鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

日本酒を飲んで思う

 今年の正月、おせちをたべながら「やっぱこの場合日本酒やろ。」と酒を飲んで思ったことがありました。



 うちの家には、普通に飲むための純米酒と、料理用に使っているやっすい醸造酒があるんですが、ふと思いついてどれくらい味の差があるのだろうかと飲み比べてみたところ、やっすい方はアルコール感が強い癖に、米の香りと味は大してしないというまずさで、とても沢山飲めるもんではありませんでした。

 最近でこそ、日本酒にも純米酒が増えてきましたが、少し昔は流通しているほとんどの日本酒が、いわゆる醸造用アルコールを使用して、味の均一化を人工的に管理したものでした。いや、今でも一般的にスーパーで売っている日本酒の殆どは、醸造用アルコールを添加して味の調整をしている大量生産のための日本酒であると言ってもいいかと思います。

 戦後などの米が不足していた時代には、水と醸造用アルコールや、ブドウ糖、アミノ酸などの副原料で増量した、いわゆる三倍醸造酒と言われるようなものもあったようです。なお、現在でもコストダウンや自己利益の確保を目的として、このような副原料を使用した普通酒というのも存在するようです。

 要するに、コストのことを考えれば米をできるだけ削らず、また、少なく使用したほうが安くなります。そこで、「米をケチり、更に水で薄めて、その分を醸造用アルコールや、糖や化学調味料で足して帳尻を合わせる。」という、企業にとって利益の出る安物を、「一般的な日本酒」として流通させまくってしまった事が、日本酒が激しく衰退していった原因ではないかとそう思ったのです。

 日本酒は、「酒くさい!」と思う人が多いと思いますし、実際自分も昔はそう思っていましたが、純米酒の種類によっては、米のフルーティーな香りが香る、甘い感じの白ワインのようなものもありますし、酒くさくないきりっとしたものなんかもたくさんあります。元々、昭和以前は日本酒は純米酒しか存在しなかったらしいです。まあ、昔からコストダウンというか詐欺的に水を足して薄めたりとかはあったみたいですが・・・。

 ただ純米酒は、味の均一化が難しいらしいです。よって大量生産するためには、味の調整のために醸造用アルコールを添加する方式で純米酒にしない方が楽であるとなるようです。

 ちなみに、ワインなんかも、安物はいろいろな産地のワインをブレンドして作ってます。ただ日本酒も、大量生産のメーカーの物なんかでも、自社生産ではなく他の蔵元から買い上げたものをブレンドしたり、買い上げた酒に自社のラベルを貼って販売しているようなこともあるらしいです。

 ただひとつ違うのは、ワインはブレンドはしても、醸造用アルコールとか、糖とか化学調味料(まあ糖とか化調なんか使ってる日本酒は、今はほとんどないと思いますが)は使ってないんですよね。個人的に思う日本酒のダメなところは、醸造用アルコールなんではなかろうかと、そう思うのです。

 原点に回帰して全て純米酒でいくことが、日本酒再興の基本なんではないかと、そう思ったりしたのでした。日本酒、真面目に作った奴は、ほんと美味いですから。


たしかに真面目に作った日本酒は美味いと思ったら
クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


純米酒

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2014/01/25(土) 21:27:59|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

  1. 2014/01/30(木) 20:25:48 |
  2. URL |
  3. だいき #-
  4. [ 編集]

少しでも

面白いと思って頂けたならありがたい限りです。
コメントありがとうございました。

なお、アルコール添加の日本酒等、日本酒の様々な種類については、「とある居酒屋主任の「山形の酒は俺の嫁」」さんのブログに下記のような分かりやすい記事がありました。

http://ch.nicovideo.jp/toaruizakaya/blomaga/ar266615

現在では、吟醸酒と呼ばれる日本酒を作る場合において、吟醸香を引き出すためのアルコール添加というのが、アル添の主な理由であるようですが、その一方でコストダウンと利幅拡大のための、「増醸酒」と言われる、普通酒や合成清酒製造のためのアルコール添加も未だ行われているようです。

アル添であっても、その種類が「本醸造酒」であれば、10%以下のアル添度の日本酒が飲めるようです。

しかし個人的には、40%も50%もお米を削って作って吟醸酒を作っておきながら、例え香りと旨味成分増のためといえども、別途アルコールを添加するというのは、やはりどうにももったいないと思うんですが・・・。純米吟醸酒もある訳ですから。

まあ、自分の場合多分に、「酒くさい」日本酒が好きではないので、濃厚で香りも強い吟醸酒より、純米酒の方が好きだから、ということが大きな理由だと思いますが・・・。

  1. 2014/02/02(日) 16:29:51 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1685-9dcf5f33