鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

電子書籍

 ちょっと前、スマートフォンのアプリにアマゾンの「キンドル」を入れました。


ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 この「キンドル」というアプリは、アマゾンで販売している電子書籍を、タブレット端末やスマホで読むためのアプリケーションです。

 このキンドルアプリで、欲しい電子書籍を探して購入すると、その本を端末上で読むことができるという仕組みになっています。

 で、このキンドルにラインナップされている書籍の中に、青空文庫という文庫がラインナップされています。この青空文庫、なんと、「著作権保護期間が切れている作品を、有志がボランティアでテキストに起こして、電子書籍として無料で公開している。」のです。

 明治時代や、昭和初期の作家の作品等は、既に著作権保護期間を経過しているものが多く、結構な作品が無料で公開されていて、ありがたい限りです。

 自分はこの青空文庫で、太宰治の「人間失格」と、ラメーの「フランダースの犬」を読みました。

 人間失格については、10代で読んだような気もするんですが、全然覚えておらず、もしかすると題名だけ知っていただけで、読んだことはなかったのかもしれません。中々奇妙な話しで面白かったです。

 また、フランダースの犬は、ちょうど今BSでアニメをやっていて、懐かしさに見ていて、「そういえば原作はどんな風に書いているのだろうか?」と読んでみたのですが、アニメほどの沢山のエピソードもなく、かなり宗教的な説教臭い感じで淡々とストーリーが進んでいき、お馴染みのきっついラスト(ちなみにおばちゃんは、フランダースの犬を見ると、どんな楽しいシーンでも、あのキッツいラストが脳裏に浮かんできて、悲しすぎて見ていられないといいます。)につながっていて、「そら、こんな説教臭くて陰気臭い話し、外国で受けるはずがないがな・・・。」と改めて思ったのでした。

 他に、夏目漱石の「こころ」と、先日宮崎駿の「風立ちぬ」を見て、そういえば、10代の頃、おかんが持っていた文庫本で、堀辰雄の「風立ちぬ。」を読んだなあ・・・。と思い出し、「風立ちぬ」と「奈緒子」(ジブリ作品では、この作品の主人公の名前を使ったようです。)を、入れてあります。

 このいずれもが無料、ほんとありがたい話しです。

 なお、電子書籍は読みづらいとか、やっぱり紙で作った本の方がいいとかの意見もあるようですが、自分は昔から電子端末オタクだったためか、特に違和感も不便感もなく、いい感じで読めています。なにより、物理的なスペースを取らないのと、端末さえ持っていればいつでもどこでも好きな本が読めるというのがいいです。

 今後、有料のものにも手を出しそうな感じもします。が、お金を払うとなると、やっぱ手に取れる「本」にしてしまいたくなる気もしたりしてます。

 「どないやねん!!」って感じですが・・・。




    





  




ほんま「どないやねん!!!」と思ったら
クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


電子書籍 アマゾン キンドル コボ 
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/08/12(月) 23:44:36|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

  

コメント

お。
kindle入れたか。
おれは、ペーパーライトを買ってみたよ。
やっぱ無料ものしかまだ買ってない。

やっぱ、本は実物かなって今更ながらに思うよ。

  1. 2013/08/27(火) 21:43:35 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

なんだかんだで

 ガキの頃から手に取って本を読んでたから、それに慣れてるんだろうね。

 あと、古くなった本の紙の色とか、時代や時の流れを、触覚や視覚で感じられることが、またその本の独特の雰囲気を醸し出す事ができる、実物のいいところだと凄く思う。

 端末は、新作でも明治時代の作でも、全て同じ真っ白地にテキスト文字だから、そういう雰囲気はでないから、「味」は全然ないよね。

 あと、アマゾンの無料本、無料なのにダウンロードすると「購入」っていうのが、ちょっとなんだかなと思う・・・。

 無料で本をダウンロードすると、アマゾンから購入した旨のメールが入るんだけど、「俺、何買ったっけ!!」ってドキッとするんだよなあ。

 まあ、システム的に無料でも購入扱いにするしかないのは分かるんだけど・・・。

  1. 2013/08/29(木) 11:16:02 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1638-49656e33