鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

生まれたての子鹿、テイクオフに現る

 京都も台風直撃の模様で、現在どえらい風が吹き激しい雨が降りと大荒れですが、またもエリアの道が崩壊したりしないようにと、祈るしかないおっさんです。皆様もどうかお気をつけ下さい。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 さて、過日タンデムで八木のランチャーに上がった時、その時のタンデムのお客さんは、活きのいい男子大学生4名でした。

 最初に僕は、一番元気のいい兄ちゃんのタンデムをしたのですが、出る前にタンデムライザーに、パッセンジャーのカラビナを繋いで、説明をしようとしたところ、何故か自分が立っている場所のランチャー台を形成するスチール板足場が、カタカタというのです。

 「あれ?ランチャー台が震えるほど、強い風でもないのに・・・。」と思ってよく確認してみると、タンデムライザーからも振動が伝わってきます。

 そうです。前にいる兄ちゃんの足が、テイクオフの恐怖でブルブルと震えているのでした。

 こんなに震える若者は、おっさんの経験でも非常に珍しいことでした。「こ、これは・・・、今流行の草食男子故の震えなのか・・・。」とか、「今時の若いもんは、なんて言葉は、自分がしょうもないおっさんやと言ってるみたいで決して言いたくないねんけど、これは言うてしまいたくなるなあ・・・。」とか思ったりしたんですが、とりあえずこの驚愕の震えについては放置せず、突っ込んでいくことにしました。

 「ちょっと君ら、俺の前にいる人がブルブルと震えてる気がするんやけど、気のせいかなあ。」・・・と、おっさんは他の友達に向かって言いました。

 兄ちゃんはノリが良かったので、「いや、その事だけは言わんといてくださいよおっ!」とすぐさま反応し、仲間の笑いを取っていましたので、そこでおっさんは更に突っ込みました。

 「いやあ、自分の前に、生まれたての子鹿がいるんかと思ったわ。」・・・と。ちょっとうけました。

 結局、その兄ちゃんの震えはテイクオフの助走ではすっかり止まり、飛び出した後はその気持ち良さに、メチャクチャ喜んでくれたのですが、再び上がってもう一人の兄ちゃんをタンデムする時、友達をビビリと罵っていたその彼もまた、震え始めたのでした。

 「また自分の前に、生まれたての子鹿がいるわ。」と言って、再びちょっと受けたおっさんでしたが、「いやしかし、ほんま最近の男子は根性ねえなあ。」と心のなかで思いっきり思いつつ、「けど、子供の頃から外で遊んだり、木に登っておりれんようになったり、高いとこから身を乗り出すとか、危ない遊び全然せんとゲームばっかしやってたら、初めてこんな高いとこから飛ぶってなったら、そら震えるかもしれんなあ。」などとも思ったのでした。

 その後この兄ちゃんたちの間では、僕が子鹿ネタを振るたび、「それは言わんとってくださいよおっ!」て一番元気な兄ちゃんが叫ぶという、ちょっとした定番ネタになって盛り上がったのでした。

 そしてそれからしばらくして、今度は三人組の、「これぞオタク」みたいなパラをするには大変珍しい男子三人組がタンデムにやって来ました。仲間内でもかなり大人しく、更に対外的にはより一層リアクションが薄いので、中々しんどかったのですが、そのうちの一人のにいちゃんは、山に来てるのに、襟にはチェックの模様がつき、縦に細いストライプが入り、袖は真っ白で大きめという、今時の真面目青年風Jポップアーティストが着るおしゃれシャツを着ていて、おっさん「山に来るのになんじゃその格好は・・・。」と思った訳ですが、この彼がまた、フライトについての説明をしても、全くなんもしゃべらんので大丈夫かなと思ったら、やはり先日の兄ちゃんのように震えていたのでした。

 その時はランチャーじゃなくて斜面だったのでしばらく分からなかったのです。

 さすがに全くノリが良さそうな雰囲気はなかったので、凹んではいけないと思い子鹿ネタは封印してそのまま飛んだのですが、高度が余ったのでちょっとしたアクロ的動きをするかどうか聞いたところ、「お願いします。」ということだったので、軽くブンブンと振ったところ、これがまた、ハードな動きになるたびに、彼が着信バイブのごとくブルブルと震えるので、ちょっと笑ってしまいそうになりました。

 「そんなに怖いなら、やるって言わんかったら良かったやん。」・・・と。しかし、一方ではおしゃれオタクの外見でありながら、男気を見せたと考えることもできます。

 そんな訳で、彼がごっつい動きになる度に派手に震えるので、ちょっと面白くなってしまった意地の悪いおっさん。結構ハードなスパイラルも切って、そのブルブルを存分に感じ、彼の男気を全開に演出!?したのでした。

 それにしても、近々のうちで若いにーちゃんが三人もテイクオフで震えるなんて・・・。これからは、そんな男子が現れた時には、「生まれたての子鹿男子。」と名付けようと、そんな風に思ったおっさんなのでした。


「お前もごっつい条件の時に飛ぶ時は、生まれたての子鹿おっさんの癖に。」と、
思われましたら、クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


防災用品

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/10/13(月) 18:29:02|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1828-9d970f1c