鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

ローストチキン

 クリスマスに、ローストチキンを焼いてみました。



ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 自分がガキだった遥か昔は、骨付きもも肉は、肉屋の店頭で調理したものが売っていて、料理用の肉を売っていることなどはほとんどなかったと思うのですが、最近は骨付きもも肉だけではなく、丸鶏でさえもスーパーなどで見るようになりました。

 ただ今回は、丸鶏は「見た目が怖い。」というおばちゃんのビビリ発言もあり、また、仕込みが少々面倒だったので、骨付きもも肉でやることにしました。

 で、いつもの様にネットでレシピについて調べてみたのですが、美味しさの秘密は、塩をしっかり揉み込んで下味を付けるということだとあったので、それらを参考にして以下のように作ってみました。

 まずは、いつも通り、鶏肉は50度洗い。その後骨付きもも肉の、骨に沿った部分にはさみで切れ込みをいれ、食べやすくし、また、皮目にフォークで味が染み込みやすいように数十箇所穴を開け、塩を小さじ半分ほどすり込みます。(分量は骨付きモモ一本に対してです。)
 
 このあと、細かく粉末状にしたハーブ数種類(自分は今回、胡椒・セージ・オールスパイス・ローズマリー・ナツメグなどを使用しました。)をすりこみ、はちみつ大さじ1、しょうゆ大さじ1、にんにくのすりおろし少々も合わせてすり込み、2時間程味を染み込ませます。

 これをキッチンペーパーを敷いた天板の上に載せ、200度に予熱したオーブンで、30~40分焼きます。途中十分おきに、ハケかキッチンペーパーに染み込ませたオリーブオイルを皮目に塗って再び焼いていきます。

 ローストチキン、作り方は意外に簡単で、作業はこれだけです。

 出来上がりは、ちょっと皮目にオイルを塗りすぎたためなのか皮のパリパリ感は欠けてしまいましたが、肉柔らかのジューシーさ抜群で肉汁ほとばしりの、多めのハーブが功を奏して非常に香り高い、美味しいチキンへと仕上がっていました。

 うまい!これは美味いということで、家族にも好評。今後定番のメニューとなりそうです。

 なお、料理ネタとしては現在、久々に燻製に挑戦するべく、ベーコンの仕込みである風乾作業進行中です。これと一緒に、ケーシング(腸詰め)なしのサラミソーセージ作りにも挑戦してみる予定です。

 これについてはまた完成次第、このブログで紹介します。ちなみに、ベーコンについては、燻製までの仕込み期間3週間弱の大作だったりします。


ローストチキン中々美味そうと思ったら
クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


ローストチキン チキン
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/12/25(水) 15:24:25|
  2. 料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1673-16cd9f3d