鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

オレたちの深夜特急 インド編  ヴァラナシ2日目 その2

インドの映画「ラジャ ヒンドゥスタ二」を堪能した僕は、クルタパジャマ屋に行くために商店街へと向かった。


一日一回のクリック
どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 パジャマ・クルタはインドの民族衣装で、薄手の、少し丈の長いシャツとダボッとしたズボンの男性が着る服である。

 いろいろな店をさんざ冷やかした挙句、一件の店で僕はルンギー用の布を買った。ルンギーは、男性が腰に巻いて履く、スカート様の服で、涼しそうだから夜寝るときにいいんじゃないかとそう思ったので買ってみた。水色と濃い紫基調の、象の絵が描いてある布地だ。本来は風呂敷とかシーツっぽい使い方をするもののようだったが、僕はルンギーとして使うことにした。

 更に別の店で、生成りっぽい色のクルタパジャマを150rsで購入した。

 ここの店の親父は、値切ろうとする僕の話しを全く聞こうとせず、頑として150rsでしか売らないと押し通してきた。このインドっぽくないあまりにも頑固なオヤジがちょっと面白くてまあいいやと買ってみたのだが、デザイン的に気に入ったからということももちろんあった。

 宿に戻り、プジャゲストハウスにとまっている連れと晩飯を食いに出かける。チャパティーと卵とじダールフライ(豆カレー)を食べた。しばらく話しをした後、ホーリーの祭りのトラブルを避けるため、ガート沿いを歩いて宿に戻る。

 ホーリーの祭りでは普段酒や葉っぱをやらないインド人が、浮かれて呑みまくって酩酊し、時に外国人を襲ったりすると聞いていたが、幸いガート沿いにはそういう輩はいないようで、無事に宿まで帰ることができた。

 そして自室である通称「葉っぱ部屋」に戻った僕は、この日もまたしたたかに葉っぱを吸いまくった。ふとした瞬間におかんのことを思ってしまい、悲しくないように葉っぱでも吸ってヘラヘラするしかなかったからだ。

 葉っぱを吸うと様々な音を敏感に聞いたり面白く聞いたりすることが出来る。とそう聞いていた僕は、持っていた短波ラジオでJJYという日本発信の時報局を聞いてみた。

 このJJYというのは、NTTの117時報のように、毎秒ごとにピッピッなどという音だけを24時間放送し続けている変わった放送局だ

 普段ならなんら面白く無いこのJJYが、葉っぱ効果でやたら面白く聞こえる。あまりの単調さが滑稽に思えてきてやたら笑えたり、また、ピロピロという短波放送特有のノイズが、宇宙からやってきたUFOの飛行音に聞こえてきたりもした。

 そんな感じで一人ヘラヘラしていると、そこに、顔を白塗りにした戦士アホガンガーが、シタールを手に、歌いながらやってきた。僕は腹を抱えて笑った。アホガンガーは同室の大学生のにいちゃんだ。

 僕らは一緒にさんざ歌いまくり、戦士アホガンガーはラリりすぎて倒れ、ベットへと運ばれていった。

 そして僕も騒ぎ疲れて、眠りについたのだった。


つづく 


この記事は、リンクコラム形式になっており、記事中にも出てくる熊猫師(師)のブログ、「BBB」Baseball馬鹿 Blogでは、同時期における、彼の視点から見たアジア旅行について書いています。(アジア旅行編第一部は既に完結。現在は第2部が進行中。)楽しんで頂けるかと思いますので、

↓ こちらをクリックして頂いて、
「BBB」 オレたちの深夜特急シリーズ
是非ご覧下さい。

※このアジア旅行は1996年から1997年にかけてしたものです。現在の各地の現状とは大きく違うと考えられますので、旅行者の方の情報源とは成り得ないと思います。ご注意下さい。 
深夜特急 沢木耕太郎 文庫本 


吸いまくりやなぁ・・・。しかし悪いおっさんやなと思ったら  
クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ








関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/01/27(日) 23:18:13|
  2. 俺たちの「深夜特急」|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2

  

コメント

師よ。

葉っぱ天国だな。
いい具合に酩酊してるな。師よ。

しかし、ホーリーに合うように滞在していたんだな。
それは羨ましいよ。

あぁ、また行きたいな。
ヴァラナシ。

  1. 2013/02/01(金) 03:09:04 |
  2. URL |
  3. 熊猫 #-
  4. [ 編集]

でしょ

 おかんが倒れたのを忘れるというのを口実に、ほんともう、馬鹿みたいに吸ってたなあ・・・。

 大体、日本へ帰る奴が託していった葉っぱが、スーパーのレジ袋みたいなのに山盛り入ってたからなあ。

 あと、俺はヴァラナシでちょうどホーリーだったんだよね。あれはなかなかいい体験だった。

 なお、祭りの名物、色粉合戦にも参加したよ。その模様は多分次回の俺深で紹介するよ。

  1. 2013/02/02(土) 02:33:44 |
  2. URL |
  3. 高鬼 #bBUgYcK2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1535-44c9cbd8

オレたちの「深夜特急」〜マレーシア編 ペナン?〜

原作にはないドラマ「深夜特急」に登場する日本人女性がそうであったように、ここに留まるのはそんな心優しい雰囲気に身も心も虜にされてしまうからなのかもしれない。 それも無理
  1. 2013/01/31(木) 14:41:36 |
  2. 「BBB」

オレたちの「深夜特急」〜マレーシア編 ペナン?〜

原作にはないドラマ「深夜特急」に登場する日本人女性がそうであったように、ここに留まるのはそんな心優しい雰囲気に身も心も虜にされてしまうからなのかもしれない。 それも無理
  1. 2013/01/31(木) 14:41:33 |
  2. 「BBB」