鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

ランチャー台テイクオフで少しかぶらせ気味にする理由

 タンデムをやる際のホームエリアが、昨年の台風災害による道路の損壊で使えなくなっているため、現在、ランチャー台テイクオフから出ることが多いのですが、その時のテイクオフを思い浮かべた時に、「俺、少しかぶらせ気味にしながらテイクオフしてるなあ・・・。」と思いました。

 「それは何故なのか?」について、自分なりに考えたことを書いていきたいと思います。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 本来テイクオフにおいては、かぶらせることも、必要以上に押さえることもなく、キレイに頭上にキープしたまま助走を行ってテイクオフするのがいいことはもちろん分かっているのですが、「それなのに何故、少しかぶらせ気味(頭上より少しだけグライダーが前に走っているような状態)にしているのか?」と言うと、「機速をあえて上げることで、リスクを減らす。」ということかと思います。

 ランチャー台タイプ(ある意味では崖系)のテイクオフについては、特にランチャー台については助走距離が少ないですし、また、風が弱かったりすると立ち上げまでに時間がかかり、ランチャー台(崖)の端っこまで行っても、浮いていないということも少なくありません。

 端っこまでに頭上にグライダーが立ち上がっていて、助走距離が少ない場合は、そのままの状態で端っこに行っても駆け抜けていくような形で加速を続けてテイクオフをする必要があります。

 なお、端っこまで行ってもグライダーがちゃんと立ち上がっていない状態でありながら、取りやめることもなく、そのまま「とおっ!」ッて感じで飛び乗ったり(というか、飛び降り)する初心者の方なんかもたまにいますが、そのような場合は、ヒューンと下に消えた後、たまたま上手くエアーインテークに風が入ったりすると、「バーンっ!」なんて音がして、翼がちゃんとした形になった後で、スーッと滑空して行ったりすることもあります。

 まあ、たいていこんな時は、下の方にガサガサッとスタチンすることが多いかと思いますが・・・。

 ちょっと脱線しましたが、今は端っこまでにちゃんと立ち上げが完了している状態であるという前提に話しを戻します。この状態で、もしブレークの押さえが強すぎて機速が上がっていってなかったり、迎角が上がるレベルにまでなっていたりすると、例え端っこで駆け抜けていったとしても、スピードが上がっていないため滑空できるスピードに達することがなく、最悪の場合は足が離れたところから失速するかのごとく下に落ち、前記のようにスタチンする可能性があります。

 それを防ぐためには、キレイに頭上にあげているか、もしくはわざと少しかぶらせておいて、滑空スピードどころでブレークで抑えて迎角を少し上げるか、より強烈なダッシュをすることにより、そこから滑空させていくというテクニックがあります。それらの方法を行うがために、ランチャーテイクオフにおいて自分はちょっとかぶらせていることが多いんだろうなあと、そう分析した次第です。

 ただこれ、ちゃんと分かっていないと、ただ単にグライダーだけが先に行くという状況になり、最悪の場合、今度はかぶりすぎて前潰れし、どえらいことになるリスクもあります。(最近の初中級機では、余程の極端なアクションや、不必要な操作等をしない限りは、こんなことになるような気はしませんが・・・。)

 なお、上記で書いた「かぶらせる」という行為は、あくまでもわかりやすいように書いた表現であり、実際には「十分にコントロールできるレベルで少しだけグライダーを走らせている。」状態だと認識して頂けるとありがたいです。

 また、あえて走らせたグライダーを「浮かせるためにいい感じにブレークで押さえる。」という行為も、スムーズに、適切な引き量で行わず、急激で、またどでかい引き量でやってしまったりすると、前記と同じようにグライダーが後ろに行ってしまうような事になり、元の木阿弥となります。

 「そんな風にならんようにするには結局どないしたらええんじゃい!」と思われたかと思いますが、これについては、このブログで口ずっぱで書きまくっているアレ、「千本立ち上げ」、つまりグランドハンドリングの練習を、やりまくるしかありません。

 色々な風において千本立ち上げを行えば、離陸するスピードや浮きどころのタイミング、走らせたり押さえたりした時に適切な状態へ戻す操作の方法やタイミング、自分の助走スピードを変えることでの浮かせや、逆に浮かせない方法等が、理屈でなんだかんだ考えなくても、自然に身についてくるようになってきます。

 と、こんな偉そうなことを書いている自分も、昔はそんなことはこれっぽっちも分からず、自爆よろしくグライダーもできていないのに崖系テイクオフから飛び降りてスタチンしたり、急斜面のテイクオフでビビって押さえ過ぎてグライダーを後ろに落とし、しかし自分は止まりきれずに斜面をゴロゴロ転がったりしてきました。

 その度毎に、二度とそうならないようにと、反省と後悔を心に抱きながら、千本立ち上げ修行に勤しみ、まあ、昨今ではそこそこましになってきたという次第です。

 今回のこの記事の中身を読んで、「何を言うてるのかよう理解できん。」と思われた方は、まだまだ修行不足。そして、「言うてることはそれなりに分かるけど、実践についてはどうかなあ。」と思われた方も、まだ修行不足です。

 そして、そんな偉そうなことを書いている自分も、そこそこ長く飛んでいるという経験にあぐらをかき、横着してサボっている故に、明らかに技術的精度が落ちているだろうと点で、全くの修行不足です。

 そんな訳で、皆で改めて千本立ち上げに勤しみ、テイクオフ精度をより上げて、安全に楽しくフライトしましょうという締めで、今回はおしまいとさせて頂きたいと思います。ありがとうございました。


こんな事書いといて、ヘボい判断で最悪のタイミングで飛んで
久々に鬼のタッキングに入りかけた筆者を応援して下さるのであれば、
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ




関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/08/31(日) 00:23:49|
  2. パラグライダー講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1801-d3fb0ff2