鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

STAUB ストウブの鍋

 先日、安くて美味いフレンチビストロに行ったのですが、ここで食べたもので、STAUB ストウブの鍋を使っている料理が出てきました。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 おフランス風肉じゃがは、全ての肉素材がふわふわとろとろに仕上がり、肉の旨味の一部はじゃがいもとスープにもうつって全てが大変美味しく、また、ミンチ肉のグラタンは、クリーム仕立てではなく、マッシュポテトが上に乗っていて、このマッシュポテトもジューシーでフワフワ、そして中にはいっていた牛ミンチも肉汁たっぷりでホワホワに仕上がっていて絶品でした。

 これらの料理に使われていたのが、STAUB ストウブの鍋だったのです。

 一緒に行っていたおばちゃんがこれを見て、「あ!この鍋雑誌かなんかで一つは欲しい鍋とかいうて書いてあって、紹介してた料理がメッチャ美味しそうやったし欲しいなあと思って値段見たら、あまりにも高かったし、がっくりなった奴や・・・。これがストウブかあ。」と言っていました。

 確かに見た目真っ黒な分厚い鉄製で、持つとかなり重く、一度買ったら死ぬまで使えそうな重厚な作り。「こりゃ確かに高そう。まあ、フレンチやから当然おフランス製やろなあ。」と思って、帰ってから調べてみると、このストウブ、かなり有名な鋳物ホーロー鍋メーカーでした。

 鋳物ホーローといえば、料理好きおしゃれ系奥様などに大人気のお高い鍋、「ル・クルーゼ」で有名ですが、このストウブは、おしゃれ奥様の華奢な細腕で持つにはかなり重い、オシャレ感の全くない超絶ブラックで仕上がっています。どちらかと言うと、自分のようなおっさん(男)が「かっちょええなあ。」と思うような調理器具といえるでしょう。

 ※ブルーやピンク、ワインレッド等の色付き製品もあるようです。ただ、ル・クルーゼのような明るい色ではなく、全体的に渋い色調で仕上げられています。

 メーカーのページを見てみると、売りは「セルフ・ベイスティング・システム」。蓋の裏側についた小さな突起から蒸発した食材の旨味を含んだ水蒸気が再び食材に降り注ぎ、水分を失うことなく、スチーム調理的な形で調理が行えるというもの。

 また、オシャレ奥様の華奢な腕を破壊しそうな程の重量が、ちょっとした圧力鍋的な効果を生み出していることも、食材が柔らかくなる秘密のようです。
 
 そして、この鍋がお高くなる理由は、一つ一つ個別に砂型を取って職人が手作りしている事が、その最大の理由かと思われます。その自己製品の高い品質の自信として、家庭で通常利用していて不具合が生じた場合、新品と交換するという、生涯保証制度という保証もつけているようです。

 ちなみに、どれ位高いかというと、アマゾンで調べてみるとこんな感じです。






 高ーーーっ!!上手く使えば、孫子の代まで使えるとはいえ、高い!!さすがはおフランス製の手作り製品。貧乏人のおっさんには、手が出ない富豪価格です。

 ちなみにこれでも、同サイズのル・クルーゼよりはちょっとお安い様子。うーんしかし、ちゃんとした調理器具はやっぱり高いなあ・・・。
 
 と、その時、おっさんの頭にあるものがよぎりました。

 「これ、アウトドア用品のダッチオーブンと似てるんとちゃうの?」・・・と。

 で、調べてみたところ、ダッチオーブンは同じ鋳鉄でも、ホーロー加工していない、鋳鉄そのもの。要するに、鉄そのもののため、錆びやすかったり使用後のお手入れが若干面倒だったりするようです。ただこれについては、鉄製鍋関連を使いまくっているおっさんにとっては、何ら問題ありません。

 この手入れの問題さえ気にしなければ、調理効果的には大きくは変わらない様子。更には元々はアメリカ西部開拓時代、カウボーイなどが野外で、焚き火にくべ蓋の上にも炭をおいたりして、オーブンのような形で調理をしたことが始まりのアウトドア仕様なので、ホーローのようには扱いに気を使わなくて大丈夫なところも悪くないです。

注:鋳鉄製品は、急激な温度変化で割れたり、高いところから落とすと変形したり割れたりすることもあるようで、非常に頑丈であるとはいえませんので、その辺については注意が必要なようです。

 とここまで、いつもの様にウィキペディアなんかで調べていると、なんと、このダッチオーブンから派生した家庭用の鍋が、ル・クルーゼなどのモダン・ダッチオーブンと呼ばれる鍋になっていったとのこと・・・。ちなみにルクルーゼは自社製品を、フレンチオーブンと呼んでいるようです。

 おっさんの思いつき、どうやら先祖をたどっただけだった様子。という事で基本的には、これらの鍋は、オーブン料理を作るというのがベースのようです。

 さて、ちょっと脱線しましたがダッチオーブン。ホーロー加工されていない分、やはり値段がお安かったです。米の有名メーカー、ロッジ社のダッチオーブンはアマゾン調べてこんなお値段でした。

 ※家庭用のコンロで使いやすい、足がついてないダッチオーブンを下記では取り上げました。



 うん、これなら少し頑張れば手が届く感じです。

 そんな訳で今ちょっと、ダッチオーブン欲しい病にかかってたりするおっさんです。 



クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


ダッチオーブン ル・クルーゼ ストウブ
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/04/18(金) 23:45:52|
  2. 料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1728-bbb2c728