鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都東山登山 またも比叡山に

IMG_6074.jpg 3月の連続比叡山登山により、若干の体力回復を感じたおっさん。比叡山縦走シリーズ最長となるコースでの山歩きに挑戦することにしました。






ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 この日のコースは、京都大原パブリックコース(ゴルフ場)-大尾山-仰木峠-水井山-横高山-西塔-叡山電鉄八瀬比叡山口駅。

 地図を見ていたら、大原パブリックから登山道らしき道が伸びていました。ほとんど使えないであろうという予感はしたものの、まあなんとかなるだろうと挑戦してみたのです。

 4月中頃のこの日、丁度オヤジが家庭菜園に行くところだったので車に乗っけてもらい、大原パブリックへ。降りてそれらしい登山道を探しますが、ゴルフ場のメンテスタッフ用らしいプレハブ小屋の横に林道らしきものがあったので、そこを行きます。

 しばらくは沢沿いに、それなりに踏み跡もあったのですが、すぐにそれもなくなり、予想通り道無き道を行くことになりました。沢沿いを歩きつつ登っていったのですが、徐々に沢が細くなってきたので、思い切って急峻な斜面を登って尾根に出てしまうことにしました。丁度その頃、何頭かの鹿が見えたので、獣道的なものもあるだろうとそう思ったからです。

 結構急な斜面でしたが、特に大きなリスクはなく、尾根に出ました。ここから尾根をしばらく行き、再び急峻な斜面を登ったところで、高圧線が見えてきました。その高圧線を目標に更に登ると、高圧鉄塔のある見晴らしのいい場所に出てきました。遠くには蓬莱山も見えます。



IMG_6063.jpg










IMG_6064.jpg
蓬莱山方面










IMG_6065.jpg










IMG_6066.jpg

 


 ここからは、鹿よけのネット際を更に尾根伝いに登っていきます。この辺りからは、急峻な場所もなくなり、歩きやすくなりました。また、それまでは雑木が多かったのですが、ここからは杉林の中を歩くことが多くなりました。

 どんどん歩いて行くと、尾根の向こう側に琵琶湖側が見えるようになってきました。丁度パラグライダーの伊香立エリアのテイクオフの上あたりではなかろうかなどと思いながら更に歩くと、再び高圧鉄塔が出てきました。
※後に調べると、伊香立テイクオフは大尾山の東北東あたりに位置していました。

 

IMG_6067.jpg










IMG_6068.jpg


 
 この高圧鉄塔を過ぎて更に鹿よけネット沿いの尾根伝いに歩いて行くと程なく大尾山に到着しました。



IMG_6069.jpg










IMG_6071.jpg





ここで、仰木峠へと向かう道を確認しようと地図を出そうとしたところ・・・。

 地図がありません。ザックのサイドポケットに入れてあった地図がないのです。どうやら、一緒に入れていたタオルを出した時に落ちてしまったようです。

 「ぐはあぁぁぁぁぁ。」

 諦めようかと思いましたが、地図は一つではなく、地図に地図を挟んでいたというダブル仕様。2つなくすのは結構惜しい。という事で、あまりにも戻る形になるようなら、もう今日の山歩きは終了しようということにして戻り始めました。

 途中で一つ手前の尾根を少し降りてしまいロスタイム。2つの高圧鉄塔を戻って、結構な急斜面を下り、更にもうひとつあった急斜面を全て下るようであれば今日は終了!と思いながら少し降りたところで、地図発見。やはり、タオルを出し時に落としたようです。

 「もう、サイドポケットには地図は入れへんで。というのも、前にも一回サイドポケットが木に引っかかって地図を落とした事があるから。」と強く心に決めつつ、一生懸命戻って、2つ目の高圧鉄塔の手前で、鹿よけネットに引っかかって死んでしまったらしいキツネらしき生き物を見て大いにビビりつつ、再び大尾山に戻ってきました。

 ここからは、以前も通ったことがあるので精神的には楽に歩けます。結構しっかりした林道があるのですが敢えて避け、平行する登山道を歩いていたのですが、暫く行くと登山道はなくなり林道と合流。その後暫く林道を歩いて、小野山んへと向かう登山道へと再び入ります。

 少し登って行って小野山に到着。特に眺望もないので、どんどん先に進みます。



IMG_6072.jpg



 暫くの間少し暗い杉林の中を歩く形になりましたが、明るくなってきたなと思ったら、どーんと開けた場所に出てきました。びわ湖や琵琶湖大橋も綺麗に見え、凄く気持ちのいい場所です。林道が下から繋がっているので、どうやら成長した杉の木を大量に伐採して、この開けたスペースが出来たようです。



IMG_6074.jpg
ドドーンと見えた琵琶湖大橋を望遠で撮影
以前であれば大橋手前左側に見えるはずの観覧車「イーゴス」は
2013年9月より解体が行われ、ベトナムに輸出されました。




 ここを過ぎてしばらく行くと、仰木峠に到着。少し戻って先ほどの景色のいい場所で、少し遅い昼食を摂り、水井山へと向かうルートを取ります。

 この道は何度も歩いていますが、水井山、横高山と、登って下ってまた登って下ってというのが、結構急な斜面になっていてなかなかつらいです。積雪がある冬場にオクターと一緒に来た時の、下りの滑落の恐怖と戦ったことを思い出しながら歩いたりしていると、なんとこの時期にしてまだ雪が残っているところもありました。どうもこの二、三日中で、4月に入ったというのにごっつい寒い日があったんで、その時に降ったのが残っていたようです。



IMG_6075.jpg



 その後、このしんどいアップダウンを切り抜け、西塔あたりから八瀬へ下るルートへと入ります。結構広い林道を下って、中腹にあるA型バリケード※1のところから左にある登山道を行くルートです。
 
9xoN_1120880.jpg
 ※1 A型バリケード
これ、A型バリケードっていうんですね




 登山道は相変わらず、ガレっていて捻挫注意報絶賛発令中で中々歩きにくいですが、おっさん何とかグキッとなることもなく、無事にケーブル八瀬駅へ到着。

 前半の地図取り戻しによる余計な小一時間の歩きですっかり疲れきったおっさんは八瀬で音を上げ、当初の予定では家まで歩いて帰る予定だったのですが、八瀬比叡山口駅から叡山電車に乗って家へと戻っていったのでした。

 結構歩きました。かなり疲れました。


ほんま山ばっか行っとるなあと思ったら
クリックの程よろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


国内旅行 旅行グッズ
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/05/02(金) 23:50:46|
  2. 登山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1736-fffd00f9