鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

京都東山登山 再び青龍寺へ

 年末のある日、再び青龍寺へといってみることにしました。

一日一回のクリック
どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 今回は、コースを変えて逆方向から行くことに。そのコースは、赤山禅院-ケーブル比叡-延暦寺西塔-黒谷青龍寺-京都バス登山口バス停というものです。

 赤山禅院からの登山道は、通常水飲対陣跡に出る道がメジャーですが、今回は登山口を入ってしばらく行くと左側に上がれる登山道を登っていきます。この道の入り口には大きな看板が確かあったように思います。

 あまり人が通らないせいか、若干荒れていますが、さほど大変な道でもなく、しばらく登って行くと、京都一周トレイルのNo.70標識の所に出ます。

 ここをしばらく行くと、再び左の方に入れる道が出てきます。これはもしかすると、千種塚旧跡の碑へと続く道なんじゃないかといってみると、果たしてそうでした。

 これで、以前歩いた御蔭神社から登っていく道と繋がりました。
御蔭神社から登っていった時の記事はこちら ↓
http://onitobi.blog20.fc2.com/blog-entry-1473.html
比叡山の東面は結構色々と網羅して歩いてきたので、最近は大体の道がつながってきています。

 なお、この道は真っ直ぐ行くと登山道がなくなってしまいますので、上記記事にもある千種塚旧跡の碑へ向かう道へと右に曲がるポイントで、間違えないようにしないといけません。

 ケーブル比叡駅まで上がってくると、そろそろ夕方という西日がかなり綺麗に京都市街を照らしているのが見えました。




IMG_5530.jpg











IMG_5529.jpg










IMG_5531.jpg


 
 この日は午後遅めから出発したので、急がないといけません。夕方で人気もないケーブル駅を過ぎ、スキー場跡から、鎮護国家の碑のあたりで左に折れ、延暦寺西塔へ出た後、黒谷青龍寺へと向かいます。

 青龍寺についた時には、かなり暗くなってきていたので、更に先を急ぎます。この辺りは昼間でも過ぎなどが鬱蒼と茂っていて暗いので、念の為に早めにヘッドランプ ブラックダイヤモンドスポット(レビュー記事はこちらをクリック)を出し、点灯しました。

 相変わらず快調で、明るく視界良好。最後は真っ暗闇に包まれましたが、そのまま登山口バス停まで無事に降りてくることができました。
 


ヘッドランプ ブラックダイヤモンド ペツル ヘッドライト ランタン

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2013/01/23(水) 23:49:07|
  2. 登山|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1533-aff654a1