鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

ダッチオーブン アウトドアでデビューする

 先日買ったダッチオーブンが、遂に屋外デビューを果たしました。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 この間、ちょっとしたキャンプに行ったのですが、その夜料理をつくる際、「これはダッチオーブンを使うしかないやろう。」とそう思い、持っていった次第です。

 おもいっきり湿ったふる~い備長炭を持っていったが為に中々炭が熾らず、(ちなみに、京都では「炭がいこる」と言います。)苦労しましたが、いこってからはすこぶる快調。

 スキレット(フライパン)で、塩コショウ及び数種の多めのハーブを振った鶏ももと豚ロースブロックに焦げ目を付け、ダッチオーブン鍋にたっぷりの野菜を入れ、それらにも塩コショウをした後、その上に先ほどの肉を置き、蓋をして数十分待つだけで完成です。

 家庭のガス火でやっても、常に失敗のないダッチオーブンの鉄板料理ですが、炭火効果なのかいつも以上に鶏も豚もフワフワになった気が・・・。そして、大量のハーブが効きまくり、肉汁も吸った野菜がこれまたメッチャ美味い!!!

 という事でビールもガンガン進んで、アウトドアのダッチオーブン料理を堪能しました。

 ただ、薪や炭のススが付いたダッチオーブンは、翌日うちに帰ってからススを落とす作業が、かなり大変でした・・・。(当日は水場もなかったので、キッチンペーパーで拭いただけで処理しました。)まあこれも、アウトドアのある意味の掟。アウトドアの片付けが面倒なのはもうしょうがないです。

 なおダッチオーブンですが、家でも自分が料理をする時は、かなり愛用しています。これを買ってから、肉&野菜を入れてしばらく蒸す感じのロースト系の料理が増えました。

 あと、鋳鉄の厚さがいい影響を与えていると思うんですが、揚げ物を作るとこれがまた、カラリ&ホクホクに仕上がって素晴らしいです。うちのおばちゃんは結構あげる素材を鍋に大量に投入するんですが、薄い鍋だと多分それで油温が著しく下がると思うんですが、厚い鍋だと保温力が高いので、再度温度が上がるまでに短時間で済み、またその後温度の保持力が高いこともいい感じで揚がる要因になっているのではないかと考えています。

 また、同じく分厚い鋳鉄であるスキレットで焼く餃子が、激しくパリパリに仕上がって最高にうまいです。鉄鍋餃子を売りにする専門店などもありますが、それが良く分かる仕上がり具合で、今は餃子は、これでしか焼いていません。

 また、このスキレットでさっと肉を炒めるとかも美味く仕上がるのでよく使っています。お酒によく合うツマミとして、すぐに出来る最近のお気に入り肉炒めのレシピは以下です。

 ○ 砂肝・セセリ(小肉)・ハツ・軟骨等(もちろん鶏ももなどでもいいんですが)に塩コショウをし、更に多めのクミン、もしくは、五香粉(桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、花椒(カホクザンショウ)、小茴(フェンネル、ウイキョウ)、大茴(八角、スターアニス)、陳皮(チンピ)等を粉末にして混合した、中華の混合香辛料。)を少し多めに振り、しばらく置いておく。

 ○ スキレットに油適量を引き、そこに肉を投入して焼くだけ。
   (軟骨などについては、少し多めの油で揚げる感じにするとまた美味いです。)

 ○ 完成

 すぐできて、スパイスが素晴らしい香りと、肉の旨味を引き出して美味いです。

 ちなみに、かなりの頻度で調理に使用しているため、サビ等はほとんど発生しません。手入れも、洗剤を使わずにゴシゴシ洗って、薄く油をひくだけでそれ以上やることはなし。

 時に焦げ付いたり、サビができたら、洗剤やクレンザーで落とすか、プラス金ダワシで落として、数分強火にかけて黒錆付け。場合によっては真面目にシーズニングします。

 ちなみに、自分は再シーズニングをしたことは今まで無いです。あまり洗剤を使わず、またゴシゴシと真面目にも洗わず、油を残したままな感じで保管し、残った油が酸化しているような感じの時は、使う前に熱めのお湯で洗いながして、油返しをしてから調理している事で、いい感じで使えています。錆びるのはやっぱり、アウトドアで年に数回しか使わないからかと思います。

 という事で、ダッチオーブン大活躍中です。自分は下記の蓋がスキレット(フライパン)になっている物を使っているのですが、上記の通りスキレットがえらいいい感じで使えるので、断然この蓋スキレットバージョンをオススメします。







ダッチオーブン、ガンガン使っとるなと思ったら、
クリックの程よろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


ロッジ ダッチオーブン
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/05/20(火) 23:55:51|
  2. 料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1748-47e59c6f