鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

びわ湖バレイでゴールデンウィークの混雑というものをまざまざと見たおっさん

 今日は、びわ湖バレイでタンデムをしたんですが、ゴールデンウィークのレジャー施設の混雑というものを、おっさん久々にまざまざと見たのでした。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 日本一速いという山頂までアプローチしている120人乗りの大型ロープーウェイは、通常は20分間隔で運行し、景色を見るために最高速ではなく山頂まで約5分の減速運行を行っているのですが、今日は朝から駐車場にどんどん車が入り、ロープーウェイ乗り場に大勢の人が列をなすという状況だったため、午前中早いうちは運行間隔なしのピストン輸送。更には速度もいつもよりか心なしか速い感じで、そのピストン輸送の成果もあって、山の上に上がると、どこもかしこも人だらけ。

 今は、30万株あるというスイセンの花畑が大きな売りになっていて、山の斜面一面に黄色い水仙が咲き乱れているのですが、ここもまあ人、人、人。

 そして、パラグライダーが飛び立つ山頂付近も凄い人で、パラグライダー見学の方も超多数。

 人に見られるのがメッチャ嬉しいフライヤーの方がいたとしたら、嬉々としてちょびりまくるであろう環境になっていました。とかいいつつ、自分もソロでフライトした時は、リバースで立ち上げた後しばらく頭上でキープしたりして、ちょびりまくりましたが・・・。

 びわ湖バレイの春・秋の超オンシーズンに山に上がったことはなかったので知らなかったのですが、レジャー施設というものは、ゴールデンウィークともなると、こんなにも人が来るんだなあと、その凄まじい人出に、驚いたおっさんなのでした。

 しかしその一方、パラグライダーのお客様は、大変に残念ながら世間一般的なゴールデンウィーク仕様ではなく・・・。スカイスポーツの衰退具合に悲嘆にくれるおっさん・・・。

 さて、そんなゴールデンウィーク後半まっただ中の、お天気が良いのも今日くらいかという、この日のびわ湖バレイの条件は、思った以上に渋いながらも、朝から午後一くらいまでずーっと粘れる条件ではありました。

 2時位からかなり風が強くなってフライト終了になったようですが、それまでは山際で頑張っていれば、軽くトップアウトしてまた下って、また上がってという感じで、ちょっと強めの東風にブローが乗ってやってくるのを引っ掛けるとずーっと飛べるという状態で、中々気持ち良くフライトできていました。

 自分も前述のように、お昼くらいにソロで飛んだのですが、メタボボディーに借り物のXSサイズは、やはりちょっと小さかったようであるのに加え、重いがゆえにグルグル回るその旋回を上手くコントロールすることができず、洗濯機のごとくアホみたいに回ることしかできないヘボテクニックが拍車をかけ、山から少し離れたところでブローを引っ掛けて少々粘ってみたものの、上がりきらずに山に戻ることができなくなり、ほぼぶっとびに近い感じで一人撃沈していってしまったのでした。

 そんな中でも、やはり粘りまくり、ブローを掴むと誰より高い位置にいるT林さん。伊香立でフライトした時に、凄く狭い範囲でずーっとリッジを取って飛んでいて、時間が経っても常に同じような感じで飛んでいて、「まるで静止画のようや。ほんま飛ぶのがごっつー好きな方なんやな。俺には絶対あんな粘りの飛びはできん。」と思ったことがあるのですが、今日もまたそのことを思い出したのでした。

 さて、そんな一人ぶっ飛びのおっさん、途中尾根の突端あたりでちょこっと粘って回していて思ったのですが、それはびわ湖バレイでもコンバージェンスはもちろんあるということでした。当たり前ですが・・・。

 しかし、このコンバージェンスが、あまり続かないというか、いい感じで育っていかない事も多いように思った次第です。

 今日は上空に強い逆転層がある感もあったのでそのせいもあるのだと思うのですが、琵琶湖というどでかい湖(水)があるせいで、平地側で大きな風の変化が起こりにくく、よってコンバージェンスも風向きが変わることでの風のぶつかりというよりは、ブローとブローのぶつかりとか、風の強弱による押し上げなどのパターンでの比較的小さなコンバージェンスであるために、リフトに入る前にえらくグラグラするコンバージェンス特有の状況を感じても、その後もうひとつ上がりが悪かったり、霧散してしまうような感じがあるのではないかと考えた次第です。

 事実今日はランディングのある浜辺は、始終大変穏やかな風で、風向きもそんなにコロコロは変わってはいませんでした。ここのランディングもほんといかにもリゾートな感じで、木陰で琵琶湖を眺めながらボーっとするのがおっさん大好きだったりします。

 さて話しは脱線しましたが、という事でびわ湖バレイでは、本日のように上空の本流が比較的強い状況ではなく、風が比較的弱めな感じの方が、コンバージェンスの発生や継続性が強くなるのではないかと思う次第です。

 と書いてよく考えると、どこのエリアでも、原理的には同じだと気づいたり・・・。ただ、でかい湖があり、テイクオフする山がどでかい分、びわ湖バレイエリアでは、とても良いサーマルコンディションになるための条件に若干シビアなものがあるような気が、何度か飛んでしてきた今日この頃だったりします。

 またフライトして考察し、うだうだ書いてみたいと思います。なお、「いや、俺はこう思う。」とかありましたら、このブログへのコメントでも、どこかのエリアでお会いした時でも、是非お聞かせ下さい。よろしくお願いします。


借りてばかりじゃなく、己ので飛べ!と思われましたら(まさにおっしゃる通りです)
是非クリックの程お願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


国内旅行

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/05/04(日) 23:32:59|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1738-62a8ba2a