鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

もはや夕立ではなく、スコール

 日本の亜熱帯化について、何度か書いてきたこのブログですが、いよいよ本格的に亜熱帯化を心配してもいいような気がしてきました。



ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 今までのこのブログの亜熱帯ネタはこちらから↓
http://onitobi.blog20.fc2.com/?q=%E4%BA%9C%E7%86%B1%E5%B8%AF

 上記を見てみると、なんと自分、2006年から、日本の亜熱帯化ネタについて書いています。時系列に従って読んでいくと、最近になるに従って、より具体的に亜熱帯化してきている現象についての記述が多くなってきているように思います。また、初めは準亜熱帯とか書いてますが、現在ではただ亜熱帯と書いてしまっていることも、自分の中で徐々に亜熱帯化が進んでいると考えているからでしょう。

 さて、そんな訳で、今年も更なる亜熱帯化を感じる今日この頃なのですが、なんといっても今年は、雨の降り方が凄く亜熱帯です。もはや夕立などではなく、スコールのレベルです。

 山の上から見ていたりすると、比較的小さな積乱雲が発生し、雨が降っているとはっきり分かる範囲が近づいてきて、その後、ダウンバースト系の涼しい風が吹いたかと思うと、すごい勢いで雨が降ってきて、そして、その積乱雲があっという間に去って行くと、何事もなかったのごとく晴れて、ダウンバーストの残りカスだけがしばらく吹くというそんな感じのスコール系の雨の降り方が非常に多いです。

 アメダスで見ると小さいながらも真っ赤っ赤に発達している積乱雲も多く、そういった意味では昔と違って雨が来ることを予測しやすかったりするのですが、なにぶんその動きが予測より早かったり、発達が急で思った以上にやばくなったりと、以前に比べるとリスクが増大している気がします。

 この辺りは、山がなだらかで海洋性の気象の流れがゆるやかな南の島と違い、海に囲まれている島国ながら、比較的おったった山を多数もち、複雑で入り組んだ地形や、都市部と田園部や山間部といった、地熱が大きく違う土地を持つ日本特有の、ハードな気象の移り変わりが大きく関係していると思われるのですが、そんな高低差がある土地故に、とんでもない雨が一気に降ると、激甚な被害を受ける事にもつながっているだと思います。

 もう完全に今までとは違った雨の降り方をしていると思われますので、今後については水害対策を練り直さないといけないような、そんな必要もあるのではないかと思ったりもします。

 という事で、パラグライダーでのフライトも、今までとは違った認識で、フライトする必要があるようにも思います。例年に比べても非常にハードな気象の移り変わりを感じますので、アメダスデータの確認や観望予測などを頻繁に行った上で、慎重なフライトプランを常に立てておき、「ん!?」と思った時には、早めにランディングするのが最善であるとそう思う次第です。お互いに気をつけて飛びたいものですね。

 それにしても、日本で雨が降ってるところと、降ってないところの境目が明らかに見れるようになるなんて思ってもいませんでした。

 あと自分、寒いより暑いほうが得意なんですが、しかし、この倒れそうになるほどの湿気だけは、勘弁して欲しいなあ・・・。


確かにスコールみたいな降り方多いなあと思ったら
クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


雨具 傘 レインウェア レイングッズ

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/07/31(水) 23:12:28|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1629-15bbfdb7