バキッと回ることでサーマルから外れるのを防ぎ、その後しっかりコアを掴んでから、できるだけバンクを戻して更に上昇効率をあゲルといったようなソアリングをする際に、ガツンとバンクをかけて回せないからです。

 多くの方はサーマルに入った時に、まずは様子を見るような形で、まったりと回ることが多いかと思います。いわゆるコアをサーチしながら、バンクをあまりかけずに大きめに回り、しっかりコアに入った状態から、ガツンとバンクを増やしていく方法です。

 この方法、ある程度大きなサーマルで、それもそこそこ上昇が良い場合には悪くないのですが、渋いサーマルだったり、前述のようにショット系やバブル系のサーマルだった場合には、サーチしている間にサーマルを外してしまったり、まったり回っているうちに流されてどこにサーマルがあったか分からなくなってしまったりする可能性があります。

 そこで少々渋かったとしても、ある程度の上昇が確保できる空域にいるのであれば、それをキープするために、敢えてそこそこのバンクをかけてクルッと回ってしまうことで、その空域にとどまることを優先し、その後徐々に旋回をバンクを戻す方向で調整し、上昇効率を上げていくという方法があります。

 この方法を行う時は、そこそこ思い切ってバンクをかけて旋回する必要がある訳ですが、それを上手に成功させるには、ある程度のバンクをかけて旋回することを、自分でしっかりとコントロールできなければいけません。ガツンと回ってみたはいいが、突っ込みすぎてその後スパイラルになるほどアホみたいに回ってしまったり、変なタイミングで体重をかけすぎ、翼端がバサっとなってしまったりしていては、なんの意味もないからです。

 以前も書いたと思うのですが、多くの人は低い位置において、風に流されると山に近づいてしまいそうな時に限って、まったり回る傾向がある気がします。思いっきりサーマルを外して大きく沈下したり、風に流された時に山にぶち当たりそうになるのを防ぐために、沈下をしづらく、周囲警戒しやすく、万が一の時に山から離脱するコースを取りやすいという理由でフラットで大きなターンを選択するのでしょうが、初級者の場合は自己の安全のために正解だと大きな声で言えますが、中上級者のソアリングとしては、基本的に間違っています。

 コアをしっかりと捉えて旋回を続けるためには、ある程度しっかりしたバンク角、つまり小さめの旋回が必要で、それをするが故に風下側に流されるのを防いだり、故に山にぶち当たるリスクを減らしたりすることも出来るからです。

 ただ、これには、しっかりコアを捉えられるコアサーチ力という技術も確立されている必要があります。つまり、これらがある程度できていないという事は、残念ながら中上級者ではないという事になってしまう訳です。

 低いところでフラットで大きな旋回、高いところでハイバンクで小さな旋回という方が多いのは、上記のような理由が主なのではないかと思いますが、効率的で粘れるソアリングを目的としているのであれば、方法としては逆にする必要があります。

 外したくない低い高度でのショボイサーマルだから、流されたり外さないように小さめに回り、高度が高くなって上昇率も良くなり、サーマル自体も大きくなり始めるからフラットにする、というのが、効率の良い中上級者が目指すべきソアリングの基本なのです。

 という事で、より効率的なソアリングを目指すのであれば、ある程度しっかりとしたバンク角で回れる技術というのは必須です。そしてまた、自分がコントロールできるバンクを、自らが正確に見極めることができるというのも必須事項なのです。

 今回、いつもにも増して同じことを何度も書いていますが、実際に自分でこの理屈を具体的にイメージするという事を、このくどい文章から行って頂ければと思います。

 と、ここまで偉そうに書いてきて、実は最近のオートマチック系ソアリング簡単グライダーにおいては、そんなややこしい事をしなくても、とにかくサーマルを外さないでフラットに回ってれば、いずれ上がっていくということも少なくなかったりしますという事実は、あまり大きな声では言えなかったりします・・・。

 今回のネタはあくまでも、渋いサーマルや、捉えどころのもひとつわかりづらい難しいサーマルやショット・バブル系サーマルを、できるだけ効率的に上げていきたい、もしくはその中で粘りたいという方への、一つのソアリング方法の提案であると考えて頂ければありがたいです。



クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ




関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/11/02(日) 22:41:50|
  2. パラグライダー講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1839-4c8616ba