鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

今年も自家製豆板醤

 今年も、親父の家庭菜園で大量にそら豆が出来る季節がやって来ました。



ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 という事で今年も、その大量のそら豆を使って、豆板醤を作ることにしました。

 作り方は昨年と同じあるホームページを参考にしました。
その過去記事はこちらから ↓
 自家製豆板醤

 昨年のものは、面倒だったのでそら豆の薄皮が付いたまま作ってしまったのですが、「発酵するから薄皮も、形が崩れていい感じになるんじゃないか。」という甘い思惑は、正に大甘な考えで、全く形崩れることなく硬いまま残ってしまって、味噌としての食感としてすこぶる中途半端なものに仕上がってしまったので、今年はまじめに薄皮を取って作ってみたのですが、やはり素材の馴染みも混ざり具合もよく、作りたてで既に良い感じの味噌具合に仕上がりました。

 ちょっと味見をしてみたのですが、出来立てで既に美味しかったので、これで熟成され発酵が進めば、かなり良い感じの豆板醤になるだろうといった感じです。

 昨年は、上記過去記事でも書いたように産膜酵母という菌の一種が味噌表面にはびこってしまったので、今年は防止策として、表面があまり空気に触れないよう、しっかりラップを密着させて覆いました。

 作って数日経ちましたが、今日見てみたところ、そら豆独特の匂いと、また、若干発酵が始まったような匂い(麹の匂い?)もしました。出来上がりが楽しみです。

 ちなみに、昨年の豆板醤もまだ残っていたりします。冷蔵庫で保存してますが、なんら問題なく使えています。今年は去年以上に大量に作ったので、また来年までよりしっかり使えると思います。

 なお、それでもまだ大量にあるそら豆。茹でて食べるのも、おっさん超おすすめの、蒸して食べるのにも飽きたので、冷製スープにして食べてみたのですが、これがそら豆の美味しさを大変に満喫できるのでメッチャオススメです。

 かなり柔らかくなるまで蒸したそら豆の薄皮をむいて、牛乳と玉ねぎを少し多めのバターで炒めたものと一緒にミキサーに掛け、鍋に戻して生クリームを入れて塩コショウで味付けし、(この味付けは豆の味を楽しむために薄めがお勧めです。)冷蔵庫に入れて冷やして出来上がりです。簡単ですし、これからの時期、冷たくて美味しいので、食欲が無い時にも最適です。よろしかったら一度お試し下さい。


そら豆料理、いいねえと思ったら、
クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


新鮮野菜 そら豆
関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/06/15(土) 21:26:06|
  2. 料理|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1600-563f8d76