鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都東山登山 大文字山・如意ヶ岳・鹿ヶ谷

 5月の中旬のある日、ちょっとした運動がてら、大文字に登ってみることにしました。




ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 まずは行き道にある、「あかつき」というラーメン屋で昼食を摂りました。オーソドックスなタイプの醤油ラーメンだったが中々うまかったです。しかし、運動するからと言ってラーメン食べてたら、カロリー消費的にはプラスになってるんやないのか・・・。

 観光客で賑わう銀閣寺前の参道を避け、横道から上がってチャリを置き、登り始めます。この日は、通常のルートではなく、以前から気になっていた、(確かお地蔵さんがあったと思う)あたりから、南もしくは南西方向に延びる別ルートの南西方向に向かう道を通ってみることにしました。

 大体予想はしていましたが、大の文字の右払いの先っちょに出ました。ここから、結構急峻な階段を登って大の字の中央に到着。このルート、いつもの基本ルートより距離が短い分しんどくないかも・・・。

 相変わらず見晴らしのいい大文字、平日のこの日は幼稚園児で一杯。どうやら遠足に来ているようなのですが、これがわーわーわーわーうるさいうるさい。遠足とガッツリ運動してテンション上がりまくりです。

 景色を見るのも早々に、さっさと山頂へと向かいます。大の文字を過ぎるとあっという間に、さっきまであれだけ人がいたのが信じられないくらい静かになり、また穏やかな山歩きに戻ります。

 山頂を過ぎてしばらく進んだ所から、如意ヶ岳方面へと向かう道へ入ります。この辺りは、林道や登山道が平行に2ルート、計3本の道がほぼ平行に、時に交錯しながら並んでいたりするのですが、社のあるあたりから、一番南側の道を行くと、如意ヶ岳(三井寺)と藤尾への道を案内する標識が出てきます。




IMG_5773.jpg











IMG_5776.jpg
水神を祀っているらしいです










IMG_5772.jpg
社の先にある案内標識










IMG_5771.jpg
三井寺と書いてある上に
小さく「如意ヶ岳」と書いてあります

今回はこちらに行きます





 しばらく登って行くと、フェンスに囲まれた建物が見えて来ました。大阪空港のビーコン施設です。(飛行機が自己位置情報などの各種情報を無線で取得するための施設。)如意ヶ岳山頂はこの敷地内にあるようです。

 

IMG_5768.jpg
立入禁止です










IMG_5769.jpg
どでかいアンテナです










IMG_5770.jpg






 施設のフェンス沿いに道があるので、これを進んでいくと、皇子山カントリークラブ方面へ出て行くのだと思われます。

 如意ヶ岳北側サイドを通った時の山歩き記事はこちらから↓
 http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1543.html

 とりあえず今回は、このビーコン施設がどんなものか見たかったので、目的は達成です。先には行かず、戻り始めます。

 そのまま人の多い大文字ルートを戻るのも面白く無いので、鹿ヶ谷方面へ降りていくことにしました。

 如意ヶ岳方面からだと、一番南側の登山道を真っ直ぐ行くとこのルートに入れますが、大文字山頂方面からだと、社に至る途中で、右に曲がって南側に下って行かなければ、このルートには入れません。


IMG_5765.jpg
ちょっと分かりにくいですが、案内標識があります。










IMG_5766.jpg
大文字山頂方面から如意ヶ岳方向に
向かうアングルで撮影しています










IMG_5767.jpg
事故通報用 A14の案内板があるところです。










IMG_5764.jpg
南側に降りると、京都一周トレイルのNo.45標識があります





 ここから、鹿ヶ谷へと下っていきます。あれだけ人がいたメイン道と違って、だーれもいません。

 そのせいか、途中で鹿を見ました。



IMG_5778.jpg
うちの家の近所でも見ますし
京都市街近郊の山々でもたくさん見るので
もう鹿を見ても自分は全然驚かなくなりました










IMG_5777.jpg











 更に進んでいくと、結構急峻な下りになり、その途中に「俊寛僧都忠誠之碑」というのがありました。




IMG_5780.jpg
この辺りに昔、俊寛が住んでいた鹿ヶ谷山荘というのが
建っていたということで、
この碑が建てられているようです

鹿ヶ谷事件(鹿ケ谷の陰謀)で、この地は有名らしいのですが、
京都に住んでいながら、全く知りませんでした

いかに歴史の時間ぼーっとしていた証拠かと・・・











IMG_5781.jpg










IMG_5782.jpg




 この辺りは本当に坂が急で、所々には階段もありますが、ない所では滑ると滑落の危険すらあるデンジェラススポットなので注意が必要です。

 ただ、滝などもあって、もみじなんかも沢山生えていたので、夏場は涼しく、また秋はかなり紅葉が綺麗だと思われました。




IMG_5784.jpg


 この急な坂を下りきると、鹿ヶ谷の市街地が見えるところに出て来ました。浪切不動尊 瑞光院というお寺があったので寄ってみました。




IMG_5785.jpg










IMG_5786.jpg










IMG_5787.jpg










IMG_5788.jpg










IMG_5789.jpg










IMG_5790.jpg










IMG_5791.jpg



 この後、安楽寺、法然院の横を通って銀閣寺まで戻りこの日の山歩きは終了。

 近くにある「銀水湯」という、場所がかなり分かりにくいところにある、渋い銭湯に入って汗を流してから帰りました。



IMG_5797.jpg
中々分かりにくいところにありました











IMG_5798.jpg










IMG_5793.jpg
激しく渋い木製脱衣戸棚










IMG_5794.jpg
営業したてらしく誰もいなかったので、写真を撮らせてもらいました










IMG_5792.jpg










IMG_5795.jpg



 
 人も少なくほとんど貸切状態な上、営業開始間も無く、すこぶる清潔だったこともあり、すこぶる気持ち良く入ることができました。
 



クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


登山用品
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/08/06(火) 23:11:30|
  2. 登山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1632-f19004f4