鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

初中級パラ講座 第14回 「 ソアリング実践 リッジソアリング その2」

 今回は、効率の良いリッジソアリングの追求についてお送りします。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 リッジソアリングは、前回の記事で書いたように、斜面上昇風を利用してソアリングをする方法です。そんな中、効率良くソアリングを行うには、「斜面上昇風が強いところに、いかに長くいることができるか。」にかかってきます。
 
 まず第一に大切なのは、リッジ帯がどのような幅で、どれくらいの長さ形成されているかということを、正確に把握するということです。リッジ帯を正確に把握していれば、その範囲でフライトをすることで、沈下を少なくすることが可能です。 

 更に慣れてくれば、そのリッジ帯の中で、より強い上昇帯を把握することができるようになってくるかと思います。そうなったら、今度は、できるだけその中でリッジを取るようにソアリングしていきます。場合によっては、180度ターンだけではなく、360度旋回を使ったりして、今までいた場所から一段上に行き、更にアドバンテージを取るという方法も取れるかと思います。

 ただ、それらを重要視するあまり、他の人の迷惑になったり、空中接触をしそうになるような愚かな事はしてはいけません。リッジソアリングでは、他機空域を共有することも多いですから、常に十分な周囲警戒を行い、基本譲りあう心で余裕を持ってフライトしなければいけません。

 また、沈下を防ぐには、旋回する場所にも留意する必要があります。旋回には必ず沈下が伴いますので、上昇風が強い箇所で、なるべく下がらないよう旋回することが重要です。尾根の先っちょなどのサーマルトリガーとなる場所や、風が収束して上昇が強くなっている箇所など、リッジソアリングにおいては、風向きによって変わりますが、「下がらない場所。」というのが、その時々の風向きによって決まっている場合が多いですから、そのポイントで旋回するようにすると効率の良いフライトをすることが可能です。

 なお、前回の記事でも書きましたが、直線フライト時のグライダーの向きでも、沈下を防ぐ事ができます。リッジの基本である、風が吹いている方向にある程度向けた「偏流飛行」を行うことで、グライダーはサイドの風を大きく受ける形ではなく、より上昇風側に向くことができます。

 それにより、より上昇風を取り込むことができますし、また機速も少し落ちることで、より長く上昇風帯に留まることができます。更には前記事で書いたように、リスク軽減になり安全なフライトを確保することができます。リッジソアリングにおいての直線飛行では、基本的な正しいフライトの仕方を行うだけでも、効率の良いフライトが出来るのです。

 あと、上昇風帯が山から離れた場所まで非常に幅広いような時には、山側にいることに固執しすぎず、どんどん沖の方(山から離れる方向)にまでフライト範囲を伸ばしていくのもいいと思います。

 これは、リッジ風とアーベントが混在するような条件の時に起こります。どこへ行ってもあまり下がらないような感じの時です。こんな時は、わざわざ狭い空域でリスクを追うことはありませんので、山側でしっかりリッジソアリングをして高度を稼いだ後は、沖の方へ出してリッジソアリングを続けます。場合によっては、大きな長方形を書くような感じでフライトしてみてもいいかもしれません。なお、沖に出してリッジソアリングをして、上手くいかずに高度が下がってきたら、再び山側に戻って基本のリッジソアリングをすればいいだけです。

 リッジソアリングで効率を追求し、一段高い場所でフライトを続けられるというのは、サーマルソアリング時のソアリング能力にも通じていきます。リッジソアリングを極めることで、メキメキとソアリング能力はアップしていきますので、是非沢山練習するようにしてください。

 次回は、リッジソアリングの際に、注意するべき点についてお送りしたいと思います。


「ちょっとは役に立ったでぇ。」と思われたら
是非クリックのほどお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


アウトドアグッズ
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/03/11(火) 21:26:10|
  2. 初中級パラ講座|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1705-d81b8e2e