鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

オレたちの深夜特急 インド編 カルカッタ(現コルカタ)に到着

 寝台車の上段で、朝6時に僕は目を覚ました。



ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 車窓からの景色を眺めて過ごしていたが、到着予定の7時半を過ぎても、列車は一向にカルカッタに到着する気配はなかった。

 結局、到着したのはなんと3時間遅れの10時半、さすがはインドである。

 駅を出て、川を舟で対岸へと渡り、列車で一緒だった日本人のメガネ君と一緒にタクシーを30ルピーでシェアして、安宿の林立するサダル・ストリートへと向かった。

 サダル・ストリートには、日本人宿と言われる「マリア」と、「パラゴン」という宿があったが、僕はパラゴンのドミトリールームに投宿した。

 しばらく部屋でうだうだした後、昼食をとりに出かけた。モスリム経営の安食堂でターリーを食べ、帰りに、そこの飯屋の江戸っ子みたいなチャキチャキのオヤジに、「口をゆすいで洗ってきな!!」的なことを言われ、僕はそのとおりに口をゆすいで店を後にした。

 途中街をウロウロし、パーン(インドの噛みタバコ)屋を見つけたので、一つやってみる事にしてクチャクチャしていると、成分がきっついのかしばらくするとクラクラっとなってきて、倒れそうにまでなってしまった。

 「ニコチン効きすぎ?それとも、葉っぱでも入ってるのか?」などと思いつつも、道端で休憩してなんとかやり過ごし、再び街をうろついた。

 旅の当初の予定では、僕はインド入りについてはカルカッタインにしようと思っていた。というのも、カルカッタはインドでも一番衝撃を受けると読んだり聞いたりしたからだったのだが、結局航空チケットの関係でデリーインになってしまい、それなりにインドのなんだかんだを見てきてしまっていた僕にとっては、カルカッタはもう、さほど衝撃を与える街でもなくなっていた。

 そのうちに雨が降ってきた。軒先で雨宿りをしつつ、時に動きつつで移動をしているうちに、雨は本格的な土砂降りになってきて、僕はある軒先で移動するのを止めた。

 しばらくすると雨の音が、コンコンという軽い音に変わってきた。路上を見てみるとなんと雹が落ちていた。「カルカッタで雹を見るとは!」と、僕はかなり驚いたのだった。

 雨がやんだ後、僕は映画を見に行くことにした。ヒーローナンバーワンという映画をかけている映画館に出向いて、15ルピーの安チケットを買い、前方の座席で映画を見た。

 映画館は満員で、皆口笛をふき、手を叩き、大声で笑い、時に叫びで大盛り上がりだった。けれど、言葉がわからない僕には、おおまかな流れ位は理解できるがディテールがわからないので面白くない。ただ、映画はフランスロケを敢行した結構お金をかけた大作らしく、フランスの観光地の各地で主人公が唄って踊りまくっていたのが印象的だった。

 更には、そのロケは許可を取っていたのかいないのか、現地フランスの方々が、その歌い踊りたくるインド人を見てあっけにとられている様はかなり面白かった。

 長いインドの映画を見終わり、一旦宿に戻った後夕食を食べに出かけた僕は、おいしいエッグマトンロールと、一方でマズイ ヴェジトゥクパを食べ、宿に戻る途中、カジュラホであった日本人の兄ちゃんに再び出会い、なんだかんだを話しをした後、宿に戻ってカルカッタの一日目を終えたのだった。

 つづく

この記事は、リンクコラム形式になっており、記事中にも出てくる熊猫師(師)のブログ、「BBB」Baseball馬鹿 Blogでは、同時期における、彼の視点から見たアジア旅行について書いています。(アジア旅行編第一便は既に完結。先日、第2便も最終回を迎えました。)楽しんで頂けるかと思いますので、

↓ こちらをクリックして頂いて、
「BBB」 オレたちの深夜特急シリーズ
是非ご覧下さい。

 ※このアジア旅行は1996年から1997年にかけてしたものです。現在の各地の現状とは大きく違うと考えられますので、旅行者の方の情報源とは成り得ないと思います。ご注意下さい。 


クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


旅行用品 海外旅行用品 旅行グッズ
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/08/28(水) 23:09:52|
  2. 俺たちの「深夜特急」|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

来たな。
カルカッタ。

おおいなるカオス。
カルカッタ。

人間のドラマの全てがある街。
強烈な臭気を発しながら。

この街は好きだったよ。
でもね、カルカッタinでインドを訪れていたら、3か月の間、インドで過ごすことはできないで、尻尾をまいて逃げ出したかもしれないなって、今は思うよ。

  1. 2013/09/04(水) 13:11:04 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #JalddpaA
  4. [ 編集]

カルカッタ

 記事中でも書いたけど、インドにそこそこ滞在して「スレて」しまった俺には、混沌のカルカッタは、それほど衝撃でもなかったんだよね。

 けど師が言う通り、確かにインドのしょっぱなからカルカッタだったら、くじけてたかもしれないなとも思うよ。

 そんなインパクトいっぱいのカルカッタ。俺も、すっかり忘れてしまったカルカッタでの俺の日々を書いた日記を、読み直すのが楽しみだったりするよ。(苦笑)

  1. 2013/09/05(木) 23:30:04 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1643-455271df