鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都ラーメン食べ歩き 30軒目 「らーめん創房 日本一 ぱこぱこ」

 五条西小路を下がったところにある無化調店、「らーめん創房 日本一 ぱこぱこ」さんに行ってみました。



ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 「しかし、店名がぱこぱこって・・・。それに日本一って自分で名前につけてる店はなあ・・・。」と思って伺うこともなかったのですが、無化調店と言われれば、行かない訳にはいきますまい。
 ※ちなみに店名のぱこぱこは、店の電話番号の下4桁、「8585」から来てるらしいです。

 店のオススメである極上塩ラーメン(700円)を注文。

 明らかなあっさり感のある透明系スープに、極細麺。トッピングはメンマ・チャーシュー・水菜・九条ねぎという塩ラーメンが登場。まずはいつも通りスープを一口。お!珍しく無化調でありながら塩辛くない。そして予想通りの超あっさり出汁。店内に書いてあるように京赤地鶏を使用しているらしい鳥出汁に、魚介出汁があまり主張することなく絶妙なバランスで調合された、超あっさり出汁。

 あとで調べると、魚介は昆布やカツオ、ホタテなどが使われている様子。しかし、このスープが自分には、あまりにあっさりしすぎて・・・。美味いなあと思うほど、出汁が出ていない気がするのです・・・。しかし、バランスは絶妙。塩加減も絶妙。でも、「すげえ美味い!」とはならん自分。何かインパクトというかひと味というか、足りない気がするんですが、これはただ単に、自分の口が腐っているからなのかもしれません。

 次は透き通った感じの極細麺を頂きます。かなり腰のあるタイプ。あまりラーメンの麺らしい感じはしません。個人的には、「ちょっと韓国料理の冷麺の麺っぽいなあ。」という食感で申し訳ないのですがあまり好みではありませんでした。

 スープのバランスや塩加減は非常にいい感じで、素晴らしいあっさり具合。そして、麺との相性も悪くなかったのですが、どうにも自分との相性が・・・。好きな方にとってはやめられない美味さのある、超あっさり系無化調ラーメンでしょうが、僕にとってはちょっと物足りない、けどそれがなんなのかは、口と脳が腐っているがゆえに説明できない、相性がよろしくないということしかできないラーメンでありました。「口腐ってる癖に、いっちょまえに好みだけはすこぶるうるさいなあ、俺。」と、改めて思った次第です。


らーめん創房 日本一 ぱこぱこさんの評価 △

   評価 ◎ 筆者が何度もいきたいと思う店
       ○ 時としていきたいと筆者が思う店
       △ 筆者はもういかないであろう店

らーめん創房 日本一 ぱこぱこラーメン / 西京極駅



クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


ラーメン

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/08/05(火) 00:06:37|
  2. 京都ラーメン食べ歩き|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1787-031a84e1