鬼飛(おにとび)ブログ
パラグライダーで飛んでるおっさんの雑記ブログです

原発継続決定?

 政権与党であった当時、原発推進を強力に推し進めていた政党が、今回大勝し、政権を奪還しました。


一日一回のクリック
どうかよろしくお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


 という事で、原発継続はもはや既定路線かと思いますし、推進してきた党の大勝を受け、既に関電の社長などは、「さっさと再稼働させてくれ。」という旨の発言をして、調子に乗りまくっていたりします。

 改めて思うのは、やはり原発をやめたくない人達が、政府関係者だけでなく、国民の中でも全く少なくなかったのだろうという事です。利権を貪れたり、仕事のために止めたくなかったりと、多くの人が原発でおいしいご飯を食べているようです。

 何より驚いたのは、あれだけ原発事故の被害を受けた福島および近県の方々に、それほど原発反対のニーズがないらしいということ・・・。もしかすると、反対している人は、すでに当該県にはいらっしゃらないのかもしれませんが、それにしても、原発継続系政党が圧勝していたのにはがっかりしました。

 それにしても人というのは、未だ原発事故は全くと言っていい程、収束の兆しさえ把握できていない状況で、危険であることは事故当時から殆ど変わらないにもかかわらず、目に見えず、時間が経過すると、それについて忘れたり、嫌なことだから忘れてしまおうとする「都合のいいスイッチ」が、思いっきり作動するようです。

 まあ、そんな事言っている自分も、放射能汚染についての感心は少しなくなってきていたりしますが・・・。

 個人的には、日本はもうがむしゃらに経済成長を目指すのではなく、技術的・技巧的な工業等を除いては、江戸時代バリに農業国になってしまった方が、国民性も含めて合っているような気がするので、電気がなけりゃないなりの生活をして、戦後に植えまくり、余りまくってる杉でも薪にして燃料にすりゃ、花粉症の症状も減っていいんじゃないかと、そんな後進国帰り思考を持っていたりするので、リスク背負いつつ原発なんかやらんでもええやないかと、そう強く思う次第です。

 なにより、このブログでも何度も書いてますが、もし福井の原発に何かあったら、琵琶湖の水がダメになって、関西近県はもう壊滅的なダメージを受けると思うんですけど・・・。

 まあ、何事にも絶対はないし、どんなものにもリスクはあるから、原発もそれと同じだという考え方もあるとは思うんですが、ドカーンってなったら何十年、何百年も住めなくなるような施設は、リスクとかいう範疇を超えていると思います。

 ただ、自分が思っていた以上に、そんな風には考えておらず、「日本は変わらずガンガン電気を使って経済成長するべきだ!!」と考える、真面目な成長思考の方が多いということを、まざまざと知った今回でした。

 けどこれがただ、次世代を考えてない中年~老年世代の方々の、「俺の生きてる間さえガンガン電気使えて、なんとか原発がどかーんってならんかったらええわ。」というノリの結果だったら、もう全然成長思考とかじゃなくて、自己都合の極みだったりしますけど・・・。

 そう考えると、人間の「欲」というものを如実に感じますなあ・・・。

 おえんのぉ

放射線測定器

関連記事

更新の励みになります。
クリックで応援、お願いします。











  1. 2012/12/18(火) 23:39:45|
  2. 色々な話し|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://onitobi.blog20.fc2.com/tb.php/1517-a1e72045