鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

チキンナゲット事件で改めて思う

 チキンナゲット事件で改めて思ったのは、先日書いた記事やコメントでも書いた通り、「やたらやっすいものには、それなりのよろしくない理由がある。」ということでした。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 大体、スーパーで買ってきて家で作ったものと、外食やスーパーやコンビニでの惣菜なんかのコストを比べてみて、確かに大量購入と家で作る分だけというコストの違いはあるとはいえ、会社が成り立つ利益を出しているにもかかわらず、家庭で作るものに比べてやたらと安すぎるというのは、もうその商品が素材のコストを極限まで落とすことでしか成り立たないということは、ちょっと考えれば分かる訳なんですが・・・。なんせ家庭で作るものは、人件費とか食材の輸送費のコストとか入れませんし・・・。

 ちなみに、ネットで調べた、中国で流出したというマクドの原価表でのチキンナゲットの原価は、4個で日本円にして約25円だったようです。これに輸送費や人件費などが別途かかってくる訳ですが、それでも多分、期間限定で100円で販売した時でも、赤字になることは決してないでしょう。

 そうです。素材以外のコストを計算に入れず、料理の腕が変わらなければ、素材にお金をかけられる可能性のある家庭料理の方が、美味しいものが作れる訳です。

 ただしかし、プロの目利きや、プロのルートであるからこその、新鮮素材や珍しい素材。また、プロにしかできない料理テクニックや盛り付け。また、オリジナル料理にはそれをクリエートするレシピ想像能力など。また、料理を仕事にしている人ならではの、「時間を惜しみなく使った長時間調理。」など、家庭料理のレベルでは太刀打ち出来ない、様々なプロだから出来る料理もある訳です。

 外食で、そこそこ高いお金を出してプロの料理を食べるというのは、上記のような、「プロ」が作るものであるが故の素材やテクニック、そしてサービスにお金を払うものだと思う訳です。
 
 が、「家で作るのがめんどくさいから、家族で安く食べられる店が欲しい。」とか、「一人暮らしで、作るのも面倒だし、手軽だから。」といったようなニーズがあったが故に、比較的安価な料金で料理を食べることができる、ファミレスとかファーストフード店などが出てきはじめ、それらの店が多くなるに従って、競合による過剰競争や、生き残りや自己利益のための極限までの利潤追求。そしてまた、不況による消費者の「安価な外食価格への強いニーズ」があったがために、プロではない、料理もたいしてしたことのない人が、マニュアルを見ながらちょこちょこっと調理したり、もしくは調理もせず、ただ工場で作られた冷凍食品をチンして皿に乗せて提供したり、最悪なことには素材の安全まで度外視して、コストを削減するというような、こんな感じになってしまっているのではないかと思う次第です。

 で、そんなよろしくない、大衆向け外食産業の裏側を暴露したWEBページを見つけました。これがなかなか面白いので紹介します。

 なお、「俺は、安全とかかんけーねー。味の素も、やたら濃い味も大好き!ファーストフード命!」みたいな方は、読まれない方がいいと思います。読むとアホらしくなってやっすいチェーン店に行きたくなくなりますんで・・・。

 http://toyokeizai.net/category/gaisykou-uragawa
 「「外食の裏側」を見抜く プロの全スキル、教えます」 東洋経済オンライン

 ま、こんな記事書いてますけど、たまに「ただただ、安いから。」という理由で、○○○の牛丼、食ったりしてますけど・・・。

 前も書きましたが、たまには悪く無いと思いますが、しょっちゅうはねえ・・・。それに特にお子様には、味覚の成長や栄養面でも、やはりやっすいファーストフード系はよろしくないでしょうねえ。やっぱおかんの料理、それも「袋から出してチン」やないやつが最高です!!



クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


自然食品

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/08/03(日) 21:43:44|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1786-edd5600c