鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

これだけ蒸し暑いのに

 正に亜熱帯なアホのような暑さと蒸し蒸し具合なのに、日曜の亀岡エリアは、夕方近くになってから、ブローとアーベントが入り混じり、1400m程上がるような条件になりました。


ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 そこそこ雨が降り、田んぼの水も全て入って、あっという間にとんでもない湿気と蒸し暑さと思っていたのですが、未だ空気は完全には湿ってはいないようです。まあ、あまりにも暑すぎるので、ちょっとした温度の変化や風の吹き方で、溜まっていた熱気がドカーンと放出されているからというのもあるでしょうが・・・。

 しかし、夏場で1400mとかはやはりちょっと珍しい気もします。今年の夏は、以前書いたように、中々いいコンディションになる日が多いかもしれません。

 それにしても、あまりにも暑すぎてムシムシしてるんでたまらんですね。

 なお、とんでもなく暑くても、湿気が大量でムシムシしていると、意外に喉の渇きを覚えなかったりして、水分補給が遅れがちになり、熱中症になりやすいですから、くれぐれも注意したいものです。

 このくらいの暑さで飛びに行く時は、エリアで2L程飲むつもりくらいがちょうどいいかもしれません。

 こんだけ暑い時の個人的な水分補給方法のおすすめは、ビニール系の柔らかい水筒に水を入れて冷凍庫で凍らせ、飛んでいる時もチューブでチューチュー吸いつつ水分補給できる、キャメルバック系の水筒です。



CAMELBAK(キャメルバック) CM . アンボトル 2.0 L

CAMELBAK(キャメルバック) CM . アンボトル 2.0 L
価格:4,500円(税込、送料別)

  
CAMELBAK(キャメルバック) アンボトル3.0L

CAMELBAK(キャメルバック) アンボトル3.0L
価格:5,000円(税込、送料別)

  




   


 なお、ペットボトルに装着できるチューブも売ってます。


  
SOURCE コンバーチューブ

SOURCE コンバーチューブ
価格:1,980円(税込、送料別)




 パラのハーネスやフロントコンテナに入れるのであれば、ペットボトルよりソフトタイプの物の方が便利だと思います。また、凍らせる場合もソフトタイプの方が場所も取らずいいように思います。

 自分も、オーストラリアで愛用していた、キャメルバックを出してこようと思います。


飛んでる時も水分補給できるのは便利と思ったら
クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


ハイドレーションシステム キャメルバック 
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/07/07(日) 23:05:25|
  2. パラグライダー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1617-38c81074