鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都ラーメン食べ歩き 29軒目 「本家 第一旭 たかばし本店 」

 朝から食べられるラーメン屋さん。京都駅近くにある老舗「本家 第一旭 たかばし本店」さんへ行ってみました。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


  ※ かなり偏った個人的嗜好でラーメンを評価しています。その偏った基準がどんなものかについては、
http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1152.html
↑ こちらをご覧ください。


 昔、非常に好きだった醤油ラーメンの店だったのですが、花園にある同じ系統の醤油ラーメン店「親爺」さんを知ってからは、足が遠のいていたここ第一旭さん。かなり久しぶりに行きました。

 というのも、このブログでもお馴染みの熊猫刑事がうちに泊まりに来て、「朝からラーメン行くか!」ということになったので、早朝5時から深夜2時までの23時間も営業しているこちらのお店にやって来た次第です。

 注文したのはラーメン。朝からラーメンでキツイかなとも思いますが、こちらのラーメンは比較的あっさり系なので、問題ありません。

 まずはスープを一口。出汁感が薄い、そして、塩辛さがちょっと勝ちます。昔はもうちょっと醤油感があったように思うのですが、塩のほうが強い感じ。ここは隣の真っ黒スープな新福菜館さんとはまた違った感じです。

 ただこれは自分がおっさんになったからとか、味覚が変わったとか、口が腐っていて昔のことをちゃんと覚えていないとかいう理由もあるかと・・・。でも、個人的に塩辛い感じだと思ったのは間違いありません。まあ、暫くするとすぐにその塩辛さに慣れていくのですが。なお、昔はもっと強烈だったように思う化調感はそれほどでもないような気もします。

 最近、出汁が薄いと思うお店では、塩分が強いと思うことが多いようです。出汁感が強いと、塩気が少なくても大丈夫なところが、どうやらそう思わせているのではないかと思います。昔はもっと旨味のあるスープだと思ったんですけど、今は自分にとってはスカスカ感が否めません。まあ、美味しくないまでのレベルではないのですが・・・。

 自分の好きな近藤製麺の麺や、(ただ、固めで頼まないと、自分はダメですけど)こてこてのオーソドックスなチャーシュー、そして九条ねぎともやしなど、スープや麺のバランスやトッピング的には好きなんですけど、どうも旨味という点で、昔ほど好きにはなれないなあと、改めて思った次第です。

 ただ、朝からラーメンが食べられるという魅力。そして、京都駅に近くて遠くから京都に戻ってきてすぐ、京都らしいラーメンを食べられるという魅力。自分も、関東で仕事をしている時に新幹線で京都に昼とかに戻ってきた時は、よくここに寄ってラーメンを食ってから帰ったものでした。そして、隣の新福さんと気分によってチョイスを変えられる魅力がありますね。

 ここのファンの方には、あっさり醤油系の京都らしいラーメンとして人気があるのも分かります。が、残念ながら自分の場合は、このタイプの醤油ラーメンなら、無化調で更に出汁が濃いお店をチョイスするかと思います。


本家 第一旭 たかばし本店さんの評価 △

   評価 ◎ 筆者が何度もいきたいと思う店
       ○ 時としていきたいと筆者が思う店
       △ 筆者はもういかないであろう店


本家 第一旭 たかばし本店ラーメン / 京都駅七条駅九条駅




クリックの程よろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


カップラーメン 袋麺 ラーメン

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/06/13(金) 21:00:26|
  2. 京都ラーメン食べ歩き|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

東京基準となっている自分にとっては、かなりあっさりのすっきり出汁感があって、朝からでも本当においしく食べられたよ。
東京はどんだけ濃い味のものを出しているのかということも改めて分かった。

「中華そば」というあんばいの程よいラーメン感は、酔っぱらった末の〆のラーメンにはぴったりで、仕事がはねたキャバ嬢から昼間から飲んでいるろくでなし、そして夜のサラリーマンが一杯飲んだ後、重宝する店だと思う。
価格的にも安価だし、酒飲み視点で見ると、素晴らしい店だと感じたよ。

  1. 2014/06/14(土) 23:47:33 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

確かに

 東京にはないタイプのあっさり系かもしれないなあ。そして、東京では中々見ないタイプの雰囲気を持つラーメン屋であるとも思うよ。

 関東に数年いた時は、俺もすっかり濃い味に慣れ、塩分も強いものが好きになってたんで、京都に帰ってきてなんだかんだ食べると、「薄いな・・・。」とか思ってたけど、今はまたこっちが長いから、関東方面へ行って食べたら、「濃いなあ・・・。」とか「真っ黒やなあ・・・。」って思うかもしれないなあ。

 ちなみにこの店、師が言うように、朝からラーメンは食べずに、餃子やキムチ、チャーシューなどを肴にビールをあおるおっさんやおばちゃんもいたりする。

 この日もそういえば、朝からまずつまみとビール飲んで、その後ラーメン食ってるおっちゃんがいたね。

 そうそう俺自身、前に師と、夜に京都駅付近で飲んで別れた後、どうにもラーメンが食べたくなって、ここでラーメン食べて腹ギンギンになって帰ったこともあるよ。

 悪くない店なんだけど、他の自分好みと比べると、ちょっとなあって感じ。まさに近くで飲んだ帰りとか、朝一でラーメン食べたくなったら、隣の新福さんと同じく、チョイスすることがあるお店ではあるけどね。

 今度は隣にある、東京の人も驚くかもしれない真っ黒醤油ラーメンの「新福菜館」に行ってみる?

  1. 2014/06/15(日) 13:57:36 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1757-3298b266