鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

やっぱりランディングは難しい

 僕はいい加減なので、自分のフライト本数や時間などは把握していません。が、そこそこ長くはやってるんで、それなりには飛んでいると思います。



ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

 
 また幸い、ある時期アホのように千本立ち上げ(ライズアップ)修行を行ったおかげで、テイクオフに関しては、まあそんなに危ない感じになることはなくなったと自負しています。

 しかし未だに、「やっぱりランディングは難しいなあ。」と、そう思います。

 先日タンデムをやった際、曇り空で風が非常に弱く、向きも一定していない状況で、明らかにファイナルアプローチは延びる事が予想されました。ランディングが狭かったこともあり、どうアプローチするかかなり悩みました。

 結局、通常良く使うアプローチで入ることにして、最後の調節でなんとか誤魔化すことにしたのですが、ファイナルに入った時に少し風向きが変わったこともあり、予想以上に延々と延びる事となってうまく誤魔化すことはできず、危険なことなどは何らなかったのですが、予定の場所よりもかなり先にアウトすることになってしまいました。

 2本目はその時のことを踏まえて、大きくアプローチの方法を変え、上手くほぼ狙ったところに降りることができたのですが、「一本やらかしてからでないと上手くいかんとは、まだまだ修行が足りんなあ。」とそのように思った次第です。

 ランディングだけは、飛ばないと練習ができませんし、また、風の状況や気象条件によって、もう同じパターンは二度とないと言っていいほど状況が変わりますので、非常に判断や、調整が難しくなります。

 ほんとランディングだけは、実際のフライト=経験でしか上達する余地がないので、上手く安全に降りるためには、やっぱり本数を飛ぶしかないなあと、改めて感じた次第です。

 聞いた話しでは、今年の春は中々ハードな感じの気象であるせいなのか、事故の報告が結構多いようです。そして多くの事故は統計的に、テイクオフかランディングで起きています。

 未だどこのパラグライダー団体も、出来る限り事故について公表したくないように考えているようですが、既に衰退を如実に感じるほど愛好者が減り、メジャースポーツになる芽はほとんどなくなってしまっていると個人的には思いますので、一般の方々のイメージを気にするより、愛好者への注意喚起のため、事故報告はホームページ等できちんと公にした方がいいように思うのですが・・・。

 そんなスカイスポーツには残念ながら必ずつきまとう事故を防ぐため、ピッチやロールの安定、そしてフレアのタイミングなどについては、やはり千本立ち上げ(ライズアップ&グランドハンドリング)練習が非常に有効になると思います。そして久々のフライトでの落ち着いたランディングアプローチに寄与するのは、意外に講習バーンからの度重なるS字フライト練習だったりすると思う次第です。

 今年は初春のフライト条件がよろしくなかったこともあり、ここ最近になって久々にパラ活動をするという方も多いかと思います。今年については4月にしてなお、かなりハードな春のコンディションを感じる日が気がしますので、十分な事前練習で、久々のフライトや、春のコンディションフライトに対応されることをお勧めする次第です。

 自分にも肝に銘ずるため、記事にしてみました。という事でお互いに安全で楽しいフライトをしたいものですね。 


お前も久々に千本立ち上げ修行が必要なんちゃうの?(その通りです。)
と思われましたら、クリックの程どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


国内旅行 旅行
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/04/14(月) 23:56:28|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1726-a4a0e205