鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都北山登山 「黒尾山」

IMG_6155.jpg 悩ましい風の中、なんとかいいタイミングでタンデムフライトを終え、本日のフライトは終了。まだ昼過ぎだったので、帰りにちょっと山に登ってみることにしました。






ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 先日の山歩きで落として、取りに戻った愛用の山と高原地図「京都北山」を広げてチョイスしたのは、帰り道の477号沿い、京北柏原町にある「黒尾山」。






 柏原町から林道を北上するルートを歩くことにして、その林道の東側の477沿いに、ほ場整備碑というのがあり、そこに広いスペースが有ったので、車を置かせてもらって出発。

 どうやら京都一周トレイル京北のルートになっているらしく、林道の入口に案内標識があります。林道は車が通れるような広い未舗装道ですが、昨年の台風の影響がここも甚大だったようで、倒木や道の崩れ、沢の氾濫による土砂流出などがあって所々で道は寸断され、車は通れなくなっています。

 沢が交差している場所では、林道の土の下で沢を通していたであろう大きな土管が、土砂流出によりむき出しになっていたりして、昨年の台風被害をまた見ることとなったのでした。

 そんな林道をしばらく行くと、京都一周トレイルの案内標識が。ここから登山道を登っていきます。道は歩きやすく、案内標識があるので迷うこともなく快適です。

 しかし京都一周トレイルの案内標識は、お役所仕事にしては珍しく、非常に分かりやすくまた的確で、地図がなくても行けるくらいのレベル。しかし、だからといって地図がなくてもいいと言っている訳ではありません。万が一の遭難リスクを防ぐ為にも、余程登山道を熟知している山に行く以外は、地図の携帯は必須でしょう。

 さて、そんな素晴らしい京都一周トレイルの案内標識ですが、その立派な標識や、時に親切すぎるのではないかと思う数の設置数に、「いいんやけど、これもなんらかの利権をむさぼるための材料になってるんやったらまさに税金の無駄遣いでもあるなあ・・・。」と複雑な気持ちになるおっさん・・・。

 そんなこんなで、ずんずん登って行くと、また案内標識。



IMG_6160.jpg










IMG_6159.jpg
この写真の画面斜め左上に向かって上がっていきます



 点線表示で黒尾山とあったので、あまり踏み跡もない斜面を適当にガスガス上がっていきます。

 尾根上について右側にしばらく歩いて行くと、黒尾山山頂に到着しました。麓から大体40分程で着きました。それまで、南側の斜面を歩いていたので風は吹いていませんでしたが、今日は北風がベースだったため、山頂につくと結構涼しい強めの北からの風が・・・。「よくこんな風で今日飛んだなあ、俺。けど、今日は中々いい仕事をした。」などと自画自賛しつつ、しばらく休憩したのでした。



IMG_6158.jpg
山頂にあった案内標識










IMG_6156.jpg










IMG_6157.jpg
山頂から見える景色
三頭山方向


IMG_6155.jpg
三角点とおっさんの山登りグッズ
ちょっと派手な帽子と、黒いコロンビアのデイパック
そして塗装剥がしバージョンの旧山専ボトル



 地図を見ると東に城跡があるその名も城山というのがあって気になったのですが、ここまで行くとそこそこ時間もかかるので断念。しかし、同じ道を通って戻るのも芸がないと思って、戻りは沓ケ谷から下ろうと思ったのですが、道無き道を適当に歩きすぎて結局最初上がってきた道に合流・・・。どうやら一尾根越えきってから谷筋に降りていかなければいけなかったようです。

 そんな訳で、適当に道無き道を歩いたために、帰りも40分程で麓に到着。結構軽めの山歩きとなりました。特に眺望も良くなく、変わった植生などもありませんが、静かで歩きやすい道で、中々気持ち良かったです。

 なお、戻ってから調べると、城跡は明智光秀が作ったという周山城跡らしく、大規模な石垣と井戸跡などが残っているとのこと。今度は城跡にも行ってみたいと思います。


地図持ってて読めてへんかったら意味ないやんけ!と思ったら
クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


山と高原地図 
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/05/06(火) 23:47:07|
  2. 登山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1740-832c4d3e