鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

台風18号

 台風が直撃だったとしても、近年では大きな被害にならないのが京都市内だったのですが、今回の台風18号では、報道などでご存知の通り、京都市内だけでなく、京都府全域で大きな被害が発生しました。



ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 自分の家の裏には、数メートルしか離れていないレベルで川が流れているので、昨日未明にゴロゴロと大きな音で川底を転がっていく岩の音で目を覚ましました。正にローリング・ストーンズです。このゴロゴロが聞こえるとかなり増水しているので、川を確認しましたが、幸いにもまだ危険であるというレベルの水位にはなってはいませんでしたので、しばらく様子を見ることにしました。

 その後暫くして、携帯に特別警報のエリアメールが送信されました。

 とりあえず、今後の情報を逐次確認するようにとの内容で、避難勧告や避難指示のメールではなかったので、レーダーアメダスなども確認し、数時間後には雨も少しマシになるであろうと考えられましたので、これ以上の大幅な増水はないであろうと判断し、その時点では、今以上に増水すれば考えなければいけないなと思いましたが、すぐに避難まではしませんでした。

 うちの家は、鴨川のかなり上流に位置しているので、余程大量の雨が降らない限り、(といっても今回もかなりの豪雨でしたが、)氾濫するような状況にはなりません。多分、ここが氾濫するようだと、京都市街は広域に渡って大きな被害を受けることでしょう。(そういうデータがあるかと調べてみると、京都市から「鴨川・高野川の浸水想定区域図」というデータが発表されていました。賀茂川と高野川に挟まれた三角地帯及び鴨川東岸地区、そして京都駅南側の広範な地区が浸水すると予測されていました。)

 ただ、一度ガキの頃、うちの家の裏は川底まで5mほどあるかと思うのですが、それが思い切り増水して、残り1mほどで氾濫するといった状態になった時には、さすがに身の危険を感じましたので、親戚の家に避難しました。1972年の事だったと思われるのですが、この時は、修学院の音羽川が氾濫し、土石流が発生し、多くの被害を出したようです。

 なお、朝のうちに所用で鴨川沿いを車で走った時に見た鴨川は、かなり増水していました。報道されていたように三条河原は遊歩道まで冠水し、夏場に有名な河原の「床(ゆか)」の下にまで、濁流が流れ込んでいるような状況になっていました。(普段の床の下は、小さな川に浅く流れがあるだけです。)

 幸いその後、雨が予報通り小康状態となり、鴨川においてはそれ以上の増水は避けられ、氾濫することはありませんでしたが、一方で桂川は、一部が氾濫して大きな被害を出すこととなりました。

 生まれてこの方、嵐山があんなに増水するところなど見たことがなかったので、本当に驚きました。普段は橋脚のほとんどが見えているような渡月橋が、増水した川の水に覆われるなど予想もしていませんでしたので、正に数十年に一度と言ってもいいような豪雨だったのでしょう。

 多くに地域に多大な被害を与えた今回の台風ですが、早い復旧を願ってやまないばかりです。

 昨今の気候の変動による雨の降り方の変化や、局地的な豪雨による増水など、今後の治水について改めて対策を考えさなければいけないのであろうということと、自己の危機管理や、災害に対しての避難の判断などについても、改めてレベルを引き上げて考えなければいけないなと、そう強く感じました。



クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


防災グッズ
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/09/17(火) 15:15:40|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1645-7d28ec92