鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

爆風と爆上げ

 今年の亀岡エリアは春が来るのが遅かったようで、5月くらいから、春真っ盛りといったようなハードなコンディションと爆上がりな日が結構ありました。



ランキングアップが更新の励みになります。
クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 そんな条件が予想された24日、タンデムまでに時間があったので、久しぶりに自前の「旧コンペ機」で飛んでみました。

 たまには自機のチェックをしておかないと、もしかしてカビが生えてるんじゃなかろうか、と思ったのと、たまには自前ので飛んでおかないと、己がどれくらいヘボくなっているかが分からないとそう思ったからです。タンデムでは飛んでるんですが、ソロではもう、半年以上は飛んでいませんでしたから・・・。にしても、どんだけ自機で飛んでないのか・・・。

 幸い、久々に開けてみた自機は、カビることもなく、著しくラインが伸びたり縮んだりしている様子もなく、特に問題なく立ち上げもでき、テイクオフすることができました。

 通常は午前中にドカーンと上がることが少ない亀岡エリアですが、この日は、ここ最近の地面と空気の乾きっぷりと、ハードと言っていい程の減率の良さで、既に11時頃にして北西ベースでビンビンにテイクオフにも正面風が入っていたこともあり、出た瞬間から上がり始め、より上がると思われた北尾根についた時に、ドカーンと当たったサーマルで回していくと、そのままワンサーマルであっという間に、雲底であろうと思われる1600~1700mあたりに到達しました。(音だけバリオしかもっておらず、正確な高さは不明でした。)久々に、ここの所見たことのない、高い位置からの景色を堪能することができました。

 その後、北風ベースだったこともあり紅葉山方向へ向かい、その近辺でフガフガと上げ直した後、メグミルク工場あたりまで行き、ランディングへ戻って降りました。

 ランディングに戻って行く時に、かなり低空の風が強いなと思っていたのですが、思っていた以上にランディング近辺は強くなっていて、正に爆風の趣。降ろすのに苦労しました。まあ、吹き上げられたり、風の強弱で機速が変わったりはしょうがないので、できるだけピッチしないように最小限のコントロールだけして、最後さくっと下がった時に、ランディングにいられればいいやというコンセプトで、なんとか上手いこと降ろすことができました。

 それにしても、もう5月もおしまいに近いというのに、風も上昇気流もハードな感じだったので驚きました。春が寒かったせいで例年に比べて異様に田んぼに水が入るのが遅く、地面も空気も乾ききっており、また、寒気が残っていたりして気温減率が良すぎるが故に、ハードな感じになっているのだと思いますが、梅雨入りが近いとはいえ、今後もそんな感じになることが予測されるので、十分に注意したいと思った次第です。

 そして「時にはギンギンのサーマルタイムにも、ちゃんとソロで飛ばんとヘボくなるなあ。」と、改めて思ったのでした。 

 

クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/05/26(日) 22:53:31|
  2. 日本でのフライト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1591-988092dd